大学受験英語の勉強法まとめ

大学受験英語の勉強法を全国の受験生のみなさんへ




サイトトップ >> 無料のネット塾 >> 大学受験の勉強法と対策 >> 大学受験英語の勉強法 >>大学受験英語の勉強法まとめ

英語の勉強法
英語勉強法|大学受験英語の勉強法

合格するための英語勉強法まとめ

東大理三合格講師・東大理二トップ合格講師・東大文一合格講師による
大学受験英語の勉強法と対策の仕方

大学受験英語の勉強法と対策まとめ


英語の勉強法のコンテンツをまとめたページです。大学受験英語の勉強法を網羅しています。的確な英語の勉強法を学び難関大学合格を掴み取ってください。

『コンテンツ目次』

【英語の勉強の順番】

1.最も効率的に実力をつける英語の勉強の順番 ▶

2.基礎固め後に踏むべき勉強の手順 ▶

3.目先の実力しかつかない英語の勉強 ▶

【二次私大英語とセンター英語の勉強の手順】

1.英語の年間計画の考え方の基本 ▶

2.「英文法・英単語・英熟語」と「読解」の勉強のバランス▶

3.英語の勉強の年間計画の目安 ▶

【高校1,2年生の難関大学対策としての英語の勉強法】

1.高校1,2年生の英語の勉強の最優先事項

2.学校のカリキュラムと高校1,2年生の英語の勉強

3.学校の授業やプリントを最大限活かす英語の勉強法

【英単語の効率的な覚え方と勉強のコツ】

1.英単語学習を効率化させるポイント ▶

単語帳は受験標準とされているもの一冊で十分足りる

2. 英単語学習に欠かせない英単語帳・熟語帳の選び方 ▶

(1)単語
(2)熟語
(3)単語帳・熟語帳選びについて東大理三合格講師槇からのアドバイス

3. 英単語の効率的な覚え方 ▶

4つの大きな効果がある英単語の覚え方

4.東大理三合格講師槇が英単語を効率的に覚えた方法 ▶

(1)東大2回/東大理三合格者が実践していた英単語を効率的に覚える方法

(2)東大理三合格講師槇の動画解説

【長文読解の勉強法】

1.英語長文を早く読解できるようにするための方法

2. 英語長文読解の学習の際の視点~東大理三合格講師槇~

3. 英語長文読解で高得点を獲得するための勉強法まとめ

【英文解釈の勉強法】

1.英文解釈の日々の勉強のポイント

2. 英文解釈力を確実につける方法

【英文和訳の勉強法】

英文和訳の勉強とコツ

【英文法問題で確実に得点するための勉強法】

英文法問題の勉強のポイント

【英作文で高得点を獲得するための勉強法】

1.東大理三合格講師槇の英作文対策の実践法

2.英作文のコツとポイントをしっかりと抑える

【要約問題の勉強法】

1.要約問題の勉強のコツ~東大理三合格講師槇~

2. 要約問題で高得点を獲得するための方法

【会話文・口語表現の勉強法】

1.東大理三合格講師槇からの会話文・口語表現の勉強のアドバイス

2. 会話文・口語表現の効率的な勉強法

【リスニングで高得点を取るための勉強法】

1.リスニング力をつけるためのポイントとコツ

2.リスニングおススメ勉強法

3. リスニングの勉強のお勧め教材

4. リスニングの勉強のお勧めサイト

5. NHKラジオの活用

【英語の問題集・参考書を選ぶ際のポイントと注意点】

1.問題集・参考書選びの注意点

2.問題集・参考書選びのポイント

【間違った英語の勉強法】

1.英語の実力が伸びない勉強の例

2. 合格するための英語の勉強方法を学んでください

【確実に高得点を獲得するための鉄壁の勉強法】

1.英語の勉強法や英語の勉強計画を他科目との兼ね合いも含め体系的に学ぶ

2. 大学受験英語攻略のノウハウ、メソッド、エッセンスを網羅的に得る

英語の勉強の順番


大学受験英語の勉強法で最も大事になるなること=効率的かつ確実に受験英語の実力をあげていく英語の各分野の勉強の順番です。

最も効率的に実力をつける英語の勉強の順番


受験英語の実力を効率的につけていくためには、まず「基本文法の習得」(※ここでの基本文法とは「総合英語Forest」等の文法書で扱う基本文法を意味する)「英単語・英熟語の習得」「英文解釈の習得」が必須です。「英単語・英熟語の習得」を並行させつつ、「基本文法の習得」が終わったら長文読解の基礎となる「英文解釈」の勉強を行っていくというのが大学受験英語で高得点を獲得するための基礎固めとして必須であるとともに最も効率的に大学受験英語の実力をつける方法です。 その後志望校の過去問、センター過去問からしっかりと出題される問題形式(英文和訳、要約問題、英作文、リスニング等)に応じた対策をしていくのが確実かつ効率的に大学受験英語で高得点を獲得するための勉強法です。

まず注意していただきたい点として、現在の大学入試が長文読解問題中心だから「文法問題」や「英文解釈」なんて自分の志望校では出ない、もしくは大した配点ではないといって、「基本文法」や「英文解釈」を軽く考えたり、ないがしろにしてしまう方がいますが、これは大きな誤りです。 すべての科目に言えることですが「直接出るか出ないか」という観点のみで効率や実力をつける過程を考えることは真の効率も実力をつける過程も的確なものは何も得られない考え方です。みなさんは真の実力・効率を得る方法をここでしっかりと確認してください。

基礎固め後に踏むべき勉強の手順


志望校の英語問題の過去問の出題形式を把握する


基礎固め以降の英語の勉強の手順としては、しっかりと志望校の過去問の出題形式を把握するということが大事です。私大の場合長文読解だけの出題であったり(ex.慶應SFC等)出題形式の偏りが大きい大学があります。 また国公立大学も含めて英作文でも自由英作文があるのかやリスニングが二次試験で課されるのか、さらにはその難易度はどの程度かによって独立して対策すべきか否かや対策の比重が変わってきます。 ですのでまず志望校の赤本等の傾向と対策の部分だけでも目を通しましょう。以上の部分の重要性は「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】増補実践版からもしっかりと学んでください。

※ここで注意です。
受験英語の実力を効率的につけていくためには、まず「基本文法の習得」「英単語・英熟語の習得」「英文解釈の習得」が必須です」ということをお伝えしましたが、「基本文法の習得」「英単語・英熟語の習得」「英文解釈の習得」すべてが完璧に終わらないと一切他のことを勉強しないということを意味しません。この点については【「英文法・単語・熟語」の習得と「読解」の勉強のバランス・位置づけ】をご覧ください。

以下では多くの受験生が陥ってしまう誤った英語の勉強法について触れます。 大学受験英語の勉強法として非常に重要なことですのでこれをしっかりと読んで多くの受験生に差をつけてください。

目先の実力しかつかない英語の勉強法の順番


結果的に非効率である英語の勉強の手順


現状の大学受験入試問題は長文読解が主です。しかしこのことは多くの英単語を覚えて、手っ取り早く多くの長文問題対策を行えば受験英語で高得点を獲得できるということを意味しません。ここを誤解させられている受験生が多いのでこれを読んでくださっているあなたはこの部分を正確に認識し大学受験英語の実力を効率的かつ確実にあげるための正しい英語の勉強の順番と手順を学んでください。

まず英語力を確実に伸ばすために最も重要な勉強は「基本文法の習得」です(※ここでの基本文法とは総合英語Forest 7th Edition等の文法書で扱う文法を意味する)。英語の基礎力をつける段階では英単語や英熟語よりも優先されるものといっても過言ではないと合格の天使では位置付けています。

この基本文法を軽視している人がどうなるかというと、
■何冊も難しい単語帳をつかって大学入試で出題される文章のすべての単語がわかるように対策しなければならないと思いこむ・対策してしまう
■直接に大学入試問題に出るか出ないかで英語対策・勉強の優先順位を決めてしまう
■何冊もの長文読解問題集をやり込まないといけないと長文を早く読めないと思いこむ・やりこむ
という弊害を生みます。

後述の英単語学習の注意点でも解説していますが、ここで何をお伝えしたいのかを以下に端的に記します。これは「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】増補実践版の重要部分にも関連する事項ですので難関大学絶対合格を期す受験生のみなさんはしっかりと意識に叩きこんでください。

所詮試験に出るすべての英単語を覚えることなど不可能です。 また出題者側もそれを要求していません。つまり前後の文法・構文をしっかり把握することが出題意図で、難しい単語は文脈から推論して解答することが求められていたりします。 これは難しい単語の意味を知っていることを要求しているのではなく、前後の文法や構文をしっかり把握できるかという基礎知識を裏から訊いてきているということです(この点は非常に重要な部分であり著書受験の叡智の核心部分、キーワードに関連しますので「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】増補実践版を熟読してください)。 ですので、英語の実力を効率的かつ確実に伸ばしていく手順として「基本文法」「英文解釈」の習得が非常に重要なのです。

基本文法習得のためのおススメ参考書としては総合英語Forest 7th Edition等基本文法を網羅的に扱っている参考書であれば何でも構いません。単語・熟語、英文解釈のおススメ問題集や参考書については後掲の各項でご紹介しています。

二次私大英語とセンター英語の勉強の手順


大学受験の勉強に費やせる時間というのは有限です。その限られた時間の中で的確な英語の勉強の手順を踏まえた年間計画を立て対策を行い、英語の実力を確実にあげていかなくては合格はありません。 特に国公立受験生は二次試験の英語とセンター英語の勉強をどう両立させていくかが英語の勉強の年間計画を立てる際に重要になります。

大学受験英語対策の年間計画の考え方の基本


二次・私大英語対策とセンター英語対策


志望校のセンター英語の比率が異常に高いという場合等個々人に特別の状況がある場合は別として、大学受験英語の対策・勉強としては二次、私大対策の派生にセンター英語を位置付けることが大切です。この点はセンター試験英語の勉強法と対策の箇所で詳細を述べていますので詳細はそちらをご覧いただくとしてここでは簡潔に理由を示します。

センター英語はすべてマーク式の出題です。これに対して二次試験の問題には和訳、要約、英作文等の多様な形式があるのが一般的です。このことからわかるようにマーク式の問題演習をいくら積み重ねたところで二次試験の多様な問題に対応しうる受験英語の基礎力はついていきません。ですのでまず二次試験の問題に対応しうるように英語の基礎力をつけていくという視点をもつことが大事です。

2次試験にもセンター試験にも対応しうる受験英語の基礎力をつけていくにはそれぞれの問題の性質からどう対処すればいいのかということを分析することが大事であり、かつそこにこそ的確な対策を導ける根拠があるのです。

まずセンター英語対策ありきでは、
■総合的な受験英語の基礎力をつけていくことが出来ない
■二次試験の英語対策が間に合わなくなる
という弊害が生じる可能性が非常に高くなります。

受験期は有限でありごく限られた時間しかないということをしっかりと意識してください。受験英語の基礎力をまずつけること、その後にセンター過去問演習を通じセンター英語の独特の形式に対処していくという手順と方針の元受験英語対策に取り組んでいきましょう。

英語の勉強法のコンテンツでは英語の勉強の順番や各分野を勉強する際のポイントについて触れていますので英語の勉強の年間計画や長期計画を立てる際に要素としてしっかりと考慮して下さい。

なお、以上の点は受験戦略、各自の得点戦略、志望校の問題の性質も考慮して考えてください。この部分は、英語の勉強法や英語の年間計画の他科目との兼ね合いも考慮したサンプルプランも含め「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】増補実践版に詳細に解説してあります。難関大学に絶対に合格するんだ!という方は必読です。

「英文法・英単語・英熟語」と「読解」の勉強のバランス


「英文法・英単語・英熟語の習得」と「読解」の勉強のバランスのとりかた


多くの受験生が大学受験英語の勉強法で必ず突きあたる悩み。それが「英文法・英単語・英熟語の習得」と「読解」の勉強のバランスをどう取っていけばいいのかという点です。この点について東大2回/東大理三合格講師槇からのアドバイスです。

※ここでの文法とは総合英語Forest 7th Edition等の文法書で扱う基本文法を意味します。

英語の勉強のバランスについて東大理三合格講師槇のアドバイス


皆さんがもっとも悩んでおられるのはここだと思います。 英語学習は精読、多読、速読、音読が効果的だということはよく言われます。ただ最初から英語の基礎が無い人がこれをやっても実力は効率的にはついていきません。 英単語・語彙・英文法がまだ未完成な状態、つまり問題文を読んでいて理解出来ない表現や単語に何度も出くわすレベルの時は、単語や文法の学習と、読解の学習でバランスを採って勉強を進めてください。

単語・文法の向上により読解力が上がり、また読解の中でそれらを確認できるという相乗効果もありますから、レベルによっては半分ずつくらいの振り分けでも良いと思います。 単語や文法をマスターしていくにつれ、段階的にその比率を読解の方にシフトさせ、読解重視に近づけます。これによって最終的には単語や文法で引っかかることなく、読解中心に勉強できるようになります。

英語の勉強の年間計画の目安


著書「受験の叡智」から英語の年間計画の目安を抜粋


ここでは「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】増補実践版に掲載してあるフローチャートの一部を文字で抜き出してお伝えします。

【~8月、9月】
「基本文法の習得」「英単語・英熟語の習得」(期間前半比重重く)
「英文解釈・英文和訳」「長文読解」「英作文」(期間後半比重重く)
「リスニング」(継続的に)
※英作文やリスニングは先に説明したように志望校で出題されるか否かで特別対策する必要がない場合もある。

【9,10,11月】
志望校の過去問(期間後半からセンター過去問もあり)

【12月】
センター過去問(志望校の過去問)

【1月~センター試験】
センター過去問

【2月~】
志望校の過去問

※過去問演習に入った後は、志望校の過去問・センター過去問⇔上記各問題集・参考書の『サイクル学習』『基礎標準知識を過去問基準でとらえなおす』『過去問至上主義』(「受験の叡智」から引用 著作権保護・無断使用禁止・要引用明記)を行っていく。詳細は著書「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】増補実践版を熟読して下さい。

大学受験英語の勉強においては的確な勉強の手順を踏めるか否かで実力の伸びが大きく変わってしまいます。この点を十分に理解したうえで英語の勉強をしていってください。

高校1,2年生の大学受験に向けた英語の勉強法と対策


高校1,2年生のうちに的確な英語の勉強法と対策を知り学校の授業や教材を生かすことで難関大学合格に必要な盤石な英語の基礎を完成させることができます。 以下ではその勉強法と対策についてお伝えします。

高校1,2年生の英語勉強の最優先事項


高校1,2年生の難関大学合格するための英語の勉強法と対策については、まず英語の勉強法のコンテンツの実力を盤石にする年間計画「英文法・単語・熟語」の習得と「読解」の英語勉強のバランスをご覧いただければ、高校1,2年生のうちに学校の授業や教科書、学校配布の参考書等を利用して「基本文法の習得」「英単語・英熟語の習得」「英文解釈・英文和訳」をしっかり身につけておけば受験年には相当有利な戦いができることがわかると思います。

また、このサイト内の英語の勉強法のコンテンツと著書「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】をしっかり熟読して受験年のいつまでに何をやらなければならないのかということを観察して下さい。そして必ず英語の実力を効率的につける順番を意識して優先順位をつけて勉強して下さい。こうすれば部活やその他のことをやっていても受験年に十分有利に戦えるだけの英語の基礎力は十分身につけることが出来ます。

このコンテンツと著書「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】をしっかり読んでしっかり生かして勉強して行ってください。そうすれば全国の的確な対策を取れていないほとんどの受験生よりも遥かに効率的かつ確実に受験英語の実力を伸ばしていけます。

学校のカリキュラムと高校1,2年生の英語対策


全国の高等学校さんでは様々なカリキュラムをとられています。都市部の超有名進学校以外の進学校や地方の私立、公立進学校のみなさんや非進学校で難関大学を目指したいという方は他の高校のカリキュラム等が気になる方も多いと思います。またそれで差がついてしまうと考えている方も多いです。

しかし実際はそれはあまり正しくないのが現実です。弊社合格の天使の指導というのは現役生であれば学校の授業や教科書・教材を生かす形で、計画の立案から各自が使用する教材について科目・質問数無制限の質問指導・回答指導指導を行っていますので都市部の超有名進学校・有名進学校・進学校のカリキュラムから地方の公立高校のカリキュラムまでほぼすべてを把握しています。

弊社講師陣の出身高校の構成もそのようなものであるためより的確な分析をおこなえるのですが、進学校さんの中でも明らかにオーバーワークのカリキュラムを組んでいるところもあります。このようなカリキュラムは実力を確実につけていくにはかえってマイナスといえるものもあります。

みなさんがどのような高校に通っていようがそれで受験英語の差がついてしまうということはありません。はっきり言ってしまうと過大なカリキュラムで英語の勉強を詰め込まれるくらいなら課題は何もない高校の方がまだいいと思います。だからこの部分は気にする必要はありません。

学校の授業やプリントを最大限活かす勉強法


高校1,2年生の英語の勉強法でもっとも大事なことは学校の授業や教材、とくにプリントとして配布されるものが「英語力の何の習得を目的としているものなのか」という点の目的意識をはっきりさせてとりくむことです。次々と課題やプリントが出てくる、でもそれが英語のどの部分の力をつける目的のためのものかわからない・・・・。みなさんもこんな経験ないですか?

この部分の目的が明確でないとただ課題やプリントをこなすことだけに追われてしまいます。ほとんど受験英語の実力をつけるには役立たないものになっています。ですのでまず

1.学校で課される課題やプリントが「英語力の何の習得を目的としているものなのか」を考えて取り組む
2.わからなければ先生にしっかりその部分の質問をして目的明確化させて取り組む
ということが非常に重要です。これによって受け身ではなく能動的に勉強に取り組むことが出来るとともに英語の効率的な実力アップにつながります。この部分を明確化させ目的意識をしっかり持って取り組んでいる人はほとんどいません。ですのでこのコンテンツを読んでくださっている皆さんはこの部分で大きな効率と実力を手にしてください。


これが高校1,2年生の英語の勉強法で最も大事なことの一つです。高校1,2年生や保護者の皆様は高1,高2の勉強法のページも併せてご覧ください。この英語の勉強法のコンテンツでお伝えしている意味をよりご理解いただけます。

なお、今から難関大学合格に向けて的確な英語の勉強法や対策を知りたいという高校1,2年生や保護者の皆様は【大学受験英語の実力を確実かつ効率的に伸ばせる人とそうでない人の決定的な違い】 大学受験英語で確実に高得点を取るための鉄壁の勉強法・対策法 ▼をご覧ください。

英単語の効率的な覚え方と勉強のコツ


英語の勉強法と言うと英単語の覚え方,英単語学習というものを真っ先に思い浮かべる受験生も多いと思います。英単語を効率的に覚える勉強法、コツを東大理三合格講師槇の実践方法を含め解説します。

英単語学習を効率化するためには、試験範囲に十分な量を確実に覚えるという観点からも効率という観点からもまずやるべき対象を絞るのが大事になります。

単語帳は受験標準とされているもの一冊で十分足りる


英語を得意にしたい、難関大学合格したいという多くの受験生は、読解問題等で自分の知らない単語や難しい単語ばかりに意識が行きます。 ですので知らない単語が多いから自分は意味内容がわからなかったり解答できないんだと思ってしまいます。 その結果もっと詳しい単語集をやらなきゃだめだとかそういう考えにいたります。 しかしです、ほとんどのどの大学の入試問題も、 難関大学であろうが、ほとんどが中学で習った単語、一般の大学受験の英単語集収録の単語で文章は構成されています。

この事実に気付いていますか? 何が言いたいかというと、先ほども触れましたが意味内容が理解できなかったり、解答ができなかったりする原因はその難しい単語がわからないからではないケースが多々あるということです。 もっと基礎的な単語がしっかり身についていれば文脈から推測して意味内容や解答を導きうる場合が往々にしてあるということです。

これは合格にとって非常に重要なことです。繰り返しになりますが、所詮試験に出るすべての単語を覚えることなど不可能です。 また出題者側もそれを要求していません。つまり前後の構文をしっかり把握することが出題意図で、難しい単語は文脈から推論して解答することが求められていたりします。 これは難しい単語の意味を知っていることを要求しているのではなく、前後の構文や文法をしっかり把握できるかという基礎知識を裏から訊いてきているということです(この点は非常に重要な部分ですので「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】増補実践版を熟読してください) 。ですので、難しい単語帳を何冊もこなすのではなく受験標準とされている単語帳一冊をしっかりとこなすことが重要なのです。

また、基礎的な単語に抜けが無いということは英作文問題が出題される大学・学部の試験問題でも非常に大きな威力を発揮します。難しい単語や文法を使って文章を書くことなど要求されていません。 それよりも受験戦略上重要なことは減点されないということです。 ですのでその意味でも単語の基礎標準部分というのは非常に重要になります。

英単語学習に欠かせない英単語帳・熟語帳の選び方


英単語帳や英熟語帳は何を使ったらいいの?と悩む受験生も多いと思いますが選択の際の大事なポイントさえ理解していれば細かいことを気にする必要はありません。何を使うかよりも使い方のポイントを押さえることのほうが大事です。

(1)英単語学習を効率化させる単語帳の選び方


英単語の勉強法のポイントの箇所で単語帳は受験標準一冊で十分と言いましたが、これには当然「各自の現在の実力に応じて」「志望校の問題に応じて」という前提があることを看過しないでください。以下具体例を提示しますので参考にしてください。

基礎的単語帳

くもんの英単語1500 (スーパーステップ)
※中学レベルの英単語を扱ったものならなんでもいいです。

中学時代から英語をずっとサボってしまったけど本気で難関大学に合格したいという方はこのレベルから入ることをおすすめします。 完全に覚えているものは2回目3回目をやるときにはどんどんチェックして外していってください。 例文まで暗記する必要は在りません。確認用に使ってください。 難関大学志望者で基礎に抜けのある方はとにかくこのレベルはできるだけ早い時期に完璧にしてください。

受験 標準 単語帳

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)
例文暗記型単語帳。DS版も在ります。
癖が少なくシンプルな構成。 他の3冊に比しシンプルな単語の暗記にむいています。
※注:「SECTION3」は難関大学であっても特殊的に難解な単語が必要になる大学以外は必要在りません。 センターレベルであれば「SECTION1」まで、難関校志望でも「SECTION2」までの単語を身につければ十分です。

DUO 3.0
例文暗記型単語帳。CDも付属しており耳からの情報を入れたい人向け。単語・熟語をシンプルな例文に詰め込み、覚えやすいという評判の一冊。
注:センター試験レベルまでなら「DUO select」でよい。

システム英単語 (駿台受験シリーズ)
フレーズ暗記型単語帳。CD付属版も在ります。 単純に単語だけを暗記するという観点からは覚えるのに時間がかかります。 他方で、入試問題に出るかたちで単語を覚えられる、実践向けであるというメリットが在ります。
注:センター試験レベルまでなら2章までやればよいです。

※学校配布のもの、使いこんでいるものがあればここに掲載している以外のものでもそちらを優先させてください。受験標準の 単語帳であれば掲載単語に大差はありません。 あれもこれもと手を出すのではなく、またすべてが載っているものと追い求めるのではなく、まず自分の気に入ったものを決めそれをこなしてください。

(2)熟語帳の選び方


解体英熟語 改訂第2版[ブック型]
単純暗記、理解暗記型単語集。
これにはカード版とブック版があり単純暗記をしたい人も、理解を重視して覚えたい人もいずれにもおすすめです。 前者が単純暗記好きな方、後者が理解重視暗記好きな方におすすめです。 1つの熟語につき穴埋め形式の例文が1つ挙げられており、用法を覚えやすくなっています。

大学JUKEN新書 英熟語ターゲット1000〔4訂版〕
単純暗記型熟語集。 シンプルな構成であり、単純に熟語のみを効率的に覚えたい人むき。 これも同単語編と同じように最終パート部分はやらなくてよいです。

速読英熟語
文章読解型塾語集。 これは単純に熟語を覚えるという目的ではなく、同単語編と同じように読解力、速読力を同時に養う目的で使用する方のみにおすすめです。

※学校配布のものがあればここに掲載している以外のものでもそちらを優先させてください。受験標準のものであれば大差はありません。

(3)単語帳・熟語帳選びについて東大理三合格講師槇からのアドバイス


単語帳や熟語帳を選ぶときは、「自分はどのレベルの語彙を必要としているか」ということともう一つ、「どういう形で身につけたいか」を基準に選びましょう。 例えば、英作文の中で使う単語力をつけるためなのか、それとも文法問題の力をつけるためかによって、適した単語帳は変わってきます。同じレベルであれば、(特に大手出版社であれば)収録している単語に大きな差はないので、構成が目的にあっているものを選びましょう。

英単語の効率的な覚え方


英単語を覚えるには基本的には反復継続が必要です。しかし単に回数を繰り返す、という勉強法では単なる丸暗記をしているにすぎず実践的に英単語を使いこなすことはできません。 しかし、次項で解説する視点をもって英単語学習に取り組むと4つの大きな効果を得られます。

1.覚えやすい

2.忘れにくい

3.知らない単語に出くわした際、単語の意味を推測することに役立つ

4.英文のまま文章を読めるようになる




東大理三合格講師槇が英単語を効率的に覚えた方法


東大理三合格講師槇の実践法


英単語の覚え方について著書「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】増補実践版にも掲載してある英単語の覚え方の一部を特別掲載します。 東大2回/東大理三合格講師槇が実践していた方法を特別にご紹介します。

例えば私達が日本語を学習した時、「出発する」という言葉と「再出発する」という言葉を別別のものとして学習したわけではないはずです。「再」が「もう一度」という意味なので、「もう一度出発する」ことなんだな、と理解できました。

英単語に関しても同じ事で、restart という単語はstart に「再」を表すre が接続したものとして理解されます。これは簡単な例なので当たり前だと思うかもしれませんが、同じような考え方が英単語の学習を楽にします。

Compassion という単語の意味はわかりますか。

正解を言う前に、この単語の成り立ちを考えましょう。
英単語は接頭辞+語根+接尾辞で基本的には成り立っています。
compassion の場合はcom が接頭辞、pass が語根、ion が接尾辞で、これを組み合わせてひとつの単語が作られます。
「com~」という単語はよく見ると思います。
この接頭辞がつくと「共に、一緒に」という意味が加わります。
community で社会共同体、connect(con も同じ意味)で接続する、というように共同で何かをする、というイメージの単語に多く付きます。Communication などもそうですね。
pass は悲哀、苦しみの強い感情を表します。
path と書かれることも多く、patient でそういった苦しみを抱える人、という意味になり、これが「患者」という単語になりました。
ion は名詞を形作る接尾辞です。

以上から、com+pass+ion は「共に苦しむこと」という語源になり「同情」という意味になりました。

このように単語の成り立ちを考えることで意味を推測することは可能ですが、接辞や語根の数は非常に多くあります。 全部覚える必要はありませんし、もっと言えば接辞・語根そのものを覚える必要はないと私は思います。 com が「共に」でion が「~すること」で…などと単独で覚えようとしなくても良いということです。 そうではなく、逆に単語を覚えながら、その成り立ちを考えることで、これらのうち重要・頻出なものが自然に覚えられれば良いのです。

例えばmaintain は「維持する」でretain は「保持する」という意味ですが、日本語訳を見ると「持つ」という漢字が共通していますね。
英単語の方はtain が共通しています。
実際tain は「持つ・保つ」という意味の語根なので、共通する単語から意味を導くことが出来ましたね。

覚えにくい単語に出くわしたらその成り立ちを考えてみてください。辞書やネットで検索すれば語源はすぐに出てくるはずです。 それを続けるうちに、頻出する接辞・語根は自然に覚えられます。 そうすれば、初めて見る単語に出くわしても意味を推測する手がかりになりますし、それ以上に、理解の手助けになるので単語を覚えるのが格段に楽になります。

その際大事になるのが、成り立ちから単語のイメージを掴むことです。
maintain が「手で保つ」という語源ですから、機械などを手であれこれ尽くして保つイメージを考えます。それを日本語で表したものとして「維持」が浮かぶわけです。

日本語と英語は決して一対一で対応しませんから、単語を学習する際はまず英単語をイメージで理解して、そのイメージを表す日本語が訳になるという、イメージを媒介とした覚え方をすることで、入試問題などに対応できる単語力が身に付きます。

日本語訳と英単語を一対一で覚えてしまった方が勿論手っ取り早いですし、スピードが要求される試験では意味がすぐに浮かばないといけないので最終的には暗記が必要になってきます。が、一度このようにイメージを介在させた単語の理解を経験することで、文章を日本語に訳しながら理解するのではなく、 「英語のまま文章を読む」ということが出来るようになります。

このことは入試において問題文の解釈力のアップに繋がりますし、何より大学に入った先、英文を単なる日本語への対応としてではなくイメージとして理解できることはあらゆる場面で有益なものになります。

英単語の覚え方の動画解説


英単語の覚え方のコツについて東大理三合格講師槇によるみなさんへのプレゼント動画です。この動画の中では英単語のの効率的な覚え方や英単語学習全般に関する重要事項を取り上げています。





長文読解を征服するための勉強法


大学受験英語の勉強法の中でも大事になる英語の長文読解の勉強法・対策として、大学入試の長文読解問題を時間内に解ききり高得点を獲得するためには多くの英文をとにかく読む必要があるということが言われたりまします。しかしいきなり英語長文をたくさん読んだところで早く正確に内容を取れるようには決してなりません。

大学入試の英語の長文読解問題を確実に時間内に処理し、かつ高得点を獲得するための勉強法と対策について東大理三合格講師槇の実践法を含めお伝えして行きます。

英語長文を早く読解できるようにするための方法


英語の長文読解対策と勉強法の具体的な話に入る前に、大学受験英語の特徴としてまず、単刀直入に、「自分が読めないものは書けない」「自分が読めないものは聞き取れない」ということが鉄則であるということを常に意識して勉強していってください。読解のレベルをあげれば書けるものも聞き取れるものも増えていく、レベルが上がっていくと言えます。

そして大学入試においては長文読解問題の英文以上のレベルが要求される英作文もリスニングも出題されないということも当たり前ですが大事なことです。ではこの読解のレベル、殊に大学受験英語ではどこの大学でも最重要視されている長文読解について日々の勉強でどう対処していけば効率的に実力をつけていけるかについて事項でポイントを示します。

英語長文読解の学習の際の視点


東大理三合格講師槇の長文読解力をつけるための勉強法

入試問題の長文読解に対応するためには最終的にはそれなりのスピードで英文を読んでいかなくてはなりません。多くの英語を苦手としている方は結局長文を読む時間がない、読み切れない、時間がないために意味が取れずに読んでいってしまうという状態にあります。そこで入試長文に対応するために日々の読解対策として文章を読む際に最も重要なポイントを端的に示します。

『文章を読む際に、日本語訳を頭で考えながら読んでしまうこと』これが時間がかかる大きな原因となります。意識的・無意識的を問わず頭の中で日本語約をいちいち考えながら読んでしまっているという人がほとんどです。まずこの点についてしっかり今の自分の英文の読み方を検証してください。よほど英語が得意という人以外この読み方を多かれ少なかれしてしまっているはずです。

日々の勉強で長文読解の実力を確実にあげるための英文を読む際のコツとして重要なことは、『頭の中で日本語に直して意味を理解するのではなく、英語のまま理解することを目指し、普段長文を読むときに日本語を考えないで読むことを心がける。』ことです。そしてそのために、『英語のままで理解しやすくするためには、単語一つ一つではなく、意味上のまとまりで読むこと』がコツです。これだけではイメージがわきにくいと思いますので、例を示します。

What is important is to keep learning, to enjoy challenge, and to tolerate ambiguity. In the end there are no certain answers.
という文を読むなら、
What is important / is to keep learning / to enjoy challenge / and to tolerate ambiguity. In the end / there are no / certain answers.
と区切ったまとまり毎に意味を解釈します。

What is important、in the endなどのまとまりはそれ以上分解するのでなくそのまま解釈します。文章をこのように区切って、それぞれのまとまり毎の意味を考えるようにして下さい。 これを積み重ねていけば、より大きなまとまりで考えられるようになり、それにより読むスピードは向上するはずです。まずは、いきなり難しい長文を読むのではなく自分のレベルに応じた英文を読むことを心掛けその際にも、それぞれのまとまりで区切ってこれを実践していってください。 これを地道にこなしていくことで最終的には入試問題レベルの長文もしっかりと時間内に必要なだけ読み取れるようになります。

まず、この理論をしっかり理解してください。イメージをしっかり持ってください。そして必ず毎日の勉強で実践していってください。

最終的にある程度の速さで英文を読んでしっかりと意味を取れることが目標です。しかし、英語という科目は一朝一夕に実力がつきません。 確実に段階を踏む必要があります。これを飛ばしてしまう受験生が多いためいくら勉強しても思うように実力が伸びないという弊害が生じやすいのも英語学習の特徴です。 実力にあった適度な難易度の英文にまずなれることが速読力をつけるコツです。いきなり力もないのに長文を読み込むのは時間を浪費し実力がつかない可能性が高いです。 まずは短いもの(1文~段落ごと)を精読して意味が取れるように訓練を繰り返し、徐々に長い文章を読めるようにし、最終的には長文を速読できるまでにしましょう。

以上のように、英語の長文読解、長文問題に対処できる実力を確実につけていくための勉強法としては先に述べた「基本文法・英単語・英熟語の習得」と一文一文の英文を読む力=「英文解釈」の勉強をしっかりと行っていくことが重要なのです。

英語長文読解で高得点を獲得するための勉強法まとめ


英語の長文読解の勉強法、対策というと一般的には多くの長文を読む、問題集を何冊かやるべきといった勉強法がほとんどだと思います。しかし合格の天使ではそのような多くの長文を読みこむ勉強法を推奨していません。

その理由はその方法は時間だけがかかり本当に得るべきものが明確になっていないから提唱される勉強法であり、本当に得るべきものがえられない勉強法だからです。

このコンテンツで説明しているように「基本文法」「英単語・英熟語」「英文解釈・英文和訳」の勉強をしっかりと行い、あとは入試問題の長文読解に対処するポイントが明確にわかれば多くの長文を闇雲に読みこむ必要などありません。

この観点から長文読解については「最終的には志望校の形式にあった過去問で対策をするのがベスト」なので「問題集や参考書を何周もする必要はない」し教材としても現役生であるならば「教科書や学校の教材で十分」であるし、既卒生でも「自分のレベルにあった(難しすぎず簡単すぎない)問題集一冊で十分(ex「英語長文問題精講 新装版」 「速読のプラチカ―英語長文 (河合塾SERIES―入試精選問題集 3) 改訂版」  「やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)」.等なんでも構いません)」であり「志望校のレベルによってはそのまま過去問演習・過去問分析に入って構わない」のです。(以上著書「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】増補実践版から一部抜粋。)

ここでの大事なポイント、注意していただきたいポイントは「英文解釈・英文和訳」の場合と「長文読解の問題」の場合では英文の読み方が異なる点があるということです。これが長文読解に的確に対処するポイントです。この点の詳細は著書「受 験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】増補実践版でしっかりと学んでください。

英文解釈を征服するための勉強法


英文解釈の勉強は英語の長文問題、長文読解対策のすべての基礎として非常に重要なものであることは「英語長文読解対策と勉強法と対策」の項で述べた通りです。ここでは日々の「英文解釈」の勉強としてどのようなポイントに着目して勉強して行けばいいのかについての勉強法と対策の仕方を取り上げます。

英文解釈の日々の勉強と対策のポイント


英文解釈の勉強に日々どう取り組むかについてここでは具体例を挙げてお伝えします。 以下は、科目・質問数・質問事項無制限で説明指導・回答指導・添削指導を行っている弊社受講生からのご質問に対し東大理三合格講師槇「英文解釈」を独学で行う際のポイントをしめしたものです。問題・質問部分は掲載していませんが回答部分から問題を推測し自分が英文解釈の問題集や参考書に取り組む際の勉強法のチェックポイントの参考にしてください。

==============================

注意すべきことは、単に解答と違っている点を直すのではないということです。 第1文、「あなたは」に( )が付いていますが、どうしてyouをそのまま「あなた」としてはダメなのでしょうか? また、「知恵を理解」するというのは違っていて、「知恵によって理解」するとすべきです。その違いと、英文のどの部分の解釈の違いなのかを説明できますか?

また第2文、「話すが」を「話題にするが」と直していますが、これは本当に「話すが」としたらダメですか?これらは全く違うものでしょうか? 「特性がある」「特性である」というのは大きな違いですか?それとも些細な差ですか?

第3文、「みんなが」は「誰もが」としないとダメですか?「知恵なしでうまれて」としたら間違いになりますか?「そして私たちが」は削らないといけないものですか?「賛成する」は「認めている」と直さないとダメですか?

以上の質問にすべて答えられるようにしてください。 まだ、解答を機械的に写して終わっている印象です。そうではなく、自分の表現でも正しいのかどうか、違うとすればそれはなぜで、英文のどの部分の解釈が違っているのか、ということを考えながら進めるようにしてください。 この問題1問とっても、上のように考えるべきことはたくさんあります。次のskypeのときに時間があったら説明してもらおうと思いますので、考えてみてください。

以上がたった一問に対するたった一つの指導ですが、たった一問でもこのように多くのことを学べるはずです。またここまできっちりと考えて英文解釈の勉強に取り組むこと、これが合格するための英文解釈の勉強法です。みなさんもそれなりに勉強するのではなくきっちりと論理を詰めてみてください。

多くの問題集の問題を解くことが実力をつける勉強法では決してないのです。多くの問題集や参考書をこなせば実力が伸びると思っている方はこの点を特に意識して下さい。あなたの勉強法は間違っていませんか。

英文解釈力を確実につける勉強


英文解釈力を確実につけるための勉強法と対策としては上記のようにしっかりと根拠を持って解釈して行くことと、英文解釈の勉強の際、「訳せることよりも文章の構造をしっかりと掴むことに重点をおく」こと(「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】のキーワード)です。

この目的意識を明確に持って「入門英文解釈の技術70 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)」 「英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)」 をはじめとする英文解釈の問題集1冊をやり込んでください。問題集はレベルに応じたものであり定評があるものであればこだわる必要はありません。何を使うかで差はつきません。「何を得るか」が大事です。ですのでここで説明した目的意識を明確に持って取り組んでください。

英文和訳の勉強法


英文和訳はそれなりの訳し方や勉強を繰り返しても的確に英語の実力は伸びていきません。なんとなく出来ているという錯覚を捨て英文和訳の的確な勉強法と対策を学んでください。

英文和訳の勉強とコツ


英文和訳の勉強をしても思ったように訳せない、点数が伸びない、点数が取れないという悩みを抱えている多くの受験生の皆さんのために、叡学舎・叡学会(株)合格の天使の東大文一合格講師沼尾の英文和訳のコツと採点基準についての動画をアップします。 自分に何が足りていないのか、日々の英文和訳の勉強への取り組み方や勉強法を見直してみてください。問題編と解説編2本の動画を掲載します。合格するための英語勉強法を学び第一志望校合格へ向かってください!

問題編





解説編





この無料動画の比ではなく、 1、英文和訳 2、要約 3、段落把握 4、説明問題/長文読解 5、和文英訳 6、自由英作 7、文法問題(文法) 8、リスニング について、東大文一合格講師沼尾が、英文和訳をはじめとする英語勉強法や受験英語のポイントとコツを網羅的に解説講義した『ミニ・マックス(Mini・Maxメソッド)』完全攻略徹底レクチャー「英語」につきましては、こちらから詳細をご覧ください。

英文法問題で確実に得点するための勉強法


大学入試の英文法問題を苦手とする人は結構います。これは日々の英文法の問題集や参考書、さらには過去問集で勉強する際、何に着目して勉強していけばいいのかを明確に意識できていないためです。ここでは英文法問題への日々の勉強と対策についてお伝えします。

英文法問題の勉強のポイント


大学受験の文法・語彙問題で出題されるものは度々出題される典型問題が多いという特徴があります。これはセンター試験でも志望校の問題でも同じことが言えます。これは、受験生が間違えやすいところを狙って出題側が問題を作っているためです。他動詞と自動詞、関係代名詞の使い方、品詞の分類など、過去問や問題集を通して典型問題を知っておけば、出題者がどの部分を試そうとしているかがわかるようになります。

この点の意識を持って問題集(Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服 全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ) 等何か一冊)・過去問集に取り組むことが重要です。

英文法対策をしているのに多くの受験生が英文法問題で失点する、得意になれないのは、英文法の問題集や過去問に取り組む際上述した目的意識が明確になっていないからです。どこに着目し何を得ていくかということは英文法問題に限らず英語の勉強では非常に重要です。この点を明確にして日々の英文法問題の対策に取り組んでください。 この点の詳細は「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】も併せてご覧ください。

英作文で高得点を獲得するための勉強法と対策


英作文の勉強法として多くの参考書やレベルの高い参考書の例文を暗記しろ等様々なものがありますが、そのような勉強法を実践しても実際の大学入試の英作文ではほとんどの受験生が得点をもらえていないという現実があります。

英作文では多くの勉強や対策を行わなくても得点を確実に獲得できるポイントがあります。的確な英作文の勉強法と対策を知り効率的に高得点を獲得してください。

東大理三合格講師槇の英作文対策の実践法


英作文の問題には、大きく分けて「自由英作文」と「和文英訳」の2種類があります。 このうちどちらが得意かは分かれるところだとは思いますが、得意な人と苦手な人の差が大きいのは「自由英作文」でしょう。 自由英作文は、与えられた課題やテーマをもとに英語で説明・紹介をするという問題です。

英作文が苦手な人の取り組み方

自由英作文を苦手とする人の取り組み方を見てみると、まず書くことを日本語で考えてから、それを英語に直そうとして、訳が出来ずに詰まってしまうという人が多いようです。

たとえば「あなたの今までの人生で一番嬉しかったことを~語以内で説明しなさい」という問題が出たとします。 すると苦手な人は、自分の半生を律儀に思い返して、嬉しかったエピソードを書きだそうとしてしまいますが、実はこれが泥沼にはまってしまう原因です。 なぜなら、実際の出来事というのは複雑な事情がからみ合っていることが多く、その背景をどこまで説明すればよいか考えなければなりません、英語でどう表現するのかわからない物・事が関係するかもしれません。

よく言われることですが、自由英作文にしても和文英訳にしても、英作文でまず大事な事は、 「自分の知っている表現しか使わない」ことです。 きれいな訳をつくろうとして、無理して難解で見たことのない表現を使おうとすれば、減点される可能性が高くなります。 ぴったりな表現が浮かばないときは、多少稚拙な文になったりニュアンスが違ってしまっても、見知った表現だけを使った英文のほうが点数は高くなります。

このことを考えれば、課題の内容そのものを真剣に考えてしまうのは、時間もかかりますし、きちんと表現できるかもわかりませんから、得点には結びつきにくいです。

英作文が得意な人の取り組み方

自由英作文が得意な人は、上の問題にどう取り組むのでしょうか。

得意な人はまず自分が表現しやすい出来事を考えます。現実に起こったかどうかは関係有りません。 面接ではないのですから、本当のことをいう必要はありませんし、個性を発揮する必要もありません。 悪い言い方をすれば「でっちあげ」になりますが、この「英語で表現することを前提に解答の内容を考える」ことが自由英作文では大切なポイントになります。

例えば「今通っている高校の入試に受かったこと」などは表現しやすそうです。これに補足などを加えて字数を稼ぐにしても、表現しやすかどうかによって内容を考えます。 「受かるために一生懸命勉強した」「友達がそこに行きたいと言っていたから自分も行きたいと思った」などは英語に直いのでこれを加えます。

「合格発表の日はお祝い会をした」は、普通は「合格発表」の英訳などわかりませんから「自分が試験に受かったと知った日」と言い換えて十分表せます。「お祝い会をした」も、「友人と互いに祝いあった」とすれば表せます。 (ちなみに合格発表:examination result announcement お祝い会を開く:hold a celebration)このように表現しにくい内容を表現しやすいよう言い換えることも大事です。

以上のようにして、自由英作文ではまず日本語の内容を考えて英語に直すのではなく、英語で表したものを考えてから内容を作ることを心がけましょう。

英作文のコツとポイントをしっかりと抑える


以上述べてきた英作文のコツとポイントをしっかりと実践することが出来れば英作文で高得点を獲得するために多くの難しい表現を覚えたり、特殊な表現を覚えたりする必要はないことがわかると思います。

これによってあなたは無駄な英作文対策を知る必要がなくなり多くの英語の勉強時間を節約できます。そして何より本番の英作文問題できっちりと得点が出来るようになります。

英作文のベースとなる例文集(英作文基本300選―英語的発想の日本語をヒントにして覚える (駿台受験シリーズ)等)や問題集(基礎英作文問題精講 等)を1冊学習したらあとは上記ポイントとコツを過去問演習で実践できるように訓練すれば英作文問題で十分な得点が獲得できるようになるのです。

英語の要約問題のところでも触れましたが高得点を獲得するには以上の点に意識をおいて英作文の勉強に取り組むことがまず第一に重要です。そしてもう一点非常に大事になってくるのが客観的にしっかりと評価を受けるということです。

できるだけ自身の客観的受験結果が伴っている人に添削指導を受けてください。しっかりとポイントを押さえていてきっちりとした受験結果を出している人に頼めれば得られるもの、勉強にかけなければならない時間や労力=勉強効率には雲泥の差が出ます。

以上は著書「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】からの一部抜粋です。

要約問題の勉強法


大学受験英語の要約問題として出題されるものにはパターンがあります。的確なポイントを掴み効率的に英語の要約問題で高得点を獲得するための勉強法と対策を学んでください。

要約問題の勉強のコツ~東大理三合格講師槇~


英語の要約問題は、現代文的な読解力も要求され、文章力も必要なために、得点しにくく苦手意識を持つ受験生も多います。 要約問題を解く上では、題材の文章の意味を理解する英文解釈の能力と、それを短くまとめる力が必要であり、身につけるのが難しいとされるのは後者でしょう。

この「要約力」を身につけるためには、日本語の文章の要約により練習するという手もありますが、次のことを知っていると解答を書くのに助けとなります。 すなわち、要約にはパターンがある、ということです。 これはどういうことかと言うと、要約問題の題材になるような文章は、ある程度論理的な構造になっているため、論旨の流れを把握することが出来れば、どの部分を入れてどの部分を捨てるべきかの指針になるということです。

元の文章の論理構成は、例示が入ったり命題が複数入ったりして、それをパターンに入れて考えるのは難しいのですが、それを要約したものについては、いくつかのパターンに当てはめて考えることができます。 まず英文を読んで理解できたら、「これはどのパターンで要約を書けばいいかな」ということを考えてみてください。

要約問題の過去問や問題集を見るときは、解答の要約文の論理構成に注目してみてください文章の内容はそれぞれ異なっていても、論理の流れは似ているものを見つけられるはずです。その流れを頭に入れておいて、新しい問題に取り 組むとき、「あの問題と同じ構成で要約が書けそうだ」と、適したものを探すようにすれば、ゼロから解答を作るよりも手早くすっきりした要約が作れます。

以下に主な論理構造のパターンをまとめてみました。 それぞれに、その理由の説明が字数次第で加わると考えてください。(例えば「AはBである」というパターンなら、字数が足りなければ、その理由説明が加わり、「AはBである。なぜなら~だからである。」となります。) また、長い要約文では、いくつかのパターンを順接もしくは逆接でつなぎあわせ、「AはBである。しかしAはCである。」のように組み合わせたものもあります。

・「AはBである」
最も単純なパターンです。大抵は理由説明を伴います。 要約がこのパターンとなる英文は、結論は冒頭もしくは最後で述べられ、残りがその理由説明になっていることが多いです。 また、「AはBでなくCである」と、否定が入るときもあります。

・「AにはX,Y,Z…がある。Xは~で、Yは~で、Zは~である。」「Aには~種類ある。XとYとZ…である。」
主題に対して、複数の種類や異なった観点があるパターンです。 それぞれの要素は全て対等に説明される場合と、ある要素だけ取り出して説明する場合があります。 また、その説明の後で、「一番~なのはXである。」「Xのほうが~である。」という比較が続くパターンや、 「どれも~である。」と全てまとめるパターンがあります。

・「AはBとされている。しかし実はCではないだろうか。」 「今までAはBとされてきた。しかしCとされるようになった。」
現在一般に考えられていることに対し、新しい考えを提案するパターン、もしくは過去に考えられていたことに対しそれが変わったことを説明するパターンです。 元の文章では冒頭で、一般的な考えや過去の考えが述べられ、そこから新しい考えを展開していく構造が多いです。

・「AにはBが必要(不可欠)である。」「AのためにはBしなければならない。」「BをすればAができる」
 主題とその条件を提示しているパターンです。「BにはCが必要だ」とさらに条件が続くパターンや、「しかし実際には~だ」と逆接が続くときもあります。

・「AはBであるべきだ。」
筆者の考えが述べられ、殆どの場合その理由説明が続きます。 このように筆者が何かを主張するときは、筆者が強調したいことは繰り返し述べられるため、比較的主題をつかみやすいです。

いずれのパターンにしても大事な事は、論理的に筋道立てて要約文を作ることであり、なんとなく大事そうな部分をただ詰め込むだけでは点数に繋がりません。 解答を作るときは、まずどういった構造で要約文を書くかを決めてから、必要な部分を選んでください。

要約問題で高得点を獲得するための方法


英語の要約問題で高得点を獲得するには、まず上述した英語の基礎学力をつけ以上の点に意識をおいて要約問題の勉強に取り組むことがまず第一に重要にです。英語の基礎力の勉強をきちんと行っていれば教材は志望校の過去問で構いません。そしてもう一点非常に大事になってくるのが客観的にしっかりと評価を受けるということです。

しっかりとポイントを押さえていてきっちりとした受験結果を出している人に頼めれば得られるもの、勉強にかけなければならない時間や労力=勉強効率には雲泥の差が出ます。 できるだけ自身の客観的受験結果が伴っている人に添削指導を受けてください。例えばですが、ここに書いてある理論や「受験の叡智」に書いていある理論は誰でもが拝借して行けばその本質やポイントが明確にわかっていなくても同じことが語れてしまうのです。 でも、本当のノウハウやポイントはそんなに浅くはありません。だから自称ではなく客観的受験結果が伴っている人に添削指導を受けてください。

会話文・口語表現の勉強法


難関大学の英語の入試問題には会話文や口語表現での出題があったりします。しかしだからといって特別な勉強や対策が必要になるわけではありません。的確な対策を取って無駄な勉強や対策をすることなく労力を最小限に抑えていってください。

東大理三合格講師槇からの会話文・口語表現の勉強のアドバイス


難関校の長い会話文では、登場人物の心情や物語の筋など、国語の読解に共通する力も必要になります。 逆に、知らない口語表現に出くわしても、話の流れから推測できることが多く、出題側もそれを意図しています。 会話特有の表現は無数にありますから、それらを覚えようとするのではなく、過去問演習と分析でどうやって推測できるかを中心に意識して学習しましょう。

会話文・口語表現の効率的な勉強法


会話文や口語表現が出題されるからといって何でもかんでも会話文や口語表現対策の問題集や参考書を使うのではなくて、まずは今まで記してきた通常の読解対策を行い、その上で先ほど説明した視点を持って志望校の過去問集の読解を行ってみてください。 その上でどうしても特殊的に苦手だという場合にのみ会話文や口語表現の問題集・参考書(ex.「英会話問題のトレーニング」 等)を利用を考えましょう。

リスニングで高得点取るための勉強法


大学受験のリスニングの勉強として的確な対策がわからないという方も多いと思います。また、英語の文法問題、文章問題がよく出来る人でも、「リスニングだけは苦手!」という人は多いようです。

ここでは主に二次試験・私大対策としてのリスニングの勉強法について東大理三合格講師槇が実際に受験生時代に取っていた対策についてお伝えして行きます。リスニング対策に迷っている方は是非参考にしてください。

リスニング力をつけるためのポイントとコツ~東大理三合格講師 槇~


英語の文法問題、文章問題がよく出来る人でも、「リスニングだけは苦手!」という人は多いようです。 リスニング問題の設問自体は、読まれた文章さえしっかり聴き取れれば解けるくらいの難易度がほとんどです。 ですから、問題を解くことよりも文章を聴き取ることが大事です。 なので、問題数をこなすよりも、試験に必要なレベルの文章を確実に聞き取れるようにする練習が必要です。

リスニングの上達方法として、よく言われるのが「耳を鍛える」ということで、英語をたくさん聞いて耳を慣らすということがしきりに強調されます。 確かに、ネイティブスピーカーとの違いは日頃から英語に触れているかということですから、英語圏の子供が生活の中で自然に英語を学ぶように、たくさん英語に触れればよいというのは正しいと思います。 しかし、幼い子供がテレビのニュースの文章を理解できないように、理解出来ない文章をどれだけ聞いても耳を慣らすことはできません。 ですから、理解できるレベルの文章から始めて、だんだんレベルを上げていくことが大切です。 (東大の過去問を持っている人は2007年度の英語の大問第2問(A)を見てみましょう。英語教師と生徒との会話ですが、ちょうどこのことを教師がアドバイスしています。試験問題の中で勉強のアドバイスをされた受験生の心境を考えると、東大もなかなかお茶目なことをしますね。)

読まれた英文を聞き取れている(理解できている)状態とは、聞いた英文をそのまま書くこと(ディクテーション)ができる状態のことだと思ってください。 設問が解ければそれで理解できたと思ってしまう人がいますが、設問で聞かれているのはあくまで文章のほんの一部、それも比較的聞き取りやすい部分であることがほとんどです。 設問が解けても、文章の大意しかわからない状態では、少し引っ掛けのある問題や、より難しい問題に出くわすと途端に解けなくなってしまいます。文章を聞きながら英文が頭の中に浮かぶ状態をもって、「この文章は理解したな」と考えてください。

より具体的な上達方法を紹介します。まず大事な事は、リスニングは継続して学習するということです。1日に文章1つでもいいですから、なるべく毎日英文を聞いてください。数日おきにまとめて大量に文章を聞いても意味がありません。 まずは教科書レベルの簡単な文章から始めましょう。学校で使うCD付きの教材があれば、試しに聞いてみてください。 あまり集中しなくても文章の意味が理解できるようになったら、より難しい文章にトライしてください。

では聞いている文章を理解できるようになるにはどうすればよいでしょうか。 これにはシャドーイングという有名な方法があります。知っている人も多いでしょうが、流れを説明します。 まず一度、英文を見ず普通に文章を聞きます。次に、同じ英文を聞きながら、聞いた文章をそのまま、オウム返しに自分で話します。文章が読まれたすぐ後に同じ文章を話して(影のように)ついていくので、シャドーイングと呼ばれます。 基本的に流れた音声は途中で止めず、最後まで通すべきだとされていますが、文章の理解があやふやな段階では、文の区切りなどで少し止めてから話しても良いと自分は思います。 これを何度か繰り返し、通しでついていけるようになったら、読まれた英文(スクリプト)を見ながら文章を聞きましょう。 これにより、最初聞いた時と比べて、何を言っているかがわかるようになっているはずです。 英文を読んでも内容が理解出来ないときは、文法や単語の力が足りていないということなので、そこから先に進むかわりに、文法や英文解釈の方に重点をおいてください。

リスニングのおススメ勉強法


東大理三合格講師槇が実践していたおすすめリスニング勉強法

細かいことですが、リスニング音声を聞くときはなるべくイヤホンでなく、スピーカーなどで音源を離して聞くことをお勧めします。理由は、イヤホンで聞くのと、試験会場のスピーカーから聞くのとは環境が違うからです。 試験会場では、教室によって音質が異なりますし、自分や他の受験生の立てる物音が入り込みます。イヤホンでのダイレクトな音声に慣れ過ぎると、こうした環境に対応できなくなる恐れがあります。 自分の場合は、スピーカーを机の上の棚においたり、音を小さくしたりして、生活の中で英語を聞く環境に近づけようとしていました。 ただし、シャドーイングをするときは、話しながら文章を聞くので、イヤホンでないと難しいかもしれません。

リスニングの勉強お勧め教材


ポッドキャスト


ポッドキャストとは、ネットで配信される音声や動画ファイルで、パソコンで視聴できる他、ipodなどの音声プレーヤーに入れて携帯することもできます。 中には、英語学習用の教材や英語のニュースなどを無料で配信しているものもあり、定期的に新しい英語素材を手に入れることができるので、有効利用すれば非常に効果があります。 英語のポッドキャストはたくさんありますが、TOEICなどに向けた英会話学習用がほとんどです。ここでは入試でのリスニング学習に適したものを集めました。

「English as a Second Language」 「第二言語としての英語」の名の通り、英語を外国語として学習する人向けの英語教材。 英語の例文と、英語によるその解説を収録した20分前後の教材が、およそ3日に一度配信される。また週に1度、30分ほどのコラムが配信される。 例文の速さ・レベルともに、入試向けにとても適している。また英語によるその解説は非常にゆっくりと丁寧。 基礎レベルの養成に最適。 東大理三合格講師槇はこの教材を使っていました。

ちょうど良いペースで配信されるので、継続して聞き続ければ確実に力がつき、電車内などで気軽に聞いても理解できるようになります。

リスニングの勉強お勧めサイト


東大理三合格講師槇のリスニング対策のおすすめサイト


私もまだ英語は勉強中で,ネットを駆使してなんとか勉強できないかといろいろ模索しています。今日は受験生の学習にも役立つサイトをひとつ見つけたので紹介いたします。

NHK - ABCニュースシャワー http://www.nhk.or.jp/worldwave/abc/ アメリカのニュース番組の中から毎日ひとつのトピックを選んで,字幕付きでニュースの動画を見ることができます。 英語字幕・日本語字幕・字幕なしと順番に繰り返されるのでリスニングの練習になりますし,対訳や解説のテキストも閲覧できるので文法や語彙の学習にも役立ちます。 毎日一つ,5分ほどの動画がアップされるだけなので継続しやすいです。 朝起きた時や寝る前,もしくはパソコンを起動したついでに眺めてみてはいかがでしょうか。

英語リスニング対策・NHKラジオの活用


大学受験英語のリスニング対策としておすすめのラジオ~東大理三合格講師槇~


私は今、NHKラジオの語学講座に結構はまっていて、第二外国語として学んでいる中国語の講座と英語の講座(ラジオ英会話と英語リスニング)を聴いています。 普通のラジオ以外にも、「らじる★らじる」というネットラジオで聞くこともできます。朝が早くて時間が合わないのなら、番組ホームページに行けば前の週の放送を聴くこともできます。 テキストも1ヶ月分で400円足らずという安さなので、お手軽に良質な教材が手に入るこのNHKラジオについて受験生が役立てるものはないかと考えた所、英語リスニングが一番良いと思いました。 正式な講座名は「攻略!英語リスニング」です。

下がホームページです。 http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/kouryaku/index.html

この講座は1回15分の放送を土日のみ行い、1つの文章を土曜日と日曜日で扱っているので2回計30分の放送で1レッスンの構成になっています。 土曜日の放送ではまず1回目の読み上げでメモを取って、2回目の放送の後難しい語句の解説、そして質問が読まれた後3回目の文章が読まれます。 日曜日の放送では、音声変化、着目して聞く練習をした後、シャドウイング(文章が読まれたすぐ後に自分で朗読して追いかけること)、英文暗唱の練習をします。 読まれる英文は3~5分の長さで、速さは大学のリスニング問題とほぼ同じ程度ですが、単語や固有名詞のレベルは少し難しいです。むしろそれが狙いで、毎回レッスンの前にその回のテーマについて自分で調べたことを書いておくことが推奨されています。

この講座が受験生に向いていると思うポイントは、まず攻略の手順が受験におけるリスニング対策の手順と同じであること、すなわちメモを取る→問題を解く→スクリプトを見る→シャドウイング→もう一度聴くという順番になっていることです。 このことで、メモの取り方なども含めた総合的なリスニング対策が出来ると思います。 講師の方がメモのとり方や聞き取り方のアドバイスもしてくれるので、大変良質な教材になっています。 次のポイントとして、継続的に新しい文章に触れられることです。リスニング対策でも過去問メインの演習には変わりありませんが、過去問を何周もしていると新しく英文を聴くということができなくなります。 この講座であれば、土日の15分のみという短時間でありながら常に新しい適度なレベルの英文を仕入れることができます。

受験生の皆さんには予習をしている時間は惜しいでしょうから、予習はしなくても大丈夫です。 逆に予備知識が無い立場を利用して、未知の文章を聴いた時の注意の向け方、メモのとり方を学んで行きましょう。 週末のわずかな時間を利用してリスニングへの総合力を鍛えられる、受験生にとっても有益な講座だと思います。当ブログでリスニング 教材はいくつか紹介してきましたが、選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

英語の問題集・参考書を選ぶ際のポイントと注意点


英語の問題集や参考書は何を使ったらいいのか迷う受験生も多いです。しかし、英語ばかりでなく、各教科の合格するための勉強で大事なことは問題集や参考書は何を使うかではなく何を得るかです。この点を明確にした上で以下をご覧ください。

問題集・参考書を選ぶ際の注意点


英語の問題集や参考書、単語帳・熟語帳について英語の勉強法と対策の各項でも述べてきましたが、現役生・浪人生問わず学校で使用した教材があるならばそちらを優先させてください。 英語の勉強法を問わず各教科の合格するための勉強法で大事なことは問題集や参考書は何を使うかではないということは再度確認しておきます。

受験生のなかには英単語帳や問題集、参考書についてあれやこれやと悩んだり、少しやっては他の問題集や参考書の方がよいのではないか、そういっている人がいるといった理由で様々な問題集や参考書に手を出してしまう方がいます。

しかし、そのこと自体が最も多くの時間を浪費しかつ実力がつかない元凶です。以下の問題集・参考書選びのポイントさえきっちりと押さえていれば使うものによって得られるものは変わりませんし、何を使うかで差はつきません。ですのでその点は安心してくださいね。

問題集・参考書を選ぶ際のポイント


英語の問題集や参考書選びで重要なポイントとなるのは以下の3点です。

1.最終的にマスターすべき問題集や参考書をいきなり始めるのではなく自分の実力・レベルにあったものからマスターする

2.1を満たしていること、定評がある問題集・参考書であることという条件を満たしていれば後はこだわる必要はなくレイアウトや構成で自分が気に入ったものを選べばよい

3.「何を使うか」ではなく「何を得るか」に意識をおいて問題集・参考書を使う

この点に注意して英語の勉強に励んでいってください。特に問題がなければ現在使っているもの、すでに使ってきたものを使うことをお勧めします。

※問題集・参考書、過去問集を購入する場合には実際に見て購入することが好ましいですが、大きな書店が遠いとか、時間がないという受験生の方は以下を参考にしてみてください。ここに掲載するものは信用できるところのみです。

■Amazon(トップページ)  ■セブンネット(学習参考書ページ)  ■ hont(本ページ)  ■楽天ブックス(学参ページ)  ■e-hon(本ページ)  ■紀伊国屋web store(トップページ)  ■ブックサービス(トップページ)  ■丸善&ジュンク堂 ネットストア(学参ページ)

間違った英語の勉強法


大学受験の英語の勉強法、対策として間違った方法を取ってしまうといくら勉強しても、いくら対策しても合格点はとれません。間違った勉強法や対策をとることなく合格へ向かってください。

英語の実力が伸びない勉強の具体例


英語の勉強をしているのに英語の実力がつかないと悩んでいる受験生の方も多いと思います。でもそれにはちゃんとした原因があります。

★数多くの文章を読めば英語が出来るようになる・・・???
★マーク式は慣れだから多くの問題を解けば得点を取れるようになる・・・???
★とにかく単語を覚えてセンター試験等のマーク式の問題(これを英語の基礎だと勘違いしている)を多く解けば英語が出来るようになる・・・???

これらの勉強法を信じて闇雲に勉強しているのだとしたら年末や試験期になって英語の実力が全くついていないことに焦るでしょう。 記述式の問題や少し骨のある文章には太刀打ちできないことは間違いありません。 これらは典型的な誤った英語の勉強法です。

この方法でも確かに目先の成績は上がるでしょう。 この勉強のやり方でもマーク式の問題なら8割、たまに9割取れたりすることもあるでしょう。 でもだからこそ勘違いさせられやすい、誤解させられやすい、ミスリードされやすいのです。 ここには注意が必要です。

合格するための英語の勉強方法を学んでください


■マーク式の問題で得点が取れることと合格するための英語の基礎力・実力がついていることはイコールではありません。
■英語には慣れという要素も必要ですが、だからと言って多くの文章を読めば合格するための英語の実力がつくのではありません。
■単語をとにかく覚えてマーク式の問題を解けるようになれば合格するための英語の実力が上がるわけではありません。(この部分は勘違いさせられないように要注意です)

受験生としても指導側としても目先の成績が上がれば都合がいいですよね。だからこそ注意が必要なのです。 マーク式の問題であるならば、間違った方法でも一時的にもしくは、たまたま高得点を取れてしまうことはあるのです。

しかし、皆さんにとって必要なことは、センター試験等のマーク式の問題でも、2次、私大試験でも確実に合格点を取ることです。 それが合格するための英語の勉強法です。

『各科目の科目特性を的確に捉えた上での本質的な理解を前提とした確実かつ効率的に得点を獲得するための勉強法やプロセスについて、それが本当に的を射た的確な優れたものであるならば、それを教える人間、語る人間に、自身の受験生時代の現実の受験結果として圧倒的結果が伴っているはずである』 みなさんはこの真理だけは絶対に理解しておいてください。そうすればおかしなものに惑わされることはなくなります。 この英語の勉強法と対策のコンテンツをしっかり読んで的確なものを得て合格へ向かってください!

労力を最小限に抑え英語の実力を最大限につける大学受験英語の勉強法

正攻法で英語の実力をつける勉強法


英語の勉強法と対策の各コンテンツでお伝えしてきた英語の勉強法についてしっかり読んでくださった方はあることに気づいているはずです。 「一般に言われている大学受験英語の勉強法と異なり大学受験英語の勉強法では大きく時間も労力も節約できる部分がある」のです。 それが具体的に何かというと、「基本文法の習得」「英単語・英熟語の習得」「英文解釈の習得」以外の部分、特に「長文読解」「英作文」「要約問題」という多くの受験生が大量の時間と労力を費やしている部分です。さらに厳密に言うと基本文法の習得や英文解釈についても優れたノウハウや方法論というものが現に存在しています。

このコンテンツでご紹介しているのは英語の勉強法に関するものでさらに一部ですが、この部分について的確なノウハウ・エッセンスを網羅的に得てしまえば、b>大学受験英語の勉強に大きな時間と労力を費やす必要がなくなるとともに、最も大きな効果はそれを知ることで高得点を獲得できる実力がつくということです。 よくありがちな「裏技的勉強法」「魔法の方法」「やるべきことをショートカットして効率的」と謳う勉強法ではなく、正攻法で安定的に高得点を獲得できる結果と実践に実証された大学受験英語をマスターするためのノウハウやエッセンスです。

この点に興味がある方は以下をご覧ください。

確実に高得点を獲得するための鉄壁の勉強法


英語の勉強法や英語の勉強計画を他科目との兼ね合いも含め体系的に学ぶ


各科目に関する勉強法や時期ごとによる勉強計画も含め受験戦略・勉強法を体系的に学びたい方は著書「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】をご覧ください。難関大学合格へ必読の書です。この本を熟読し何度も読み返すことで第一志望校合格へ確実に向かってください。これ一冊で受験戦略、勉強計画、各科目勉強法に関し全国の受験生の中でトップに立てます。それだけの内容を詰め込んだ一冊です。

英語攻略のノウハウ、メソッド、エッセンスを網羅的に得る


前項で触れた通り「一般に言われている大学受験英語の勉強法と異なり大学受験英語の勉強法では大きく時間も労力も節約できる部分がある」。それは「基本文法の習得」「英単語・英熟語の習得」「英文解釈の習得」以外の部分、特に「長文読解」「英作文」「要約問題」という多くの受験生が大量の時間と労力を費やしている部分です。さらに厳密に言うと基本文法の習得や英文解釈についても優れたノウハウや方法論というものが現に存在している。ということをお伝えしました。

ただしこの部分について
英語の各分野の問題に対処する際の思考方法やノウハウについて過不足なく高い質で網羅された本当に的確なものは一般的になっていない
「長文読解」「英作文」「要約問題」等について大量の時間を費やさずに確実に高得点を獲得できるエッセンスやノウハウで本当に的確なものは一般的になっていない
のです。だから英語の実力を高い次元でつけることができる人とそうでない人の差が激しいのです。

さらに
英語の各分野の問題に対処する際の思考方法やノウハウについて過不足なく高い質で網羅された本当に的確なものを有しているのは客観的受験結果が伴った(自称ではない)ごく一部の実力者だけ
「長文読解」「英作文」「要約問題」等について大量の時間を費やさずに確実に高得点を獲得できるエッセンスやノウハウで本当に的確なものを有しているのは客観的受験結果が伴った(自称ではない)ごく一部の実力者だけ
なのです。だからさらにそれを得られる人とそうでない人では勉強時間も効率も確実性もさらには第一志望校・難関大学の合否までも大きく異なってしまうのです。

この点は実際の世の中の試験結果を客観的に分析してみてください。例えば5教科7科目を勉強しなければならない東大や旧帝大合格者は私大文系受験生よりもはるかに英語の勉強にかけられる時間はすくないです。すくなくとも大きな制約があります。しかし、実際は早慶私大にも特待合格やはるかに多くの勉強時間を英語に費やしてくる私大専願受験生よりも高得点を獲得している人が多いのです。 この現実を直視してみてください。この差が生まれている原因を考えてみてください。そしてこの観点から世の中の指導や勉強法というものを考えてみてください。

もう少し端的にご説明すると、センター試験872/900点獲得東大2回/東大理三合格講師、センター試験881/900点獲得東大理二現役トップ合格講師、センター試験865/900点獲得東大理一現役合格講師、センター試験9割超獲得東大文一合格講師(以上の講師はこの他に早稲田大学先進理工学部「特待」合格、慶應義塾大学医学部医学科合格、早稲田大学法学部合格、慶応大学法学部合格その他早慶の学部合格、大学受験無敗)と他の国公立大学や私大合格者、さらにはその中でもギリギリ合格者と比較して各教科をマスターするための勉強法やノウハウ、エッセンスの質の高さや網羅性、本質的部分は同じでしょうか。 ここでは良い悪いということを言いたいのではなくて、ここには客観的結果の違いを導いているものに雲泥の差があるという客観的事実があるということです。

以上の事実から、この部分の格差はどんなに一般的な指導を受けても、一般的な講義を受けても「指導側が持っているものに雲泥の差がそもそも存在するために」埋められないのが現実なのです。でもそれでは同じだけもしくはそれ以上に努力しているのに不公平ですよね。この部分について頑張っている受験生に受験界最高峰のものをご提供しているのが合格の天使の指導です。講師の圧倒的受験結果と指導における驚異的合格率を誇る合格実績がこの理論の確固たる証拠です。

最大限の効率と確実性を手に入れて第一志望校合格を確実にしたいという方は無駄な時間や労力を排し確実性を踏まえた最短距離で大学受験英語の実力をつけることを可能とした合格の天使の指導の秘密と大学受験塾、WEB個別指導塾、映像講義をご覧ください。受講に関係なく東大、医学部医学科、旧帝大・超難関国公立、早慶へ驚異的合格率を誇る原因は何なのかという視点でご覧ください。

東大、旧帝大、国公立医学部医学科、早慶への驚異的合格率の秘密
合格の天使の指導の7大特質と3大ポイント ▶

ごく少数受講生ながら東大、旧帝大、国公立医学部医学科、早慶への驚異的合格率を誇る
合格実績と受講生及び保護者様の合格体験記 ▶

各科目勉強法、各自の合格計画の立案はもとより各自の使用する教材について科目・質問数・質問事項無制限指導を行う
WEB個別指導塾 ▶

対面講義と各科目勉強法、各自の合格計画の立案はもとより各自の使用する教材について科目・質問数・質問事項無制限指導を行う
リアル個別指導塾 ▶

英語に限らず全教科について大学受験で高得点を獲得するために必要なエッセンスや核、思考方法について各分野・各項目すべてにわたって網羅的かつ定型的に詰め込んだ
映像講義 ▶



◀ 大学受験英語の勉強法 INDEXページへ戻る


※今後も英語の勉強法にかんするコンテンツを大量追加して行きます。お友達やお知り合いと適切な情報を共有し切磋琢磨しあうことは、あなたの合格可能性を高めることに非常に役立ちます。以下のシェアボタンを押せば簡単にシェアできます。

Twitterでシェア
Facebookでシェア
LINEで送る
Google+でシェア
はてなブックマーク


◀ 大学受験の勉強法と対策|総論・基礎24選と主要10教科の勉強法 トップページへ戻る


◀ コンテンツトップページへ戻る

◀ 公式サイトトップページへ戻る

AUTHOR

叡学舎・叡学会
(株)合格の天使
叡学舎・叡学会(株)合格の天使公式サイトトップページ
究極の受験指導を実現し
第一志望合格へ導く

■東大理三/東大2回合格講師
センター試験872/900
■東大理三「次席」現役合格講師
センター試験867/900
■東大理二「首席」現役合格講師
センター試験881/900
■東大医学部医学科推薦合格講師
数学オリンピック銀メダリスト
■東大理一「首席」現役合格講師
数学オリンピック金メダリスト
センター試験873/900
■地方公立⇒東大理三現役合格講師
センター試験877/900
■地方公立⇒東大理三現役合格講師
センター試験864/900
■地方公立⇒東大理三現役合格講師
センター試験851/900
■地方私立⇒東大理三現役合格講師
センター試験869/900
■地方私立⇒東大理三現役合格講師
センター試験868/900
■東大理三現役合格講師
国際数学オリンピック銀メダリスト
■地方公立⇒東大文一現役合格講師
センター試験843/900
■地方公立⇒東大文一現役合格講師
センター試験9割超
■都内私立⇒東大文一現役合格講師
センター試験9割超
■地方公立⇒東大文二現役合格講師
センター試験848/900
他、優秀な東大理一・東大理二・医学部医学科合格講師
を擁し受験指導の究極を実現し第一志望校合格へ導く

「受験指導の究極」「受験指導の最高峰」と称される比類なき高質の『WEB個別指導 ネット塾』『大学受験のリアル塾』『映像授業』を全国の受験生にご提供し圧倒的合格率を誇る
公式サイト トップ

※エンブレム及びキャッチフレーズは登録商標です

※本サイト内コンテンツ一切の著作権は叡学舎・叡学会(株)合格の天使に帰属します
「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】
著書「受験の叡智
【受験戦略・勉強法の体系書】

■「Amazon」勉強法本
ベストセラーランキング👑1位👑

■「楽天ブックス」学参・問題集部門
ベストセラーランキング👑1位👑

を何度も獲得。ご購読ありがとうございます。
著書「受験の叡智」
「毎日新聞社」【サンデー毎日】
メディア掲載
毎日新聞社「サンデー毎日」
当社掲載記事
毎日新聞社 サンデー毎日

受験指導 一覧

ネット塾 全国トップの圧倒的充実指導と圧倒的実力指導を実現した受験指導を全国のみなさんへ! ネット塾一覧 受講生の大半にセンター試験800点超の得点を獲得させ医学部医学科、東大、京大、旧帝大、難関国立、早慶私大等へ驚異的合格率を誇るネット塾(WEB個別指導)。東大医学部・東大理三・東大生講師による科目・質問数無制限の個別指導
ネット塾  一覧
リアル塾 東大理三合格講師複数名から直接個別指導を受けられる最高実力個別指導! リアル塾一覧 『東大理三/東大2回』『東大理三「次席」』『東大理二「首席」』『地方公立⇒東大理三』『地方公立⇒東大理一』『東大理二』『東大理一』合格講師の個別指導と講義が受けられる鉄壁の医学部・難関大学対策を可能とする大学受験塾
リアル塾 一覧
映像授業一覧 医学部・東大・旧帝大・難関国立・早慶合格、センター9割超へ導き続ける秘蔵の講義。単なる問題解説講義とは次元を異にする圧倒的実力をつけることを可能とした画期的講義。
映像授業 一覧
合格実績 受講生の9割程度をセンター試験9割、医学部・東大・旧帝・難関国立・早慶合格へ導く驚異的な合格実績。一切の入塾試験を課さずに受験界最高次元の結果を叩き出す。
合格実績

お問い合わせ


合格の天使メルマガ TEAM叡智 大学受験勉強法や受験戦略、勉強計画等、大学受験対策について時期に応じたタイムリーなコンテンツをご提供する無料メルマガ
無料メルマガ登録

コンテンツ 目次

受験戦略

大学受験勉強法と対策

大学受験勉強法 総論

大学受験勉強法 各論

センター試験勉強法

大学受験勉強計画

モチベーション維持法

大学受験の基礎知識

保護者の「受験成功法則


お問い合わせ