地学基礎のセンター9割超への勉強法と対策

大学受験の受験戦略、勉強法、勉強計画、学習指導のWEB個別指導/ネット塾 叡学舎・叡学会 (株)合格の天使




公式サイトトップ>>無料のネット塾>>センター試験勉強法と対策法>>センター地学基礎勉強法9割超への対策

センター地学基礎の勉強法と対策

地学基礎の勉強法と対策

センター地学基礎の勉強法と対策

センター地学基礎の勉強法と対策では、センター試験で9割超~満点の得点を獲得するための勉強法と対策についてお伝えしていきます。 センター地学基礎で9割超、満点を目指しましょう。


センター試験における地学基礎という科目は
●知識を覚える量は理科基礎4科目の中で3番目に多い
●計算量は理科基礎4科目の中で3番目に少ない
と言える科目です。

理科基礎4科目の中で知識を覚えることに比重が高い科目になります。 とはいえ知識の深さや広さは極めて限られているので、 知識を覚える負担がそう大きいわけではありません。

難関国立大学を志望する文系受験生の多くはセンターの理科基礎科目である、物理基礎(以下物理),化学基礎(以下化学),地学基礎(以下地学),生物基礎(以下生物)の4科目の中から2科目を選ぶことになります。

文系受験生にとって、センター理科基礎科目では、如何に時間をかけずに高得点を獲得することが出来るかということに関心が高いと思います。また受験戦略的にもこの部分に関心を持つべきです。

この、センター地学基礎の勉強法と対策のコンテンツでは、
実際にセンター地学基礎で9割超~満点を獲得し、
センター試験トータルで 848/900点獲得、843/900等を獲得している、
合格の天使が誇る東大文一、東大文二合格講師
による書下ろし記事を交え、

●センター地学基礎の科目特性
●センター地学基礎を選択する場合のポイント
●センター試験での出題分野・問題類型
●センター対策の基本方針
●センター地学基礎の具体的勉強法
●センター地学基礎のマスターポイント
●9割超~満点獲得のためのポイント
●センター地学基礎のおすすめ問題集・参考書

についてお伝えいていきます。

このコンテンツをご覧いただいている皆さんは、全国の受験生に対して大きなアドバンテージを得ることが出来ます。

その理由は、当社の著書やすべてのコンテンツは、他の勉強法本や勉強法サイト、 コンテンツと以下の3点で大きくその有用性と信頼性が異なるからです。

■実際に当社講師自身が受験した科目であること
■実際に当社講師自身が受験生として実証・検証した内容であること
■実際にセンター試験本番で高得点獲得という結果に裏付けられていること

世の中には、出典や引用、参照文献を示さず、かつ自身が受験はもとより、受験生時代に勉強もしていない科目の勉強法を語るものがありますが、 実際に自身が勉強も受験もしていない科目を語るとするならばそれは

・本質を突いたものでない
・他からの無断拝借である

のどちらかと言えます。

センター地学基礎も含め、理科基礎科目はセンター試験に出題されるようになってから数年しかたっていない科目であり、 有益な情報が巷には少ない状況にありますが、当塾はセンター理科基礎科目が出題されるようになってからの東大合格講師も多数抱えています。

経験と高得点結果に実証されたセンター地学基礎の勉強法と対策をこのコンテンツからしっかり学んでください。

このコンテンツは当塾の著書である、受験の叡智【受験戦略・勉強法の体系書】「完全版」及び叡学舎・叡学会(株)合格の天使のブログ及びメルマガから センター試験地学基礎に関する記事を抜粋したものです。(無断引用・転用を固く禁じます。要著作権保護。)

体系的かつ詳細にセンター地学基礎対策も含めた受験戦略・勉強法・勉強計画を学びたい方は受験の叡智【受験戦略・勉強法の体系書】「完全版」を是非、ご覧ください。

【コンテンツ 目次】

センター地学基礎の科目特性

(1)計算の比重

(2)暗記の比重

(3)センター本試験の難易度

地学基礎を選択する場合のポイント

(1)計算が得意な受験生

(2)暗記が得意な受験生

(3)計算,暗記の適性が同じぐらいという受験生

(4)現役生の考慮要素

(5)浪人生・再受験生の考慮要素

(6)まとめ

センター試験での出題分野・問題類型

(1)出題分野

(2)問題類型

(3)地学基礎特有の計算問題の性質

センター対策の基本方針

(1)年間計画の目安

(2)最初にやるべき事

(3)基礎知識固めの際に並行して行うべき事

(4)センター過去問を最大限に活用

(5)例外的対策

センター地学基礎の具体的な勉強法

(1)知識の蓄積

(2)計算問題

(3)問題演習

(4)本番戦略

センター地学基礎の勉強ポイント

(1)知識の習得に始まり終わるのが地学基礎

(2)分野ごとの独立性の高さ、関連性の薄さを逆手に取る

9割超~満点獲得の勉強法ポイント

(1)現役生は学校配布の教科書と問題集だけで十分

(2)参考書について

(3)傍用問題集について

(4)学校で指定されたもの以外の教材を使う場合

(5)センター過去問について

センター地学基礎対策のおすすめ問題集・参考書

(1)参考書

(2)問題集

センター地学基礎を含め勉強法と対策を体系的に学ぶ

(1)受験の叡智【受験戦略・勉強法の体系書】「完全版」

(2)優れたセンター地学基礎対策をお友達にも



センター地学基礎の科目特性


センター理科基礎科目の選択に迷っている受験生のためにも、まず、センター地学基礎の科目特性や他のセンター理科基礎科目との比較を示します。 センター地学基礎の選択を決定している受験生の皆さんも、他の理科基礎科目と異なるセンター地学基礎の科目特性特性を知ることで効率的な対策が可能となります。

計算の比重


左から順に計算の比重が大きくなる科目です。

右に行くほど計算すべきことが減る科目です。

図1

物理基礎>化学基礎>地学基礎>生物基礎


図1からわかるように地学基礎は理科基礎4科目の中で計算の比重が軽い科目になります。

暗記の比重


左から順に暗記の比重が大きくなる科目です。

右に行くほど暗記すべきことが減る科目です。

図2

生物基礎>地学基礎>化学基礎>物理基礎


図2からわかるように地学基礎は理科基礎4科目の中では暗記すべきことが多い科目です。

センター本試験の難易度


図3

センター本試験 理科基礎平均点の推移

科目 2015 2016 2017 2018 4カ年平均

物理基礎 31.52 34.37 29.69 31.32 31.73

化学基礎 35.30 26.77 28.59 30.42 30.27

地学基礎 26.99 33.90 32.50 34.13 31.88

生物基礎 26.66 27.58 39.47 35.62 32.33


理科基礎科目は2015年度から導入されたましたが,2018年度までの4回分の本試験の平均は科目間であまり差異はありません。 図3からかかるように、理科基礎4科目で難易度や得点のし易さに大差はないと言えます。

地学基礎を選択する場合のポイント


上記の科目特性を踏まえ、選択に際してのポイントを示しつつ、センター地学基礎選択がおすすめの受験生について分析します。 理科基礎各科目の難易度にあまり違いがないという事実から、自分が暗記,計算どちらが得意かによって選択をするのがポイントになります。

計算が得意な受験生


図1で示したように理科基礎4科目の中で計算の比重が軽いのが地学基礎です。 生物に比して計算の比重が重いと位置付けていますが、地学基礎で要求される計算は、小学校の算数の範囲で対応可能なものが大半です。 したがって、計算が得意か苦手か否かで選択の基準としたり対策の基準とする必要はありません。

暗記が得意な受験生


図2で示したように、暗記の比重は生物基礎>地学基礎>化学基礎>物理基礎の順番になります。

センター地学基礎の特徴として、知識問題の比重が高いのが特徴です。

計算,暗記の適性が同じぐらいという受験生


物理>化学>地学>生物という優先順位をつけて選択することをお勧めします。

暗記が求められる科目ほど習得しなければならない内容が多くなり,完成に至るまでの勉強の総時間がその分長くなります。 計算系の科目は内容についての比較的深い理解が求められはするものの,その内容もある程度のパターンの中に止まるし,扱う内容自体は比較的少いです。 したがって、計算の比重が高い物理基礎、化学基礎を選択候補として優先することをお勧めします。

現役生の場合の考慮要素


現役生の場合は、学校の授業で扱われる科目を優先して選択することをお勧めします。 この理由の詳細は、センター理科基礎の科目選択|戦略的決定方法をご覧いただくとして、 ここでは簡潔に理由を示します。

多くの学校では理科基礎科目の4科目全てが授業として開講されません。 したがって、地学基礎は学校の授業で行われるという状況であれば、優先して選択することをお勧めします。

●センターの理科基礎は受験全体の得点に占める割合が少ない =対策にかける時間をなるべく少なく抑える必要がある

●センター理科基礎は一次試験であるセンター試験の中の,点数配分の少ない教科という位置付けにある =理科基礎の勉強に割く時間はなるべく抑えて,他の科目に対策の時間を費やすことが望ましい

●学校の授業を受けることは避けられない以上,この学校の授業で対策を十分にすることが時間の節約につながる =勉強時間の限られる現役生はこのタイムマネジメントの意識を重視してほしい

●理科基礎は全国統一で行われるセンター試験のみの出題であり,その出題は教科書に記載のある内容のみが対象になる =学校の基礎・基本を大切にした教科書中心の授業は、センター試験対策にも有効

●理科基礎は基礎科目であり,各科目50点分の配点しか与えられていない =各科目扱う範囲は理系と比べて浅くて比較的容易に理解可能なもの それゆえに,各科目に対する苦手,得意に関わらず,ある程度の時間をかけられれば問題を解けるようになることが多いので,科目選択が実際の得点に与える影響は小さい 学校の科目で取ることができないからという理由だけで選択が決まってしまうことに抵抗を感じるかもしれないが,その不安はあまり必要ない

 

浪人生・再受験生の場合の考慮要素


上記で説明したように、 計算が得意か、理解が得意か、暗記が得意かを一応の目安にしつつ、 理科基礎科目にかけることのできる勉強時間がどのくらいあるかを考慮して、 暗記が少ない科目を1教科ないし2教科選択するという戦略的決定も視野に入れて決定してください。

まとめ


学校の授業で扱われる科目が限られる現役生
⇒学校で履修する科目を選択する

上記以外のケース
・原則
⇒物理>化学>地学>生物
の順番で候補として検討する

・計算問題をなるべく避けたい場合
⇒生物>地学>化学>物理
の順番で候補として検討する

センター試験での出題分野・問題類型


センター地学基礎について的確に対策するためには、まず、実際のセンター試験での出題分野と問題類型を知っておくことが重要になります。 以下、当塾東大文系合格講師陣が独自に分析したセンター地学基礎科目の問題の性質も踏まえ解説します。

出題分野


地学基礎における出題分野は、「地球・火山・地震」「地史」「大気・海洋」「宇宙」「環境」という大まかな5分野である。

問題類型


 

問題類型は、知識問題と計算問題の二つに分けることができます。

地学基礎の計算問題の性質


計算問題が出るということは確かですが、その問題は小学校の算数の範囲で対応可能なものが大半といえます。 平成29年度は2つの計算問題が出題されましたが、それは距離、速さ、時間の計算関係を正確に把握できていれば解けるような問題でした。

センター地学基礎対策の基本方針


地学基礎対策の基本的な方針は以下の通りです。

年間計画の目安


センター地学基礎の年間スケジュール図

10月までを目途に教科書or網羅型参考書(+網羅系問題集)を一通りこなし、
そこから1月までセンター試験過去問(+予備校の模試集)をこなしつつ、教科書or網羅系問題集で適宜確認という作業を繰り返すことをお勧めします。

最初にやるべき事


まずは教科書または参考書の内容を理解することが必須である。これは理科基礎科目どの科目でも変わらない基本方針である。

基礎知識固めの際に並行して行うべき事


定期的に問題集で問題を解き、そのたびに参考書または教科書に戻るという学習が基本になる。 地学基礎は知識の習得が大変重要である。 なので、問題を解きながら、知識的に曖昧なところがあれば、その分野全体の知識の習得を確認するという学習が最も効率が良いと考える。

センター過去問を最大限に活用


上記順番を踏まえ、その後にセンターの過去問をこなしていくことになります。 センター過去問は最大限に活用してください。 過去問の重要性については当塾の著書 「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】や勉強法コンテンツの中でも再三にわたってお伝えしているのでここでは割愛しますが、過去問の重要性をしっかり理解したうえで軽視しないようにしてください。

例外的対策


時間がない場合かつ二次試験を含めた合計点に占める理科基礎の割合が極めて小さい場合は以下の点を考慮してください。

上記に該当する受験生の場合、網羅型の参考書や教科書を読み終え次第、センター試験の過去問に入ってください。 理科基礎対策に厚みを持たせるあまり、他の主要科目の勉強が疎かになってしまっては本末転倒だからです。 この点については、個々人の時間的猶予という事情と点数の割合という個別的事情を勘案してください。

例えば、東大文系、京大法学部、東北大法学部、名大教育学部では、合計点において理科基礎が占める割合は4%未満にすぎません。 これらを受験する方は、時間的余裕がある場合を除いて、ある程度の知識理解を蓄積したらセンター型の演習に入っても構わないです。

一方で、京大総合人間学部、早稲田センター利用(法学部、政治経済学部、文学部)、阪大経済学部(A方式)、一橋社会学部では10%を超えます。 これらの受験の際には、参考書とセンター試験との間に問題集を挟んで、知識理解を網羅的に深めた方が安全だと言えます。

これは当塾が命名している「得点戦略」に関わってくる問題ゆえ、得点戦略の重要性と得点戦略の重要性と構築の仕方を、 「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】からきっちり学んで実践してください。

この部分は、第一志望合格のためにはとても重要な過程になることは肝に銘じてください。

センター生物基礎の具体的な勉強法


定期的に問題集で問題を解き、そのたびに参考書または教科書に戻るという学習が基本になる。 それは10月まで継続するのが良いだろう。 繰り返しになるが、地学基礎は先ほども記述した通り知識の習得が大変重要である。 なので、問題を解きながら、知識的に曖昧なところがあれば、 その分野全体の知識の習得を確認するという学習が最も効率が良い。

1.知識の蓄積


地学基礎の特徴として、分野の独立性が高いので、分野ごとに集中して勉強していった方が知識習得の効率性は高いと考える。

知識を蓄積する際に注意すべきこととして、教科書で発展内容とされているところに関してはセンターでは出題されないということは注意していただきたい。 その記述は理解を深めるためとされているが、実質的にはその理解なしでも本質は理解できることが多い。 もしそうでないならば、学習指導要領自体に欠陥があるとも言えるだろう。

時間的な余裕がないならば、発展内容に関しては読み飛ばすのがいい。 また、高校では地学を専門とする教員自体が少ないことから、一つの教師が理系の地学と文系の地学基礎を同時に受け持つということもある。 発展内容の多くは地学に含まれるので、その教師は発展内容に関して触れるかもしれないが、定期テスト以外で問題となることは考えられないので、受験という観点からすればあまり重視する必要はない。

また、地学基礎の問題では発展内容ではなく、教科書にも記載されていないが、教養を問うような問題が出ることがある。 それはとりわけ正誤問題に多く、受験生を困らせるが、それに関してはあまり気にしないのが得策であると考える。 知識が重要であることは繰り返しているが、その知識も基本的なものであり、教科書に載っていないようなものではないということはもう一度強調しておきたい。

2.計算問題


先ほども述べたが、地学基礎の計算問題は、小学校の算数の延長上の物と言えるレベルである。したがって、特別身構える必要はないが、逆に単純な計算ミスが命取りになることは肝に銘じておくべきである。

3.問題演習


地学基礎の場合、基本的に知識をいくらつけているかが、実際の本番の点数に左右すると考えて良い。 したがって、問題演習に際しては、該当分野の知識事項の整理を同時に行うことは常に心がけて欲しい。

また、それに加えて、問題演習を終えるごとに、その問題を通してどういう具体的な知識を得たのかと整理する時間も設けると良いだろう。 これは他の科目でも共通に大事なことだが、地学基礎においてはとりわけ重要であろう。

さらに、問題演習以外での個別の知識の整理が地学基礎ではとりわけ有効だということも加えて言及したい。 例えば、火成岩の分類、地史といったものは分類されたそれ全体が重要であり、その分類のされ方もシステマティックになされていることが大半である。 火成岩の分類を考えれば、二酸化ケイ素の含有量は色指数や含有鉱物、粘性など他の項目にも密接な影響を与えており、その分類全体として見ることが重要である。 これは花崗岩質マグマの粘性はどうか?といった個別な問題演習からはなかなか得られない視点である。 問題演習を起点に、全体を俯瞰するような整理をするならば、それでも良いが、地学基礎においてはとりわけ、ある分野全体を整理するという勉強が効率的であることが多い。 だから、問題演習以外の勉強も重視するのが良いと考える。

本番戦略


問題数は15題前後であり、時間的には余裕があると言える。 知らないものは知らないので、ある意味すぐに問題を終えることができると思う。 したがって、併用する科目に多くの時間を割くような戦略を立てても良い。

センター地学基礎の勉強ポイント


センター地学基礎を効率的にマスターするためには、以下のポイントを常に意識することが大事です。

知識の習得に始まり終わるのが地学基礎


地学基礎は知識の習得に始まり、知識の習得に終わる。 しっかりとした知識を確実に習得できるかが鍵になってくる。

知識を問われる科目として生物基礎と引き合いに出されるが、生物基礎は考察問題が出題され、 それは独特の難しさを持っている一方、地学基礎はそのような問題はほとんどない。

計算問題が出るということは確かであるが、その問題も小学校の算数の範囲で対応可能なものが大半である。

分野ごとの独立性の高さ、関連性の薄さを逆手に取る


地学基礎は、earth scienceという教科が表しているように、4つの理科基礎科目の中でも特に扱う分野は広い。 「地球・火山・地震」「地史」「大気・海洋」「宇宙」「環境」という5つの分野から出題される。 しかし、分野ごとの独立性が高く関連性が薄い。したがって、1つの分野でつまずいたからといって、全てが理解できないというわけではない。

実際に、上述の5分野の記述の順番は教科書会社によって異なっている。 また、勉強に際しては1つ1つの分野についてテーマを絞って取り組むことが重要とも言える。 知識を正確に習得する、分野の独立性を考慮し分野ごとの勉強を心がける、 これが地学基礎の勉強の肝といえよう。

9割超~満点獲得の勉強法ポイント


センター地学基礎で最小限の労力で9割超~満点を獲得するためには以下の点に特に注意してほしい。

現役生は学校配布の教科書と問題集だけで十分


現役生は学校で配布された教科書と問題集だけ用いればよいということを強調しておきます。

参考書について


参考書に関しては教科書の記述があまりにわかりにくいと感じた時のみ使うようにしてください。

傍用問題集について


傍用問題集に関しても基本的には学校配布のものを徹底的にやりこむということを徹底してください。 理科基礎は特別な難しさを有さないゆえに、学校で教えられていることを習得すれば十分です。 定期テストでもその問題集を使うことになろうから、それの復習という意味も込めて受験対策として使ってください。 基本的に学校で採用されるようなものは十分な網羅性を備えていると考えて良いです。

学校で指定されたもの以外の教材を使う場合


学校で指定されたもの以外の教材を使う場合は、理科基礎対策に特化した参考書や問題集を使うようにしましょう。 やむをえず基礎なし科目の内容まで網羅した教材を使うならば、理科基礎の内容と基礎なし科目の内容がページレベルで明確に線引きされているかを確認して使用しましょう。 受験戦略の視点から、出題可能性が皆無の範囲に頭を悩ませるのは時間の無駄でしかありません。

センター過去問について


理科基礎のセンター試験の過去問は3年分しかないということに留意してください。 満点を目指すならば、過去問に加えて、各予備校が出版しているセンター模試の問題を用いて演習不足を補っておくのがベターです。

センター地学基礎対策おすすめ問題集・参考書


お伝えしてきた通り、センター地学基礎については基本的に参考書ではなく教科書をお勧めします。 また、問題集についても教科書傍用問題集や学校配布の問題集の利用をお勧めします。

以下では、教科書の記述がどうしてもわかりづらいという受験生や教科書や問題集を持っていないという場合に参考にしてください。

参考書


基本的に1冊に絞りましょう。

きめる!センター地学基礎【新課程対応版】

問題集


問題集についても基本的に1冊に絞りましょう。

ベストフィット地学基礎―センター試験まで段階的な学習

センター地学基礎を含め勉強法と対策を体系的に学ぶ


センター地学基礎で高得点を獲得する目的は、あくまで第一志望校に合格するためです。したがって、全教科のバランスを考慮した対策が合否の肝を握ります。

受験の叡智【受験戦略・勉強法の体系書】


センター地学基礎で高得点を獲得しても、他教科の勉強に支障が出るような計画や取り組み方では意味がありません。

全教科のバランスを考慮しつつ、受験戦略、勉強計画、勉強法は学ぶのが一番です。

受験の叡智【受験戦略・勉強法の体系書】には、センター地学基礎を含めた、文系国公立受験生の得点戦略や年間計画のサンプルプランや私大対策の年間計画のサンプルプランを盛り込んであります。

受験戦略・勉強計画・勉強法はこの1冊で十分と言えるものです。是非常に見返して第一志望合格に役立ててください。
受験の叡智【受験戦略・勉強法の体系書】「完全版」

センター地学基礎の勉強法と対策をお友達にも


今後もセンター地学基礎の勉強法と対策のコンテンツを追加して行きます。 お友達やお知り合いと適切な情報を共有し切磋琢磨しあうことは、あなたの合格可能性を高めることに非常に役立ちます。以下のシェアボタンを押せば簡単にシェアできます。

Twitterでシェア
Facebookでシェア
LINEで送る
Google+でシェア
はてなブックマーク

合格の天使メルマガTEAM叡智




◀ センター試験勉強法と対策法 トップページへ戻る


◀ コンテンツトップページへ戻る

◀ 公式サイトトップページへ戻る

AUTHOR

叡学舎・叡学会
(株)合格の天使
叡学舎・叡学会(株)合格の天使公式サイトトップページ
究極の受験指導を実現し
第一志望合格へ導く

■東大「理三」/東大2回合格講師
センター試験872/900
■東大「理三」「次席」現役合格講師
センター試験867/900
■東大理二「首席」現役合格講師
センター試験881/900
■東大医学部医学科推薦合格講師
数学オリンピック銀メダリスト
■東大理一「首席」現役合格講師
数学オリンピック金メダリスト
センター試験873/900
■地方公立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験877/900
■地方公立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験864/900
■地方公立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験851/900
■地方公立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験871/900
■地方私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験869/900
■地方私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験868/900
■都内私立⇒東大「理三」現役合格講師
国際数学オリンピック銀メダリスト
■地方私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験855/900
■地方私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験840/900
■都内私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験830/900
■地方私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験864/900
■地方私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験801/900
■地方私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験867/900
■地方公立⇒東大文一現役合格講師
センター試験843/900
■地方公立⇒東大文一現役合格講師
センター試験9割超
■都内私立⇒東大文一現役合格講師
センター試験9割超
■地方公立⇒東大文二現役合格講師
センター試験848/900
他、優秀な東大理一・東大理二・医学部医学科合格講師
を擁し受験指導の究極を実現し第一志望校合格へ導く

「受験指導の究極」「受験指導の最高峰」と称される比類なき高質の『WEB個別指導 ネット塾』『大学受験のリアル塾』『映像授業』を全国の受験生にご提供し圧倒的合格率を誇る
公式サイト トップ

※エンブレム及びキャッチフレーズは登録商標です

※本サイト内コンテンツ一切の著作権は叡学舎・叡学会(株)合格の天使に帰属します
「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】
著書「受験の叡智
【受験戦略・勉強法の体系書】

■「Amazon」勉強法本
ベストセラーランキング👑1位👑

■「楽天ブックス」学参・問題集部門
ベストセラーランキング👑1位👑

を何度も獲得。ご購読ありがとうございます。
著書「受験の叡智」
「毎日新聞社」【サンデー毎日】
メディア掲載
毎日新聞社「サンデー毎日」
当社掲載記事
毎日新聞社 サンデー毎日

受験指導 一覧

ネット塾 全国トップの圧倒的充実指導と圧倒的実力指導を実現した受験指導を全国のみなさんへ! ネット塾一覧 受講生の大半にセンター試験800点超の得点を獲得させ医学部医学科、東大、京大、旧帝大、難関国立、早慶私大等へ驚異的合格率を誇るネット塾(WEB個別指導)。東大医学部・東大理三・東大生講師による科目・質問数無制限の個別指導
ネット塾  一覧
リアル塾 東大理三合格講師複数名から直接個別指導を受けられる最高実力個別指導! リアル塾一覧 『東大理三/東大2回』『東大理三「次席」』『東大理二「首席」』『地方公立⇒東大理三』『地方公立⇒東大理一』『東大理二』『東大理一』合格講師の個別指導と講義が受けられる鉄壁の医学部・難関大学対策を可能とする大学受験塾
リアル塾 一覧
映像授業一覧 医学部・東大・旧帝大・難関国立・早慶合格、センター9割超へ導き続ける秘蔵の講義。単なる問題解説講義とは次元を異にする圧倒的実力をつけることを可能とした画期的講義。
映像授業 一覧
合格実績 受講生の9割程度をセンター試験9割、医学部・東大・旧帝・難関国立・早慶合格へ導く驚異的な合格実績。一切の入塾試験を課さずに受験界最高次元の結果を叩き出す。
合格実績

お問い合わせ


合格の天使メルマガ TEAM叡智 大学受験勉強法や受験戦略、勉強計画等、大学受験対策について時期に応じたタイムリーなコンテンツをご提供する無料メルマガ
無料メルマガ登録

コンテンツ 目次

受験戦略

大学受験勉強法と対策

大学受験勉強法 総論

大学受験勉強法 各論

センター試験勉強法

大学受験勉強計画

モチベーション維持法

大学受験の基礎知識

保護者の「受験成功法則


お問い合わせ