共通テスト日本史9割超への勉強法と対策

大学受験の受験戦略、勉強法、勉強計画、学習指導のWEB個別指導/ネット塾 叡学舎・叡学会 (株)合格の天使




共通テスト日本史の勉強法と対策
共通テスト日本史勉強法

9割超への対策

東大理三合格講師陣が
共通テスト日本史の問題の性質を完全分析
9割超、満点を獲得するための勉強法と対策を徹底解説!


公式サイトトップ>> 無料のネット塾>> 共通テストの勉強法|9割超への対策>> 共通テスト日本史の勉強法|9割超への対策

共通テスト日本史の勉強法と対策


共通テスト日本史の勉強法と対策では、共通テスト日本史で9割超~満点の得点を獲得するための 勉強法と対策についてお伝えしていきます。


この、共通テスト日本史の勉強法と対策のコンテンツでは、 実際にセンター日本史で9割超・満点の得点を獲得している 東大理三合格講師陣による書下ろし記事を交え、 主として理系受験生が効率的に共通テスト日本史を攻略しかつ高得点を確実に獲得するための 勉強法と対策についてお伝えしていきます。

このコンテンツをご覧いただいている皆さんは、 全国の受験生に対して大きなアドバンテージを得ることが出来ます。

その理由は、当社の著書やすべてのコンテンツは、他の勉強法本や勉強法サイトと 以下の3点で大きくその有用性・的確性・信頼性が異なるからです。

■実際に当社東大理三合格講師陣自身が受験した科目について原稿を書いている事
■実際に当社東大理三合格講師自身が受験生として実証・検証した内容であること
■実際の試験本番で9割超・満点獲得という結果に裏付けられていること

世の中には、出典や引用、参照文献を示さず、かつ自身が受験はもとより、 受験生時代に勉強もしていない科目の勉強法を語るものや 9割超や満点を取っていない人がそれをとる方法を語るものがあります。 しかし、自身が勉強も受験もしていない科目や自身が本番で9割超や満点を獲得していないのに9 割超や満点を取る方法を語るとするならばそれは
・本質を突いたものでない
・他からの無断拝借である
のどちらかと言えます。

みなさんは、高得点結果に実証された共通テスト日本史の勉強法と対策を このコンテンツからしっかり学んでください。

なお、このコンテンツは、共通テスト対策について全教科について具体的かつ詳細に勉強法と対策を 書き記した 「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】共通テスト完全対応版 ▶
からの抜粋を含みます(厳重な著作権保護対象です)

「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】共通テスト完全対応版では、 2014年の初版以来引き継がれる当塾のブレ無き受験戦略・勉強法に加え、 30名超の東大理三合格講師と多数の東大文系上位合格層講師が共通テストの趣旨・問題を分析し、 全教科の詳細な共通テスト対策を体系的に掲載しています。 「二次試験・私大個別試験」及び「共通テスト対策」の 受験戦略・勉強法、勉強計画を完全網羅した一冊です。 共通テストで高得点獲得し、二次試験・個別試験対策も万全に行いたい方は是非手にしてください。

【コンテンツ 目次】

共通テスト日本史の科目特性

(1)マスターまでの所要時間

(2)暗記量

(3)本番での得点のしやすさ

共通テストで日本史を選択する場合に考慮すべきポイント

(1)暗記が好きか・得意か

(2)共通テスト社会科目で高得点を獲得する必要があるか否か

(3)共通テスト社会対策に時間を割くことが出来るか

共通テストの日本史を勉強する際に知っておくべき事

(1)共通テスト日本史の問題作成方針

(2)共通テスト日本史で問われる実質的な内容

共通テスト日本史の勉強法手順

(1)年間計画の目安

(2)最初にやるべき勉強

(3)インプットの勉強の際に注意すべき事

(4)流れをつかんだ後にやるべき勉強

共通テスト日本史の勉強にセンター過去問は使える?

(1)センター過去問の近時のものは最大限活用

(2)過去問演習の勉強のポイント

9割超への勉強法と対策

(1)一問一答について

(2)暗記のコツ

(3)図表・資料読み取りの考察問題

共通テスト日本史対策のおすすめ問題集・参考書

(1)参考書

(2)問題集



共通テスト日本史の科目特性


共通テスト日本史の対策と勉強を効率的に進めていくには、 共通テスト日本史の科目特性をまず知っておくことが重要になります。 以下では、他の共通テスト社会科目との比較の視点から、 共通テスト日本史の科目特性について説明していきます。

以下の分析は、当塾東大理三合格講師と当塾のオリジナルな分析結果です。

マスターまでの所要時間


以下は、8割までの得点を目安にマスターまでにかかる時間を比較分析したものです。

左から順にマスターまでに時間が必要になる科目です。

右に行くほどマスターまでの時間が減る科目です。

図1

世界史>日本史≧倫理政経≧地理


図1からわかるように日本史は共通テスト社会4科目の中でマスターまでに時間がかかる科目になります。

暗記の比重


左から順に暗記の比重が大きくなる科目です。

右に行くほど暗記すべきことが減る科目です。

図2

世界史>日本史≧倫理政経≧地理


図2からわかるように日本史は共通テスト社会4科目の中で暗記すべきことが多い科目です。 このことから図1で見たように8割までマスターするのに所要時間が必要となるのです。

本番での得点のしやすさ


以下は、平均点などではなく、実際に努力と得点がどの程度比例関係にあるかを考慮して分析した結果です。

左から順に得点が安定しやすい科目です。

右に行くほど得点が安定しにくい科目です。

図3

世界史=日本史>倫理政経>地理


共通テスト日本史はマスターするまでに暗記事項が多く時間がかかる反面、しっかりマスターすれば、 9割~満点を獲得しやすい科目と言えます。 ただし、今後の共通テストで図表や資料を用いた考察問題の作り方によってはこの結論も変わり得ますが、 今後数年間の共通テストの試験結果を見る必要があります。

共通テスト日本史を選択する場合のポイント


上記の科目特性を踏まえ、選択に際してのポイントを示しつつ、 共通テスト日本史選択がおすすめの受験生について分析します。

暗記が好きか、得意か


図2で示したように共通テスト社会4科目の中で暗記の比重が重いのが日本史です。 文系受験生は二次試験対策の延長で考えれば負担は大きくありませんが、 理系受験生はこの部分を考慮する必要があります。

共通テスト社会科目で高得点を獲得する必要があるか否か


図3で示したように、共通テスト社会4科目の中で日本史は本番で得点しやすい科目と言えます。 他方で、マスターにかかる時間や暗記量の多さというものが、ことに理系受験生にとって負担になります。

この場合に絶対的に考慮すべきは、志望校の合格点に占める共通テスト社会科目の得点比率です。 医学部や難関理系を目指す受験生は特に戦略的に重要になります。

例えば、東大の場合は共通テストの得点900点満点(リスニングを除いた得点)が110点に圧縮されます。 したがって東大理系受験生の共通テスト社会の得点は100点満点であっても12点程度、 80点の場合9.6点程度に換算されるにすぎません。 要するに共通テスト社会で100点を獲得しても80点を獲得しても 合否に占める得点差は2.4点程度にすぎないのです。

この現実を見る限り、共通テスト社会に多くの時間を割くよりも、 英語、数学、理科にその時間を割いた方が遥かに効率的なのです。

逆に、地方の国公立医学部などで共通テストの合格点に占める割合が高い大学においては 共通テスト社会の得点もバカにできない比率になるところもあります。

この場合には、共通テスト日本史も選択肢に入りますが、 各自の志望校の得点に占める共通テスト社会の得点割合も考慮してください。

共通テスト社会対策に時間を割くことが出来るか


共通テスト社会で高得点が欲しい状況の受験生であっても、他教科の仕上がり、 進捗状況によっては考慮すべき要素が増えます。

理系受験生の場合、共通テスト社会がそれなりに合格点に影響を与えるとしても、 英語、数学、理科に比べれば、共通テスト社会の合格点に占める得点比率は低いはずです。

あくまで、英語、数学、理科(国語があれば国語)対策を優先すべきであり、 共通テスト社会科目の対策は最小限に抑えるのが受験戦略上得策です。

共通テストの日本史を勉強する際に知っておくべき事


具体的な勉強法と対策に入る前に、まず共通テスト日本史でどのような出題がなされるかを 知っておきましょう。

問題作成方針


まずは問題作成者である大学入試センターの問題の作成方針を見てみましょう。

歴史に関わる事象を多面的・多角的に考察する過程を重視する。 用語などを含めた個別の事実等に関する知識のみならず, 歴史的事象の意味や意義,特色や相互の関連等について, 総合的に考察する力を求める。問題の作成に当たっては,事象に関する深い理解に基づいて, 例えば,教科書等で扱われていない初見の資料であっても, そこから得られる情報と授業で学んだ知識を関連付ける問題, 仮説を立て,資料に基づいて根拠を示したり,検証したりする問題や, 歴史の展開を考察したり, 時代や地域を超えて特定のテーマについて考察したりする問題などを含めて検討する。
(出典:大学入試センター公式HP


共通テスト日本史で問われる実質的な内容


 

従来のセンター日本史では、
●教科書に載っているような基本的な知識がおさえられているか
●その出来事が生じた時代背景
●「いつ、どのような事がきっかけで、誰が、何のために、何をしたのか」
が主に問われていた試験です。

共通テスト日本史ではこの点は同様であるが、 資料読解や歴史に対する大局的な視点を問う問題が非常に多くなる。 資料読解問題は従来のセンター試験でも出題されていたが、それは単に資料を正確に読み取れれば正解が導けた。 しかし、共通テストでは自分の持つ知識と組み合わせなければ正答に至れない問題となっている。 単なる一問一答的な知識だけでは対応できない問題が数多く出題されるようになり、 一問一答を仕上げるだけでは高得点はもはや不可能になった。

このような問題で高得点を獲得するには、 横のつながりと縦のつながりを意識しながら教科書(もしくは代用参考書)を読む必要がある。 横のつながりとはある時代の中での政治、経済、社会の関係であり、 縦のつながりとは時代間の相違点である。 この点を意識して知識を整理して繋げてブラッシュアップしていくことが 資料読解や歴史に対する大局的な視点を問う問題で高得点を獲得する絶対的な対策になる。

この実質的な内容が、共通テスト日本史では問われていると意識できると 効率的にマスターしていく助けになります。

共通テスト日本史の勉強法手順


以下では、共通テスト日本史対策の年間計画の目安と勉強の手順について順を追って説明していきます。 二次試験で日本史を選択している文系受験生は別の年間計画になりますが、 ここでは理系受験生を主たる対象に説明を加えます。

年間計画の目安


7月~10月を目途に知識のインプット・知識の整理
11・12月~共通テスト本番を目途に共通テスト演習⇔参考書・問題集のサイクル学習

最初にやるべき勉強


11月までは教科書や参考書(「大学入試共通テスト 日本史Bの点数が面白いほどとれる本」(KADOKAWA)など)を使って、 必要となる知識をインプットしていくことが必要になる。 学校の授業で日本史を選択している場合、定期試験ごとに一度は詰め込みで暗記する機会があるだろう。 詰め込みはしばらくすると忘れてはしまいがちだが、 初期の記憶への印象付けとしてはなかなか有効であるために、 定期試験や共通テスト模試などを上手く活用して欲しい。 一度の詰め込みでは忘れがちとはなるが、 それも2周目3周目と確認していくうちに以前の断片的な記憶が繋ぎ合わさって、 着実な知識体系の成立に繋がる。

インプットの勉強で意識すべき事


知識を教科書や参考書等でインプットしていく際には、
個々の出来事を単に一つ一つ覚えていくというよりは、 その出来事が生じた時代背景というものを常に学習の際に意識していくとよい。 「いつ、どのような事がきっかけで、誰が、何のために、何をしたのか。」 これを自分の中で答えられるようにしながら学習を進めていくと、 歴史が一つのストーリーのように繋がっていくために覚えやすく、 また勉強自体も楽しいものになるだろう。

時代に沿った学習と併行して行っていくと良いのがテーマごとの学習。 例えば農業に関する話は、各時代の記載量は少ないが、ほとんど全ての時代に登場する。 教科書は時代に沿って書かれているため、これらの記述は飛ばし飛ばしで登場し、 全体としてどのように発展していったかの流れが見えにくい。 そこで自分自身で農業に関する出来事を教科書から取り出しノートなどにまとめておくと、 時代ごとの流れが見えやすくなる。

流れをつかんだ後の勉強


ある程度流れがつかめた後は、共通テスト過去問(一定程度過去問が集積するまでは 試行調査問題、センター試験過去問)を解いてアウトプットを行ない、 適宜今まで読んできた参考書もしくは教科書に戻って足りない知識は補っていく。

共通テスト日本史の勉強にセンター過去問は使える?


共通テストでは与えられた文章や資料から考察して正解を導く問題が増える傾向にありますが、 この考察問題であっても考察の大前提になるのは基礎知識です。 ですのでこの観点からセンター過去問を有効活用しましょう。

センター過去問も最大限活用


共通テスト過去問(過去問が一定程度集積するまでは試行調査問題、センター過去問)は 最大限に活用してください。 共通テストの過去問は施行開始後極めて少ないので、 センター試験の過去問(もしくはそれを共通テスト用に編集した問題集)を使うとよいでしょう。 センター試験過去問は難易度・問題形式ともに共通テストと似通っている問題も多く、 基礎を問う良質な問題がそろっています。

過去問演習の勉強のポイント


過去問演習や問題演習は、問題に正答できるかどうかよりも、 問題演習を通して知識を身につけていくことに主眼を置いてください。 したがって、あっていた問題、間違っていた問題に関わらず、 解説を読み込み、関連する知識を身につけていくことが大切です。

9割超への勉強法と対策


以下では、効率的に共通テスト日本史をマスターするために注意すべき勉強法と対策について説明します。

一問一答について


従来版の『山川一問一答日本史』(山川出版社)などは 共通テストをターゲットとしたものではないためこれを使う必要はない。 一問一答を使うなら『大学入学共通テスト 日本史Bの点数が面白いほど取れる一問一答』(KADOKAWA) をお勧めする。ただしあくまでベースとする教科書もしくは代用参考書の補助的なものとして位置付けてほしい。

暗記のコツ


インプットのところでも述べましたが、知識を参考書等でインプットしていく際には、
横のつながりと縦のつながりを意識しながら教科書(もしくは代用参考書)を読むことが大事です。 横のつながりとはある時代の中での政治、経済、社会の関係であり、 縦のつながりとは時代間の相違点です。 この点をを意識して抑えていくことが重要です。 共通テストの問題の性質上この部分はより重要性を増します。

資料読み取りの考察問題


図表や資料の題材としては必ずしも見たことがあるもの知っているものが使われるとは限りません。 なんだこれ?というものも出てくるでしょう。 しかし、あくまで正解を導くために要求されている知識自体は教科書の範囲を超えません。 結局知識が前提となっています。それをもとに考察して正解を導くことが要求されているにすぎません。 そのため知識は普段から使えるようにしっかりと入れておきましょう。 知識があっても読み取るポイントがわからなければ時間を浪費することになるので 問題演習を通じてこの点もマスターしておきましょう。

共通テスト日本史対策おすすめ問題集・参考書


理系受験生の場合、共通テスト日本史対策に割くことのできる時間は限られます。 その中でいかに早く全体像をつかむかが重要になってきます。 やるべきものは絞りましょう。

参考書


・教科書 例)山川出版社 「詳説 日本史」
多くの人が持っているであろう日本史の教科書。 共通テストは教科書の範囲内で作られているものであり、 基本的に知識の確認はすべてこの一冊で足りる。

・『大学入学共通テスト 日本史Bの点数が面白いほどとれる本』(KADOKAWA)
文章が読みやすく、流れを意識して書かれているので内容が頭に入りやすい。 日本史で高得点を狙う場合基本的には教科書をお勧めするが、 教科書では読みにくいという方にはこちらもあり。

・『大学入学共通テスト 日本史Bの点数が面白いほど取れる一問一答』(KADOKAWA)
上記の「大学入学共通テスト 日本史Bの点数が面白いほどとれる本」と対応しているため、 これを読みながら一問一答を解いていくというふうに使うとインプットとアウトプットの バランスが取れ、効果的に記憶に残すことができるだろう。

・資料集 例)浜島書店 「新詳日本史」
文章とは別に何か図や写真・資料を確認できる参考書を手元に一つ用意しておきたい。 特に高得点を狙うのであれば、有名な文化財については一通り写真などでチェックしておくとよい。

問題集


・過去問集,予想問題集

当塾の方針としては本来は過去問集がベストであるが、 まだ共通テストは始まったばかりで過去問が出揃っていない。 だだ、問題演習は知識のアウトプットには非常に重要なので、 センター試験の過去問題集を共通テスト用に構成したものや共通テストの 予想問題集に取り組むと良いだろう。 「知識の範囲などにおいて必ず共通テストをターゲットとしたものを使う」 という点に留意すれば、教学社、駿台、河合のものなどどれを選んでも問題はない。 書店で中身を比較してみて自分が好きなものを購入すれば良いだろう。

◀ 共通テストの勉強法|9割超への対策 トップページへ戻る


AUTHOR

叡学舎・叡学会(株)合格の天使公式サイトトップページ
究極の受験指導を実現し
第一志望合格へ導く

30名超の東大理三合格/東大医学部講師及び東大理系・文系上位合格層講師 を擁し受験指導の究極を実現し第一志望校合格へ導く

「受験指導の究極」「受験指導の最高峰」と称される 比類なき高質の『ネット塾』『リアル塾』『映像授業』を全国の受験生にご提供し圧倒的合格率を誇る
公式サイト トップ

※エンブレム及びキャッチフレーズは登録商標です

※本サイト内コンテンツ一切の著作権は叡学舎・叡学会(株)合格の天使に帰属します

東大理三合格講師陣

東大理三合格/東大医学部講師陣

著書

「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】
 「受験の叡智」
【受験戦略・勉強法の体系書】
~共通テスト完全対応版~

2014年の初版出版以来
■「Amazon」勉強法本
ベストセラーランキング👑1位👑

■「楽天ブックス」学参・問題集部門
ベストセラーランキング👑1位👑

を何度も獲得。ご購読ありがとうございます。
「受験の叡智」
【受験戦略・勉強法の体系書】
「医学部」受験の叡智【受験戦略・勉強法の体系書】
 「医学部」受験の叡智
【受験戦略・勉強法の体系書】

当塾が誇る東大医学部講師陣が総力を挙げ全国の医学部の問題をすべて分析し、対策を記した医学部合格への必読の書

「医学部」受験の叡智
【受験戦略・勉強法の体系書】

受験指導 一覧

ネット塾 全国トップの圧倒的充実指導と圧倒的実力指導を実現した受験指導を全国のみなさんへ! ネット塾一覧 受講生の大半にセンター試験800点超の得点を獲得させ医学部医学科、東大、京大、旧帝大、難関国立、早慶私大等へ驚異的合格率を誇るネット塾(WEB個別指導)。東大医学部・東大理三・東大生講師による科目・質問数無制限の個別指導
ネット塾  一覧
リアル塾 東大理三合格講師複数名から直接個別指導を受けられる最高実力個別指導! リアル塾一覧 30名超の東大理三合格講師を大量投入。受験界最高品質・最高実力指導と講義が受けられる鉄壁の医学部・難関大学対策を可能とする大学受験塾
リアル塾 一覧
映像授業一覧 医学部・東大・旧帝大・難関国立・早慶合格、共通テスト9割超へ導く秘蔵の講義。単なる問題解説講義とは次元を異にする圧倒的実力をつけることを可能とした画期的講義。
映像授業 一覧
合格実績 医学部・旧帝・難関国立・早慶合格へ導く驚異的な合格実績。一切の入塾試験を課さずに受験界最高次元の結果を叩き出す。
合格実績

お問い合わせ


合格の天使公式LINE@ TEAM叡智 大学受験勉強法や受験戦略、勉強計画等、大学受験対策について時期に応じたタイムリーなコンテンツをご提供する合格の天使公式LINE@
LINE@登録

コンテンツ 目次

受験戦略

共通テスト対策と勉強法

大学受験勉強法と対策

大学受験勉強計画

モチベーション維持法

大学受験の基礎知識

保護者の「受験成功法則


お問い合わせ


合格の天使公式LINE@ TEAM叡智 大学受験勉強法や受験戦略、勉強計画等、大学受験対策について時期に応じたタイムリーなコンテンツをご提供する合格の天使公式LINE@
LINE@登録