センター国語、現代文9割超への勉強法と対策

大学受験の受験戦略、勉強法、勉強計画、学習指導のWEB個別指導/ネット塾 叡学舎・叡学会 (株)合格の天使




公式サイトトップ>>無料のネット塾>>センター試験勉強法と対策法>>センター国語 現代文の勉強法|9割超への対策

センター国語 現代文の勉強法と対策

センター国語 現代文の勉強法と対策

センター国語 現代文の勉強法と対策

センター国語 現代文の勉強法と対策では、センター国語 現代文で9割超の得点を獲得するための勉強法、センター国語 現代文で高得点を獲得するための勉強法と対策についてお伝えしていきます。センター国語 現代文で目標得点を獲得しましょう。

センター国語大問ごとの出題

    例年以下の構成は変わっていません。
    大問1 評論
    大問2 小説
    大問3 古文
    大問4 漢文

評論問題の分析

    毎年漢字が5問、内容を問う問題が5題程度出題される。 漢字は中学高校で習うレベルの基本的な物ばかりなので確実に得点するようにしたい。 読解問題については形式が多少変わる事があっても、 本文の論理をしっかりと読みとれていないと正解できない問題ばかりである。 適当に本文に出てきた単語を抜き出すだけでは引っ掛け選択肢に惑わされてしまう。 最後の問では、全体の構成や内容を理解しているかどうかが特に重要である。 逆に全体を見直して最後の問と整合性が取れるかどうか確認するのも効果的な見直しになる。 日ごろから文章の構造に注目して読む訓練をしておくと良い。

小説問題の分析

    日本語の短い言い回しの意味を問う問題が3問、内容を問う問題が5題である。 慣用句の意味などある程度の常識的な知識が聞かれる。 読解では基本的に人物の心情が問われる。 年度によっては物語の内容がやや難解であったり、感情移入しにくかったりする場合がある。 一度読んで心情を想像できなくても、必ず本文の中に解答の根拠はあるのであきらめずに 探す事が重要である。 また、解説をしっかりと読んで、本文のどのような記述がどのような心情描写になるかという 傾向をつかんでおくと良い。

センター国語 現代文対策・勉強法の基本方針

    【文系受験生】

    2次試験・私大試験がある文系受験生は入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ) 等でまず読解の基礎・作法を学んだら志望校の過去問演習で徹底的に読解力・記述力・論述力を鍛え(選択肢問題があれば選択肢の消去法や確実な選び方を過去問基準で学ぶことが重要)+センター過去問演習で徹底的に解法や消去法等の選択肢の確実な選び方を学ぶことをお勧めする。

    【理系受験生】 

    2次試験がある理系受験生は文系受験生と同じ基本方針。センター試験しかない理系受験生は入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ) 等でまず読解の基礎・作法を学んだらセンター過去問演習で徹底的に解法や選択肢の確実な選び方を学んでいくことをお勧めする。

    この点について、国語、現代文の受験戦略・勉強法・受験勉強計画も含め全体的な勉強法や更なる詳細な勉強法を知りたいという方は「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】をご覧ください。常に手元において読み返してください。あなたの第一志望校合格に必ず役立つ一冊です。

センター国語 現代文攻略の肝

センター現代文「評論」の読解のポイント

    センター試験の現代文の問題では、評論と小説があり、1⃣が評論、2⃣が小説という構成になっています。これらを、基本的にどういうふうに読解していくかということはセンター試験であっても2次試験であっても同じです。

    評論問題については、筆者が言いたいことを伝えるために、文章がどういう論理的構造を持っているかということを見極めることが大事です。たとえば、「筆者の伝えたいことがaではなく、bが筆者の伝えたいことなんだ」であるとか、「aでもbでもなく、筆者の伝えたいことはcなんだ」というふうに文章全体がどういう構造を持っているかということを常に読解するうえで意識して、筆者が伝えたいことを見逃さないこと。これがもっとも重要なポイントになります。

センター現代文「小説」の読解のポイント

    小説の問題では、登場人物がどういった心情からどういった行動をとるのか、その原因と結果、どういうふうに思ってこの行動をとったのか、ということを考えて着目していく。もちろん考えるといっても、勝手に想像するのではなくて、文章の中からその心情の根拠となるところをしっかり見つけて、想像ではなく、きちんと読解をしていくということですね。

    これは評論にも言えることですが、筆者の伝えたいこと、もしくは登場人物の心情というを想像して勝手に決めつけるのではなく、きちんと文章の中から根拠を見つけていく、その姿勢は忘れないようにしてください。小説では登場人物の心情に着目しながら読む(心情表現に着目しながら読む)しかし、自分の主張を入れずに客観的に読むのということが重要なポイントです。

センター国語で高得点を獲得するための鍵

    読解のポイントについては以上挙げたとおり、2次試験と同じ方法論で進めていけば良いのですが、センター試験の場合、2次試験と違って答えを記述式で書かせるのではなくて、選択肢から選ばせるという特徴があります。これがどういうふうに影響するかというと、よく一般的に言われるとおりに、現代文というのは数学とは違って「絶対にこれ」という答えが存在しないわけですね。

    にも関わらず、センター試験のように、選択肢を設けて、そこから選ばせるという形式をとっているということは、選択肢の中で正解となるものは「どこからも文句のつけようがなく、客観的に正解である。」言い換えると「これが間違いである」と絶対に指摘できない、そういった選択肢が正解になるわけです。

    ということはセンター試験の選択肢を選ぶうえだでは、正解となるものを選ぶことよりも間違っているものを消す、つまり、客観的に、「これは間違いである」と言えるものをどんどん消していく、そういった消去法で臨むのが基本になります。ですので、それぞれの選択肢を見て、それが不正解であるのか、間違った選択肢の特徴をつかんで見極める力が必要になります。

    以下で評論と小説それぞれの選択肢の選び方のポイントを解説していきます。

センター現代文「評論」問題の選択肢の選び方のポイント

    評論の問題では(小説でも言えることですが)、各選択肢が決まった形で書かれているということがポイントです。たとえば「~はaでbである」という形がまずあって、その上でaやbに入るものが選択肢によって変わるというように、それぞれの選択肢が全く違った形ではなく、決まったテンプレートに沿って書かれているのです。

    ですので、その違った部分それぞれについて、どういった内容がくるべきかに着目することが大事です。たとえば「~というのが~という特徴があり、その結果~である」というような選択肢の形があったとすると、特徴の部分とその結果の部分というのは必ず対応していなければなりません。特徴の部分と結果の部分が全く対応していない、全く関係ない事柄で書かれている、そういった選択肢があるとすると、その選択肢は間違いである可能性が高くなります。

    ですので、やみくもに正解の選択肢を探すというよりも選択肢のこの部分に入るものはどういった内容がくるのか、というのを念頭において、本文の中から正解の根拠となるものを探して不正解のものを消していくという方法論で進めると、選択肢問題が一気に解きやすくなります。また、図や表などを使うこともそういった対応関係を理解するのに便利なツールとなります。

    [センター現代文「評論」問題の選択肢の選び方のポイント]

    各選択肢は決まった形で書かれていて(ex. Aは○○で□□である)中身だけが違うので、それぞれにどんな内容が入るべきかを考えて、消去法を使う。図などを使うと良い。

センター現代文「小説」問題の選択肢の選び方のポイント

    小説の場合も、基本的な選択肢の選び方というのは評論と変わりません。特に小説の場合は、登場人物がどういった原因でどういった心情になったのか、ということを説明させる選択肢が多く存在します。これを解く場合も同じように、まず原因から考えていって、登場人物がどういった出来事を経験した結果、どう思ったのか、考えていきましょう。

    特に、心情を説明させる場合は、心情というのが本文中には直接的に書かれていなくて、その直接書かれていない心情が表れて文章中の表情ですとか、登場人物の行動といった形で表現されているということが多いです。つまり、元となる原因が書かれていて、そして登場人物の表情とか行動といった描写がある、そして、その中間の心の動きを考えさせる問題が多くあるということです。ということはやはり、この原因と結果の穴埋めを解くためにも、論理的な対応関係を掴んでいく事というのが大事なのです。

センター現代文の選択肢問題以外のポイント

    センター現代文の選択肢問題以外についてですが、1⃣評論問題の最初にある5つの漢字の問題、そして2⃣小説の問題の最初にある言葉の意味を答えさせる問題に関しては、知識があれば解ける、それ以降の問題よりも得点がしやすい、ですのでこういった問題を確実に取れるようにしておきましょう。配点として僅かだと思えるかもしれませんが、漢字問題では全部で10点、言葉の意味の問題では全部で9点となって、合計で19点となっているので、これは決してないがしろにできる点数ではありません。ですので苦手意識のある方は、必ず対策をしておきましょう。

センター国語の時間短縮の最重要ポイント

    評論、小説、古文・漢文で共通しますが、「問題を解く手順」というのに気をつけるようにしてください。これがセンター国語全体、すなわちセンター現代文 ・古文・漢文を時間内に解ききりかつ高得点を獲得するための肝です。

    センター国語のだいたいの問題は、空欄や傍線部というのがあってそれに関して知識を問うたり、説明させたりする問題になっているのですが、解く手順の基準を以下に示します。

    (1)まず最初から文章を読んでいく

    (2)問題となっている空欄や傍線部にいきついたらそこからその部分に関する設問に飛ぶ

    (3)設問を読む

    (4)選択肢をチェックする

    [説明問題の場合]

    説明問題の場合は、選択肢をすべてチェックして、なにを探すべきかというのを確認するようにしてください。何を探せば、この選択肢1つに絞れるかというのを確認してから、もう1度文章に戻って、その根拠となるものを探します。

    だいたいセンター国語の場合は、その根拠があるところというのは、問題の該当箇所、傍線部や空欄のある部分、それまでの文章とだいたいその該当部分のちょっと後まで、そこらへんが範囲になっているので、該当部分までの文章と該当部分のちょっと後、1段落とか、同じ場面の文章、そこまでを範囲にして先ほど選択肢を読んでチェックした探すべき事柄というのを探します。そして根拠が見つかったら、それを元に選択肢を消していって、1つに絞る、そういう手順です。

    [全体の内容を問う問題]

    説明問題とは異なり、全体の内容を問う問題、具体的には評論とか小説の最後の問題で文章全体について表現技法とか内容について問う問題があります。そういった問題の場合は、このように該当部分に飛ぶということができないので、そういう全体に関する問題については、文章を読むうちのだいたい段落ごととか、場面ごと、1段落読むごととか1つの場面が終わるごとに、最後の問題に飛んで、そしてその時点で確実に消去できるもの、これは違うといえるものを消去していく、そのようにすれば、最後の問題になった時にも、最後の問題に進んだ時も、そこでいちいち最初から文章を読む必要がなくなるので、読む手間というものを省くことができます。それで時間短縮になりますし、他の問題でじっくり考えることができるわけです。

    以上の部分は以下の音声動画を文字化したものです。復習の意味もかねて音声動画をお聞きください。※この音声動画は数年前にYouTubeにアップしたものです。したがってご紹介している講座や講義については当時のものです。現在の講座や講義につきましてはこの公式サイトのTOPページをご覧ください。

    【音声動画】「センター国語/現代文・古文・漢文の問題文の読み方・問題の解き方、時間短縮のコツ」

    センター試験872点獲得東大理三合格講師槇

センター国語/現代文・古文・漢文の大問ごとの時間配分の目安

    センター英語、センター数学の勉強法と対策のところでもお伝えしましたが、時間配分の目安というのは本番でわからない部分で考え込んだり、パニックになることを防ぐためにあらかじめ大問ごとに目安となる時間を決めておくという意義と、日々の勉強でこの目安時間内に問題を処理できるように対策をしていくという意義があります。

    あくまでここに掲載するものは目安です。個人個人多少の違いはあってもかまいません。大事なことは上で述べた2つの大きな意義をしっかりと理解して自分なりの目安を持っておくということです。以下センター国語全体すなわちセンター現代文(評論・小説)、古文・漢文の時間配分の目安を示しておきます。

    [センター国語の時間配分についての目安]

    第1問 25分

    第2問 25分

    第3問 15分

    第4問 15分

現代文のセンター過去問のポイント【動画】

    日々の勉強としてセンター過去問演習を通じて何を得ていくべきなのかの具体例としてセンター現代文完全攻略レクチャーの一部を無料提供しますので参考にしてください。



    この動画は講義の一部にすぎませんが、映像配信講義「センター現代文完全攻略レクチャー」「センター古典完全攻略レクチャー」では、問題文の読み方や問題を解く手順、評論・小説・古文・漢文についてそれぞれ選択肢の選び方の鉄則についてまで詳細に解説講義しています。興味のある方はこちらのページをご覧ください。

知らないと損をするセンター現代文の隠された真実

    「センター現代文」の得点を安定させる対策は明確にあります。

    「現代文」が苦手であっても「センター現代文」で9割弱~9割超の得点を確実に獲得する対策は可能です。センター現代文というのは、難関理系学部志望受験生にとっては悩みの種になっている方も多いと思います。文系受験生でも苦手な方には同様ですね。

    しかし「センター現代文」は問題文の読み方、評論・小説・古文・漢文でそれぞれの選択肢の選び方の鉄則がありそれについてしっかりと対策し、自分のものとすれば「センター現代文」で9割弱~9割超の得点を確実に獲得することは難しいことではないのです。

    センター現代文というのは、一般に水物とか失敗の多い科目と言われていますが、実は、的確な読解のポイント、選択肢の選び方のポイントを網羅的に得てしまえば他の科目よりもはるかに短時間でかつ確実に高得点を獲得できる科目なのです。

    センター現代文が苦手とか得点が安定しないという方は以下のことを考えてみてください。

    センター現代文の文章を納得するまで理解しようと何度も読んでいる時間はありますか? ないですよね。

    選択肢を見てあーだこーだ考えて、また同じ文章に戻ってってやっていたら時間足りますか?足りないですよね。

    場当たり的に問題を解いていたら点数がよいときと悪い時がバラバラになりますよね?

    これらはすべて当たり前です。

    こういった部分に対してしっかりとした具体的な対処法を持っていますか?

    実践できるレベルまで落とし込めていますか?

    鉄則のレベルはどんな問題にも普遍的に対応できるレベルですか?

    そうでないなら、あなたの「センター現代文」の得点はまだまだ伸びます。

    「現代文」が苦手だからと言ってあきらめるのは本当にもったいないです。得点を獲得すべき点に焦点を当てられず対策している時間も非常にもったいないです。

    自分の志望校が、自分の将来の夢が、「センター現代文」ごときにつぶされることがないようにしてください。ちょっと好ましくない表現かもしれませんが、実際にセンター現代文が足を引っ張っているなら、そう考えて対策することが必要です。

    苦手と思っていても、センター現代文を克服することは可能です。今まで安定した得点を獲得できていなくても得点を安定させることは可能です。しっかりとした対策をしていってください。

    (時間もないし、対処法がわからない・確立していない、効率的な対策をしたい、鉄則を網羅的に手に入れたい、という方はセンター現代文完全攻略レクチャーをご覧ください。圧倒的結果がすべてを実証する他では手に入らないセンター現代文で高得点獲得を可能とする珠玉の講義です。その年度の販売終了の際はご容赦ください。)

センター現代文対策概略【音声動画】

    【音声動画】センター現代文対策概略

    センター試験872/900点獲得 東大理三合格講師槇

    以上お伝えしてきたセンター現代文対策・勉強法は主として以下の音声動画を文字化したものです。復習の意味もかねて音声動画をお聞きください。※この音声動画は数年前にYouTubeにアップしたものです。したがってご紹介している講座や講義については当時のものです。現在の講座や講義につきましてはこの公式サイトのTOPページをご覧ください。

まとめ

AUTHOR

叡学舎・叡学会
(株)合格の天使
叡学舎・叡学会(株)合格の天使公式サイトトップページ
究極の受験指導を実現し
第一志望合格へ導く

■東大「理三」/東大2回合格講師
センター試験872/900
■東大「理三」「次席」現役合格講師
センター試験867/900
■東大理二「首席」現役合格講師
センター試験881/900
■東大医学部医学科推薦合格講師
数学オリンピック銀メダリスト
■東大理一「首席」現役合格講師
数学オリンピック金メダリスト
センター試験873/900
■地方公立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験877/900
■地方公立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験864/900
■地方公立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験851/900
■地方公立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験871/900
■地方私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験869/900
■地方私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験868/900
■都内私立⇒東大「理三」現役合格講師
国際数学オリンピック銀メダリスト
■地方私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験855/900
■地方私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験840/900
■都内私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験830/900
■地方私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験864/900
■地方私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験801/900
■地方私立⇒東大「理三」現役合格講師
センター試験867/900
■地方公立⇒東大文一現役合格講師
センター試験843/900
■地方公立⇒東大文一現役合格講師
センター試験9割超
■都内私立⇒東大文一現役合格講師
センター試験9割超
■地方公立⇒東大文二現役合格講師
センター試験848/900
他、優秀な東大理一・東大理二・医学部医学科合格講師
を擁し受験指導の究極を実現し第一志望校合格へ導く

「受験指導の究極」「受験指導の最高峰」と称される比類なき高質の『WEB個別指導 ネット塾』『大学受験のリアル塾』『映像授業』を全国の受験生にご提供し圧倒的合格率を誇る
公式サイト トップ

※エンブレム及びキャッチフレーズは登録商標です

※本サイト内コンテンツ一切の著作権は叡学舎・叡学会(株)合格の天使に帰属します

著書

「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】
 「受験の叡智」
【受験戦略・勉強法の体系書】
~完全版~


■「Amazon」勉強法本
ベストセラーランキング👑1位👑

■「楽天ブックス」学参・問題集部門
ベストセラーランキング👑1位👑

を何度も獲得。ご購読ありがとうございます。
「受験の叡智」
【受験戦略・勉強法の体系書】
「医学部」受験の叡智【受験戦略・勉強法の体系書】
 「医学部」受験の叡智
【受験戦略・勉強法の体系書】


当塾が誇る東大医学部講師陣が総力を挙げ全国の医学部の問題をすべて分析し、対策を記した医学部合格への必読の書

「医学部」受験の叡智
【受験戦略・勉強法の体系書】
「毎日新聞社」【サンデー毎日】
メディア掲載
毎日新聞社「サンデー毎日」
当社掲載記事
毎日新聞社 サンデー毎日

受験指導 一覧

ネット塾 全国トップの圧倒的充実指導と圧倒的実力指導を実現した受験指導を全国のみなさんへ! ネット塾一覧 受講生の大半にセンター試験800点超の得点を獲得させ医学部医学科、東大、京大、旧帝大、難関国立、早慶私大等へ驚異的合格率を誇るネット塾(WEB個別指導)。東大医学部・東大理三・東大生講師による科目・質問数無制限の個別指導
ネット塾  一覧
リアル塾 東大理三合格講師複数名から直接個別指導を受けられる最高実力個別指導! リアル塾一覧 『東大理三/東大2回』『東大理三「次席」』『東大理二「首席」』『地方公立⇒東大理三』『地方公立⇒東大理一』『東大理二』『東大理一』合格講師の個別指導と講義が受けられる鉄壁の医学部・難関大学対策を可能とする大学受験塾
リアル塾 一覧
映像授業一覧 医学部・東大・旧帝大・難関国立・早慶合格、センター9割超へ導き続ける秘蔵の講義。単なる問題解説講義とは次元を異にする圧倒的実力をつけることを可能とした画期的講義。
映像授業 一覧
合格実績 受講生の9割程度をセンター試験9割、医学部・東大・旧帝・難関国立・早慶合格へ導く驚異的な合格実績。一切の入塾試験を課さずに受験界最高次元の結果を叩き出す。
合格実績

お問い合わせ


合格の天使公式LINE@ TEAM叡智 大学受験勉強法や受験戦略、勉強計画等、大学受験対策について時期に応じたタイムリーなコンテンツをご提供する合格の天使公式LINE@
LINE@登録

コンテンツ 目次

受験戦略

大学受験勉強法と対策

大学受験勉強法 総論

大学受験勉強法 各論

センター試験勉強法

大学受験勉強計画

モチベーション維持法

大学受験の基礎知識

保護者の「受験成功法則


お問い合わせ