医学部医学科、東大、旧帝大、早慶等 難関大学合格に強い大学受験塾

難関大学合格のための大学受験塾 叡学舎・叡学会 (株)合格の天使

大学受験塾(株)合格の天使公式サイトトップ>>難関大学合格のための大学受験塾|東大医学部生・東大生の個別指導

難関大学・医学部合格へ必要なすべてが最高次元で手に入る少数プラチナチケット
東大、医学部医学科へスペシャル指導を行う大学受験塾

難関大学・医学部合格へ導く大学受験塾

東大理三/東大文一合格講師による
「全教科対応の個別指導」+「計画立案・勉強法指導」
医学部・東大・旧帝大等の難関国公立
早慶等の難関私大合格を掴む!

「あなたの第一志望校合格可能性を最大限に高められるこれ以上の指導は存在しない」という指導を追求・実現させた大学受験塾。受験界最高結果を叩き出したすべてのノウハウ・思考・本質的理解等、圧倒的実力を手に入れる。

『あなたの第一志望校合格可能性を最大限に高められるこれ以上の指導は存在しない』という指導を追求・実現した大学受験塾。

所在地:東京都文京区本郷5-3-3本郷ビル1F・2F 東大徒歩5分
最寄り駅:地下鉄丸ノ内線本郷3丁目駅より徒歩5分 都営大江戸線本郷3丁目駅3番出口から徒歩5分

 東大理三/東大文一合格講師による全教科対応の個別指導+計画・勉強法指導


難関大学受験塾のクオリティー

日本最難関の東大理三合格講師を中心に東大理系・文系学部さらには早慶主要学部を攻略した東大合格講師陣が叡智を結集。 あなたを医学部、東大、旧帝大、難関国立、早慶私大合格へ全力で導くスペシャル指導

ボタン 東大「理三」「次席」合格講師 小団扇 嘉仁(東大医学部医学科):センター試験867/900
ボタン 東大「理三」合格講師(地方公立高校⇒理三合格)安藤 晃太(東大医学部医学科):センター試験877/900
ボタン 東大「理三」合格講師(地方公立高校⇒理三合格)正門 史也(東大医学部医学科):センター試験864/900
ボタン 東大「理三」合格講師(地方公立高校⇒理三合格)花村 優太(東大医学部医学科):センター試験851/900
ボタン 東大「理三」合格講師(地方私立高校⇒理三合格)深川 晴登(東大医学部医学科):センター試験869/900
ボタン 東大「理三」合格講師(地方私立高校⇒理三合格)江尻 悠一郎(東大医学部医学科):センター試験868/900
ボタン 東大「理三」合格講師(国際数学オリンピック銀メダリスト)佐伯 裕紀(東大医学部医学科):センター試験828/900
ボタン 東大医学部医学科「日本初」推薦合格講師 笠原 千晶(東大医学部医学科):ヨーロッパ女子数学オリンピック銀メダリスト

ボタン 東大「理三」合格講師(私立高校⇒理三合格)今井 和樹(東大医学部医学科):センター試験855/900
ボタン 東大「理三」合格講師(地方私立高校⇒理三合格)黒木 優佑(東大教養学部理科三類):センター試験840/900
ボタン 東大「理三」合格講師(都内私立高校⇒理三合格)徳永  海(東大医学部医学科):センター試験830/900
ボタン 東大理二合格講師(都立トップ高校首席合格)山本:センター試験9割
ボタン 東大文一合格講師(地方公立高校⇒文一合格)沼尾:センター試験9割超
ボタン 東大文一合格講師(地方公立高校⇒文一合格)河尻:センター試験843/900
ボタン 東大文二合格講師(地方公立高校⇒文二合格)松井:センター試験848/900

プラス記号

ボタン東大「理三」/東大2回合格講師 槇 浩彰(東大医学部医学科):センター試験872/900
ボタン東大理二「首席」合格講師 大久保 颯(東大医学部医学科):センター試験881/900
等、過去に在籍した日本トップの実力を有する講師陣が蓄積したノウハウすべての叡智を結集し、 東大医学部生、東大理三合格、東大生講師から確実に実力を伸ばす、個別指導と講義が受けられる難関大学受験塾

「理系受験生」「文系受験生」を問わず、難関大学合格を目指す受験生に全国トップの実力指導・充実指導をご提供する難関大学受験塾です。

 オリジナル理論・メソッドに基づいた「圧倒的実力指導×圧倒的充実指導」


難関大学受験塾のクオリティー

「個別指導」
受験界最高次元の個別指導:難関大学合格に有益なこれ以上の実力指導はありません

ボタン「あなただけの合格戦略・合格計画の策定」
ボタン「受験戦略、勉強法、勉強計画の個別指導」
ボタン「あなたの現状に応じた問題集・参考書の選定」
ボタン「わからない部分・わからない問題の科目・質問数無制限の説明指導・回答指導、添削指導」
ボタン「毎週の進捗報告で計画・勉強法の軌道修正」
ボタン「勉強の方向性・理解の確認をチェックし常に最大効率を維持」
ボタン「個々人の実力や現状に鑑みた課題の付与」

個別指導受講生への援護射撃!

2018受講特典
※ただし、定員に足し次第予告なく募集を締め切りますゆえお申し込みはお早めにお願いします。



難関大学受験塾のクオリティー

「講義」

各教科を難関大学合格レベルに押し上げる圧倒的受験結果を有する講師陣のノウハウの結集

「講義」は必要なものを必要な教科、個別指導の受講料とは切り離し、別途受講料で受講していただけます。 「個別指導」のみを受講することももちろん可能です。

ボタン当塾の専売特許ともいえる 『受験戦略・勉強法講義』:個別指導受講生にはデフォルト設定!
ボタン 『教科書+「本質的理解」修得講義』オプション
ボタン 『受験標準問題+「一般化脳」修得講義』オプション
ボタン「得点脳」修得講義=ミニ・マックスメソッド講義』オプション
ボタン 「センター試験完全攻略レクチャー」オプション

「受験戦略・勉強法WEB指導塾」は当社の登録商標です。
「ミニ・マックスメソッド」は当社の登録商標です。
「基礎習得の3分類」理論、「一般化脳」理論、「得点脳」理論などは当社のオリジナルロジック・メソッドであり、当塾の著書「医学部受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】等様々な著作物への掲載を行っているものであり「著作権保護」の対象です。(当サイト内のコンテンツ全てがそもそも著作権保護の対象ですが)

 この難関大学受験塾と別ページでご紹介している医学部受験塾の違い


この難関大学受験塾は別ページでご紹介している医学部受験塾と講師や「個別指導」の内容は変わりません。上記受験界最高実力講師が指導にあたります。医学部受験塾は週4教科の講義と週3日の全教科対応の個別質問指導を破格でセット提供しているものです。 これに対し、この難関大学受験塾は講義の教科数や全教科対応の個別質問指導の指導日数を自由に選べるものです。
従いまして医学部受験生であってもご希望によりこの難関大学受験塾の方を選択いただけます。また医学部受験生でなくても講義を多数受講希望の方は医学部受験塾を受講していただくことで受講料が非常にお得になる場合があります。

 指導日


【指導日】
週1回~3回指導
指導日:火、水、木、金、土
※全教科対応の個別質問指導は週1回~週3回選択
※講義は希望教科の講義日を選択

【指導時間】
『個別質問対応指導時間』:個別質問対応は塾の2Fで行います
・平日:18:00~21:00
・土曜:15:00~18:00 or 18:30~21:30

『講義時間』:講義は塾の1Fで行います
・平日:18:00~21:00
・土曜:15:00~18:00

 指導講師


受験界最高実力講師陣

■東大理三「次席」合格講師 小団扇:東大理三首席合格者と僅か3点差の次席合格者(慶應義塾大学理工学部合格)
■東大理三合格講師 安藤:地方公立高校⇒理三現役合格
■東大理三合格講師 正門:地方公立高校⇒理三現役合格(慶應義塾大学医学部医学科合格)
■東大理三合格講師 花村:地方公立高校⇒理三現役合格(慶應義塾大学医学部医学科「特待」合格)
■東大理三合格講師 深川:地方私立高校⇒理三現役合格
■東大理三合格講師 江尻:地方私立高校⇒理三現役合格
■東大理三合格講師 佐伯:都内私立高校⇒理三現役合格(慶應義塾大学医学部医学科「特待」合格)
■東大理三合格講師 今井:神奈川私立高校⇒理三現役合格(慶應義塾大学、慈恵会医科大学医学部医学科合格)
■東大理三合格講師 黒木:地方私立高校⇒理三現役合格
■東大理三合格講師 徳永:都内私立高校⇒理三現役合格(早稲田大学先進理工学部合格)
■東大理二合格講師 山本:都立トップ高校「首席」合格⇒理二合格(慶應義塾大学薬学部合格、早稲田大学先進理工学部合格)
■東大文一合格講師 沼尾:地方公立高校⇒文一現役合格(慶應義塾大学法学部現役合格、早稲田大学法学部現役合格)
■東大文一合格講師 河尻:地方公立高校⇒文一現役合格
■東大文二合格講師 松井:地方公立高校⇒文二現役合格(早稲田大学政治経済学部現役合格)

が個別質問指導と講義、さらには各自の受験戦略や計画を徹底指導。
最大1指導日12名という少数受講生に対して、受験界最高実力講師を3名投入し、徹底的に疑問点を解決する個別質問対応を行います。

 指導科目


受験全教科

受験全教科について受験界最高峰の指導を得ることが可能。
勉強計画、勉強法、ノウハウはもちろん具体的な問題の説明指導、回答指導、添削指導までフル対応
:英語、数学、国語、物理、化学、生物、日本史、世界史、倫理政経、地理、小論文(医学部、文系ともに対応)

 指導の全体図|難関大学・医学部合格への指導 


従来型の予備校・塾の指導とは異なり、単なる問題解説レベルにすぎない不要な『講義』『テキスト・教材』を一切排除し、医学部合格へ「最大効率」「最大得点力」「最大合格可能性」を与える指導

【指導内容・指導の流れの全体図】


予備校や一般的な塾よりも遥かに充実した指導を行う大学受験のネット塾

近年、当塾指導内容(『【合格計画の立案】年間計画・中期計画・短期計画の策定』・『進捗報告【逆転授業】』、さらには当塾著書「受験の叡智」の勉強法や受験戦略等)をそのままコピーしていき表面的には同じような指導を謳っているところもあるようですが、 当塾の圧倒的指導実力(5教科7科目を1人の講師が最高次元で指導できる=これによってはじめて5教科7科目のバランスを考慮した受験戦略・勉強計画を導ける)、この指導カリキュラムを考案したネット塾のパイオニア的経験、そこから導き出されるノウハウ、そしてその結果としての驚異的合格率は決して真似できません。

この事実を当サイトに訪れてくださった皆様には是非ご理解いただけましたら幸いです。また弊社指導以外の指導を選択する際にきっちりと講師の受験結果から導かれる指導実力や指導内容・指導の質に検証を加えていただければ本当に有益な指導を選別していただけます。




 指導の詳細 目次


【全教科対応の個別質問指導及び講義内容の詳細、カリキュラムの詳細】

個別指導の詳細 ▼
講義の詳細 ▼

以下、「医学部受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】にも掲載してある当塾のオリジナルロジック・メソッドを示します。

※指導者及び指導関係者の方の無断使用・無断引用及び同様の理論を無断で語ることを固く禁じます。厳重な著作権保護対象です。

【オリジナル理論・メソッドに基づく圧倒的実力指導×圧倒的充実指導の詳細】

難関大学・医学部合格への3大戦略 ▼
当塾指導の3大アドバンテージ ▼
驚異的合格率を誇る指導の3大ポイント▼
他指導では得られない指導の6つの秘密 ▼

【他指導との更なる違い】

他の予備校・塾さんとの指導比較 ▼
絶対的信頼と圧倒的実力 ▼

受講料&お申込み ▼
受講相談・お問い合わせ ▼



 難関大学・医学部合格に導く個別指導の詳細


難関大学・医学部合格に必要となる各教科の基礎からの本質的理解を伝授し、初見の問題、応用問題にも対処しうるエッセンス・本質部分を網羅した質の高い講義と圧倒的実力を有する講師陣の個別指導。

以下、個別指導の詳細について、

1.あなただけの合格計画・優れた受験戦略を伝授(全教科対応)
2.わからない部分、わからない問題の個別説明指導・回答指導、添削指導(全教科対応)
3.計画や1週間のノルマについての理解度の確認、勉強法の確認(全教科対応)
4.個々人の実力や現状に鑑みた課題の付与
5.個別指導の使用教材
6.個別質問指導のスケジュール

の順番で1つずつ詳細をご説明します。

 1.あなただけの合格計画・優れた受験戦略を伝授(全教科対応)


マンツーマンの個別指導であなたの現状に応じた最大効率と確実性を兼ね備えた医学部合格のためのあなただけの合格計画・受験戦略を伝授

受験戦略・勉強計画の図

■あなたの現状に応じ医学部合格までの問題集・参考書を選定
■あなたの実力・現状に応じた医学部合格までの年間計画・中期計画や日々の勉強計画の策定
■各教科の勉強法
■現状の不安や悩み
について個別指導・アドバイス。

当塾講師には全教科について受験界の頂点を極めた実力がある。5教科7科目を1人の講師がすべて指導できる。この事実があって初めて5教科7科目のバランスを考慮した個人の実力に応じた合格最低点を超える戦略・計画を導くことができる。他指導では得られない本当に優れた難関大学・医学部受験対策としての合格計画、受験戦略、勉強法を導くことが出来る=本当に優れた難関大学・医学部合格までの受験戦略・合格計画・勉強法を得ることができる。あなたの実力・現状に応じた年間計画・中期計画や日々の勉強計画についても戦略的な個別指導・アドバイスが受けられる。

東大2回/理三合格(東大理一現役合格、早稲田大学先進理工学部現役「特待」合格)、東大理二「首席」「現役」合格(慶應義塾大学医学部医学科現役合格、早稲田大学先進理工学部現役「特待」合格)、東大理三「次席」「現役」合格(慶應義塾大学理工学部合格)、地方公立高校⇒東大理三「現役」合格(慶應義塾大学医学部医学科「特待」合格)等 という圧倒的実力とノウハウを有する講師陣とごく少数受講生ながら驚異的と言われるまでの医学部医学科・難関大学への異常に高い合格率をたたき出しているという結果がすべてを物語る他指導では決して得られない受験界最高峰の難関大学・医学部合格戦略を手に入れる

大学受験の試験制度や試験問題の性質、試験の仕組み、からくりを解明した受験戦略論と勉強法。圧倒的結果の秘密、圧倒的結果に実証された受験戦略・勉強法をすべて手に入れる。 あなたの現状に応じた難関大学・医学部合格までのあなただけの確実なルートを他の受験生とは異次元で手に入れることが出来る。



 2.わからない部分、わからない問題の個別説明指導・回答指導、添削指導(全教科対応)


個別質問対応時間にはその日の講義科目に関係なく全教科の説明指導・回答指導・添削指導が受けられます。

個別質問対応の図

圧倒的実力指導で本質的理解と合格基準を満たしたすべてが得られる。難関大学合格に必要な本物の実力を最大効率・最大効果で伸ばしていける。 あなたが利用している教科書・参考書・問題集・予備校のテキスト・過去問集を問わずなんでも、どんな問題でも質問数無制限で質問回答指導・添削指導が受けられる。

疑問点・不明点を残したまま日々の勉強をしていくこと・本質的理解を導けない指導を受けていくこと=勉強のやる気や継続性の確保を妨げている最たる原因である「わからない部分を的確に解決していけないということを最大限まで増長させること =雪だるま式に理解不能部分や苦手部分を増やしていくこと=どんなに頑張っても基礎となる部分が空白なまま無駄な勉強を日々積み重ねているだけ

科目・質問数・質問事項無制限指導で日々の勉強での疑問点・不明点を個別指導でピンポイントで徹底的に解消し、やる気や勉強の継続性を妨げている最たる原因である「わからない部分をあいまいにしたままなモヤモヤ状態を解消していける」 =日々の勉強を最大効率化させ、勉強のやる気や継続性に悩まされることなく数か月で他の受験生が得ようにも得られない圧倒的な差をつける。

【よくあるご質問、感想】
一般の受験指導では基礎的なことを質問したり、初歩的なことを質問すると「そんなこともわからないの」とか「そこは基礎だから覚えておけばいい」というようなことを言われたというお話を受験生や保護者の皆様からよく聞きます。 しかし、基礎的、初歩的なことほど実力をつけるうえで最も大事な部分でありこの部分こそ丁寧な解説が必要な部分です。ではなぜ一般の指導では「そんなこともわからないの」とか「そこは基礎だから覚えておけばいい」といわれてしまうか。 それは基礎の本質的な理解をしているのは圧倒的実力者のみであるという現実があるからです。簡潔に言ってしまうと基礎の本質的理解の差が受験結果の差でもあるのです。だから一般の指導ではこの部分は得にくいのです。 当塾ではこの部分も非常に重視しており、遠慮なく基礎的なこと、初歩的なことをガンガンご質問いただいております。この部分も圧倒的実力講師が個別指導を行っている当塾の他指導では実現不可能な優位性でもあります。

 3.計画や1週間のノルマについての理解度の確認、勉強法の確認(全教科対応)


毎週計画の進捗と達成度、理解度の確認と計画の修正=常にこの部分をチェックすることにより医学部に「合格するための思考」「合格に必要な思考」へと日々の勉強、思考を変えていく

予備校や一般的な塾よりも遥かに充実した指導を行う大学受験のネット塾

モチベーションの維持とともに、計画、勉強法の軌道修正、理解の確認という学習のフォローアップを行い常に難関大学・医学部合格への最高効率と最大効果を得る。 計画や勉強法のアドバイスを適宜行う。悩みごとの相談もなんでも可能。適宜逆転授業(講師槇の発案・造語)を行うことで、どこまで理解しているかについてチェックを行う。 難関大学合格に必須となる本質的な理解を得て圧倒的実力をつけることを可能とする。



 4.個々人の実力や現状に鑑みた課題の付与(全教科対応)


実力をつけていく段階では、個人個人に応じて弱点部分や基礎まで遡るべき部分等様々な状況があります。 この部分に対処しないと実力は効率的に伸びません。 そこで、個人個人に生じるこのような状況について的確に補っていく課題を適宜与えます。

「医学部や難関大学合格に必要となるもので何がその人に欠けているのか」を的確に把握するためには、 受験各教科を効率的に極めた当塾講師陣の実力が必要になるのです。これによりさらに効率的に実力を伸ばしていくことが可能になります。



 5.個別指導の使用教材


合格計画の立案と問題集・参考書の選定指導で確定した各自が利用する教科書、問題集、参考書、過去問集

使用教材は、個別に行う合格計画の立案と問題集・参考書の選定指導で確定した各自が利用する教科書、問題集、参考書、過去問集です。 当塾の指導では、無駄なオリジナルテキストは用いません。それが最も効率的な方法だからです。 ただし、市販の問題集や参考書で不足している部分や整理しきれていない部分等については講義や課題で補充を行います。逆に不要な部分は指摘します。

計画段階で受講生各自の実力・状況に応じ合格計画と受験戦略を伝授し、各自の実力状況に応じて各自が使用する・使用している教科書・問題集・参考書、センター過去問、各自の志望校の過去問だけを用いて勉強することでやるべきことを最小限に絞るとともに難関大学合格のための最大得点力と受験対策の最大効率化が実現します。

ここには受験対策の秘密が隠れています。
受験界最高次元を超越した実力を有する弊社講師陣に、「教えられないことがない」=「自分が教えられることだけをまとめた無駄なテキストをやらせる必要はない」のです。

また、だからこそ、受講生各自の実力に応じた的確な問題集・参考書を使用させることが可能になり本当の意味での受験対策の最大効率と確実な実力アップを導けるのです。そしてどんな問題集、参考書であっても全国どこの大学の過去問であってもすべてについて、わかりやすくかつ合格基準を満たした説明指導、回答指導、添削指導を行うことで受講生の実力を圧倒的に伸ばすことに成功しているのです。

医学部や東大、難関大学に合格するために必要な知識は市販の教科書・問題集・参考書・過去問集だけで十分に足ります。実際に当塾講師陣である東大理三合格講師槇(東大医学部医学科)、東大理二「首席」合格講師大久保(東大医学部医学科)、地方公立高校⇒東大理三現役合格講師 花村 等が実践してきた方法であり、またその他の当塾の東大理一・理二・東大文一合格講師の多く、当塾の受講生のすべてが実践し結果を出してきた方法です。

しかし、難関大学の合否を分ける最重要部分である各科目・各分野の本質的な理解、初見の問題にも対処が可能な理解・思考、ノウハウ・エッセンスに関して十分な質と量で得ることはほとんどすべての受験生にとって不可能なのです。なぜならこの部分は圧倒的実力者しか有していない部分であり一般の指導実力・指導からは決して得られない部分だからです。

この部分を含め徹底的に高い次元と質の指導を得ているのが弊社受講生であり、それゆえに医学部医学科、東大、旧帝大等の超難関大学、早慶等の私大への驚異的合格率をたたき出しているのです。

安易な真似事指導、形だけの真似事指導はそれなりの指導実力でもできます。しかし当塾の受講生が得ているものは、圧倒的実力者のみが与えることが出来るもの=その正体は一般の指導や問題解説講義をどんなにたくさん受けても決して得られないもの、闇雲に多くの問題集・参考書をこなしても決して得られないものです。これが「超難関大学・難関大学への驚異的合格率を誇る秘密」であり「受講生の実力が圧倒的に伸びる秘密」の核心です。これが大学受験塾 叡学舎・叡学会(株)合格の天使の指導の優位性です。




 6.個別質問指導のスケジュール


以下の図の「個別」と記してある部分が個別質問指導時間です。難関大学受験塾の受講生はこのうちの1~3コマ(1コマ3時間)を選択していただけます。 選択した曜日や時間帯は年間を通しての固定指導日とさせていただきます。

個別質問指導は個別質問指導時間内に「個別指導⇔自習ルームでの自習」を繰り返します。最大1指導日12名という少数受講生に対して、受験界最高実力講師を3名投入し、徹底的に疑問点を解決する個別質問対応を行います。 「個別指導⇔自習ルームでの自習」を繰り返すという形態はコストパフォーマンス的にも時間効率的にも非常に優れた手段であり当塾が受講生の実力を確実に伸ばすために用いている指導方法です。

2018難関大学受験塾カリキュラム



受講料&お申込み ▼
受講相談・お問い合わせ ▼


指導の詳細 目次へ戻る ▲



 難関大学・医学部合格へ導く講義内容の詳細


一般の指導実力では決して明らかにされることも、得ることもできない圧倒的実力者のみが有する基礎の本質的理解とその使いこなしの術、大学入試問題の本質的な分析とそれへの対処というものは現に存在しています。次元が異なる本当に優れた講義を手にして第一志望校合格を掴んでください。

以下、「単なる問題解説講義はもういらない!」をコンセプトとする、最短距離&最大効率を実現し、最大得点力を獲得できる画期的講義の詳細について

1.講義コンセプトと特徴
2.当塾の専売特許ともいえる:『受験戦略・勉強法講義』
3.基礎の完全理解とマスター:『教科書+「本質的理解」修得講義』
4.教科書レベルから一気に受験標準問題集マスターまで導く画期的講義:『受験標準問題+「一般化脳」修得講義』
5.受験標準知識を試験問題の得点力に一気に結びつける画期的講義:『「得点脳」修得講義=ミニ・マックスメソッド講義』
6.多くの受験生をセンター試験9割超に導き続ける門外不出の講義:「センター試験完全攻略レクチャー」
7.講義実施及び映像配信の年間カリキュラム

の順番で1つずつご説明していきます。

「受験戦略・勉強法WEB指導塾」は当社の登録商標です。
「ミニ・マックスメソッド」は当社の登録商標です。
「基礎習得の3分類」理論、「一般化脳」理論、「得点脳」理論などは当社のオリジナルロジック・メソッドであり、当塾の著書「医学部受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】等様々な著作物への掲載を行っているものであり「著作権保護」の対象です。(当サイト内のコンテンツ全てがそもそも著作権保護の対象ですが)

 講義コンセプトと特徴


他指導の講義とは異なる本質的理解を導くエッセンス講義

一般的に大学受験における講義というものは、テキストや教科書・問題集にあるその問題をどう解くのかという解説講義にすぎません。また優れた講義と謳うものはその問題にしか通用しない汎用性のない解法であったり、合格には全く意味のない、問題を早く解く方法論であったりすることもあります。しかしこれらの講義では実力を確実かつ効率的につける役には全く立ちません。

合格の天使のすべての講義のポイントは、典型的な問題を解けるためだけの講義ではなく、初見の問題も含む入試問題に対応するための必要な本質部分の講義であるということです。一般の講義と異なるこの部分を徹底的に高い次元で得ることが出来るのが当塾受講生であり、それゆえに医学部医学科・難関大学への驚異的合格率をたたき出しているのです。

教科書レベルの基礎から講義、基礎の徹底理解を導く講義、圧倒的実力者しか有しない基礎の本質的理解を伝授し初見の問題・応用問題に対処できるよになる術をすべてを指導。「英語」「数学」「国語」「物理」「化学」「生物」の受験基礎標準知識を高い次元で本質的理解まで導く徹底講義、第一志望合格への最大効率と最大得点力を追求した講義です。

 2.当塾の専売特許ともいえる:「受験戦略・勉強法講義」


医学部・東大・旧帝大・難関国立・早慶合格への受験界最高ノウハウ

難関大学・医学部合格のために必要となる受験戦略と各教科の勉強法やあらゆるノウハウを適宜講義形式で伝授していきます。限られた時間で受験各教科を最高レベルまでマスターした当塾講師陣は、この部分でも一般的にロジックとして説明されていない優れたノウハウを持っています。これを惜しみなく受講生にはすべて公開します。

東大「理三」合格講師や東大「首席」合格講師の優れたノウハウを結集した受験戦略・勉強法講義です。
他指導では決して得るこが出来ない圧倒的結果に実証された、質の高い、誰もが実践することが出来る難関大学合格への極意である受験戦略・勉強法講義です。

  基礎の完全理解とマスター:『教科書+「本質的理解」修得講義』


東大理三合格・東大医学部講師が教科書の講義を行う!?

基礎、教科書の内容を理解することはすべての根本です。この部分の知識や思考が整理されていないとこれ以後の段階の勉強をしても医学部・難関大学合格までは到底たどり着けません。

教科書内容の講義は一般に軽視されがちであり、また優れた講義が存在していないのが現実です。一般的には想像もしたこともないかもしれませんが、この部分を東大「理三」合格講師や東大「首席」合格講師が叡智を結集してすべてを伝授したらどうなるか、考えたことはありますか?圧倒的実力を誰でもがつけることが可能となる最強の武器となるのです。

多くの受験生・指導者が軽視し、圧倒的実力者だけが本質的理解と重視をしているこの部分の講義は、苦手科目がある場合はもちろん、重要科目については全受講生に受講していただきたい講義です。教科書を東大「理三」合格講師や東大「首席」合格講師の叡智を結集して解読する、他指導では絶対に得られない画期的講義です。

この部分について後述の「当塾指導の3大特質」の説明と重なりますが以下をご覧ください。

基礎知識の習得、基礎の本質的な理解は難関大学合格にとっては肝となる部分。一般にこの部分の習得においては様々なテキストを用いた講義や問題集や参考書が重視されるが、この部分の習得においては「教科書と傍用問題集(教科書代用参考書と同一レベルの問題集)が最も優れた教材」であるのが真実であり、当塾の指導ではそれを重視している。しかし、例えその真実を知っていても「効率」や「得ることが出来るものの内容・質」には大きな差が生じる。その差は

(1)基礎の位置づけ、核とすべき学習をとらえ誤っている

(2)理解できない部分、曖昧な部分をどれだけ迅速かつ正確に常に解決して行けるか

(3)この段階から基礎をどこまで本質的に理解できるか、この3点において生じる。

基礎の捉え方



この点について、一般的な授業や指導では、試験問題までを見据えた基礎の本質的な理解を踏まえた解説講義を得ることはできません。 なぜなら、この部分をそのレベルと質で習得しているのは圧倒的実力者のみ=教えられるのは圧倒的実力者のみだからです。

当塾はこの部分を重視し、東大理三合格講師をはじめとする東大合格 者の中でもさらに優秀な講師陣が講義を行い、医学部・難関大学合格に必須となる基礎の本質的な理解を導きます。

  教科書レベルから一気に受験標準問題集マスターまで導く画期的講義
:『受験標準問題+「一般化脳」修得講義』


受験標準問題修得過程の盲点を突く!

独学で勉強する場合や一般的な指導を受ける場合には絶対に以下の手順を踏まなければ実力が伸びません。これ以上省略してよいものはありません。

講義メソッド説明図1



しかし、受験各教科を極め、基礎標準知識の本質的な理解とその使いこなしの術を網羅的に有している実力者がその知識・思考・ノウハウを教えることが出来れば以下の部分は省略できます。

講義メソッド説明図2



中間レベルの問題集から得るべきものはすべて受験標準問題の解説の中で網羅的に教えることが出来るのです。さらに、それに加えて突き抜けた受験結果を叩き出している秘密の部分である「一般化脳」を受講生の皆さんの脳みそにインストールする、これが圧倒的結果に実証された実力を有する講師陣のみがなしうる画期的な講義です。

現在行われている世の中の指導というのは、知識や思考の習得の過程を以下のようなフローで考えています。

【世の中の指導の知識や思考の習得過程の捉え方】

講義メソッド説明図3


この順番や項目は誰でもが勉強の順番として認識できるものです。 しかし、実は、この捉え方は合格に必要なすべての段階を捉えきれていません。

【当塾の指導の知識や思考の習得過程の捉え方】

難関大学・医学部に合格する、すなわち受験において高い実力をつけるために攻略すべきもの、得るべき最も重要なものは 「基礎の本質的理解」「一般化脳」「得点脳」なのです。

講義メソッド説明図3



この概念図の中で「①本質的理解」「②一般化脳」「③得点脳」と書かれた部分に注目してください。
当塾講師陣が圧倒的受験結果を叩き出している秘密、それは
1.他の指導ではロジックとしての区分けもないこの①②③の部分に焦点を当てたノウハウをすべて持っているから
2.①②③の部分を他の人が有しない高い質と網羅性で有しているから
です。

これを分析・解明しロジック化したのが当塾の講義です。

【当塾の画期的講義】

講義メソッド説明図3



当塾の東大理三合格講師や東大「首席」合格講師が圧倒的受験結果を叩き出しているのは天性の才能などでは決してなくて、この部分全てにおいて持っているもの、得ているものが他の人と大きく異なるからなのです。 この講義では②の部分をすべて受講生のみなさんの脳みそにダイレクトにインストールします。

この「基礎の本質的理解」「一般化脳」「得点脳」こそ、当塾講師陣が他の東大合格者やその他の大学の合格者よりも優れたものを持っている部分です。 そして圧倒的受験結果を叩き出している秘密の部分であり、天性の才能と誤解されて、「天才」という誤った概念でとらえられている部分です。

これは天性の才能とかそういったものは無関係なものです。的確な対策で誰でもが得られるものなのです。 しかし、一般的にこの部分がロジック化されたものは巷には存在しません。

なぜならこれは突き抜けた受験結果を有する東大理三合格講師や東大「首席」合格講師を束で抱える当塾が、 通常の東大合格者や他大学合格者とそこからさらに突き抜けた当塾講師陣の実力の違いに分析と検証を加え解明した部分だからです。

受験標準知識をつけるためにほとんどの受験生は予備校・塾の講義やテキスト、指導者の自作のプリントや問題集・参考書など多くのものをこなそうとする。しかし「受験標準知識を得るには定評のある問題集1冊で十分」。多くの問題解説講義を聞こうが多くの問題集・参考書をやろうがそこから得られるもの、合格に必要なものは定評のある問題集・参考書1冊の内容と変わらない。 しかし、同じことをやっても「効率」と「得ることが出来るものの内容・質」に大きな差が生じる。この差は

(1)やるべきことをどこまで必要最小限に絞れるか

(2)理解できない部分、曖昧な部分を常に基礎の本質的な理解を前提に解決していけるかどうか

(3)初見の問題・応用問題にも対処しうるように受験標準知識を理解・習得していけるか、エッセンスを抽出していけるか

(4)ポイント③(後述)に関連する+αの部分を網羅的に得ていけるか、この4点において生じる。

合格エッセンスの抽出・付加


問題集や参考書の解説からは直接的に読み取れない、書かれていない事柄でありながら、圧倒的受験結果を有する人間だけが過不足なく有している他の問題にも対処しうるエッセンスがあるのです。これを伝授することで誰もが修得可能にした講義、それがこの「標準問題集修得講義」です。

当塾では、全国の医学部・難関大学受験生の受験対策よりも遥かに効率的に受験標準知識を徹底的に高い次元で習得できるのです。 当塾講師陣のように圧倒的実力を有する者のみが知る合格に必要なプラスαの知識・思考のエッセンス部分を盛り込んだ講義を得ることで、やるべきことを最小限に絞り、医学部・難関大学合格に必要なものを過不足なく網羅的に得ていけます。 これによって、受験標準知識の完全習得とその最大効率化が可能になります。

  受験標準知識を試験問題の得点力に一気に結びつける画期的講義
:「得点脳修得講義=ミニ・マックスメソッド講義」


圧倒的受験結果、実力の差はこの「得点脳」の差!

再び先ほどの概念図をまずご覧ください。

講義メソッド説明図3



再び先ほどの概念図をまずご覧ください。

講義メソッド説明図3



上の図で、「講義3」と書いてある部分に着目してください。 ここで大事なことは、受験標準問題を網羅的にマスターしたからと言って、 即入試問題が解けるようになるわけではない、という事実です。 実際の入試問題と標準問題集の問題や参考書の間には隔たりが存在するということです。 この部分を埋めない限り入試問題で確実に高得点を獲得することはできないのです。

この部分の隔たりを埋めるための思考やノウハウを網羅的に持っているのは 東大理三合格者などの圧倒的受験結果を叩き出しているごく限られた人間です。 だからこそこの人たちの受験結果は突き抜けているのです。

この部分は問題集・参考書には載っていない部分なのです。 しかも、突き抜けた実力と受験結果を有する者のみの頭の中にだけ存在し、 一般的にはロジック化されていない部分なのです。 それゆえ、他指導では決して与えることが出来ない部分なのです。

この部分を、多数の東大理三合格講師の叡智を結集し、ロジック化し、誰もが埋めることを可能とした講義、 それが、受験標準知識を試験問題の得点力に一気に結びつける画期的講義:「得点脳修得講義=ミニ・マックスメソッド講義」です。

「得点脳」を修得するには、受験基礎標準知識の修得が前提です。 したがって「得点脳の修得講義」はカリキュラムとして10月もしくは11月(教科及び各人の実力による)から配信開始予定です。 しかし、個々の受講生の状況・進度によってはもっと早い段階でこの得点脳の習得に入れる場合もあります。 そのような受講生には適切な時期に配信を開始することで進度と現状に応じた効率的な実力アップを図っていきます。

医学部・難関大学合格にとって最も重要なことは、基礎標準知識をできるだけ早い段階で一通り学び志望校の過去問演習を徹底的に行うこと。この意味するところは「過去問至上主義」「過去問こそが最高の問題集であり参考書である」「基礎標準知識を過去問基準でとらえなおす」「基礎標準知識⇔過去問演習のサイクル学習」(著書「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】から引用 『著作権保護・無断使用禁止・要引用明記』)ということ。しかし、これを実現することはほぼすべての受験生にとって不可能。その理由は

(1)過去問演習を実のあるものにするためには基礎標準知識の習得が大前提であるが、一般の指導では大学受験の基礎標準知識の本質的な理解を得ることができない

(2)各自の志望校の過去問について的確かつ「合格基準を満たした」説明指導や回答指導、添削指導は圧倒的実力者しかなしえない

(3)受験基礎標準知識と大学の入試問題の間にはごく一部の圧倒的実力者にしか正確にとらえられていない隔たりがある、という点からです。

圧倒的効率と得点力

当塾の指導では、基礎標準知識の習得期間を短縮するとともに、 初見の問題・応用問題にも対処しうる本質的理解を付加し、各自の志望校の過去問分析・過去問演習に十分な時間を確保できる。 さらに、圧倒的実力者のみが可能な『合格基準を満たした』講義が受講でき 合格に必要なプラスαの知識・思考のエッセンスを網羅的に得ることができるのです。 これにより膨大な時間の節約と最大の効率、最高レベルの実力を誰でも確実に手にできます。

 6.多くの受験生をセンター試験9割超に導き続ける門外不出の講義
:「センター試験完全攻略レクチャー」


多くの受験生をセンター試験9割超へ導いた講義!

センター試験対策講義として、多くの受験生をセンター試験各教科9割超へ導いてきた門外不出の講義、「センター試験完全攻略レクチャー」の英語、数学、現代文、古文・漢文、物理、化学、生物をご提供します。

 7.講義の年間カリキュラム


以下の図の受験戦略・勉強法、英語、数学、物理、化学、生物、部分が講義の年間カリキュラムです。現代文・古典につきましては集中講義やスポット講義を予定しています。 この難関大学受験塾では「受験戦略・勉強法講義」はデフォルト設定、それ以外の講義につきましては、ご希望の講義をオプション(別途受講料)として選択していただけます。

 カリキュラムに含ませ「生講義」として実施する講義

『受験戦略・勉強法講義』
『教科書+「本質的理解」修得講義』の数学の一部
『受験標準問題+「一般化脳」修得講義』の数学以外の教科

 カリキュラムに含ませず「映像配信」する講義

『教科書+「本質的理解」修得講義』の数学の一部
『受験標準問題+「一般化脳」修得講義』の数学
『「得点脳修得講義」=ミニマックスメソッド講義』全教科
『センター試験完全攻略レクチャー』全教科

リアル塾受講生で各教科の講義が該当曜日に受講できない方には各生講義を収録した映像講義をご覧いただける処置をとりますので、個別指導との関係でスケジュールが合わない方も安心してお申込みください。
※各講義の年間スケジュールにつきましては、現状での予定です。講義開始までの間に変更がありますことをあらかじめご了承ください。

2018難関大学受験塾カリキュラム


英語、現代文、古文・漢文は、科目特性から、『教科書+「本質的理解」修得講義』と「受験標準問題修得講義」の区分けはありません。的確な手順を踏まえたうえで必要な講義を順々にご提供していきます。

数学につきましては、『教科書+「本質的理解」修得講義』及び『受験標準問題+「一般化脳」修得講義』を3月から配信開始します。数学については各受講生の進度や達成度が大きく異なる教科ですので、各自の状況に応じてまとめてご覧いただける処置をとります。受講料は他の教科と同様、4回の講義を1か月分の講義と換算して、21,600円でご提供いたします。

物理、化学、生物につきましても『教科書+「本質的理解」修得講義』と『受験標準問題+「一般化脳」修得講義』の区分けはありません。各分野ごとすすめていきます。要するにある分野の教科書のエッセンスを解説した後、続けてその分野の『受験標準問題+「一般化脳」修得講義』を行います。最大効率を実現します。

『「得点脳修得講義」=ミニマックスメソッド講義』は10,11月目途に配信を開始します(教科及び受講生各人の状況により異なります)

途中入塾の場合上記の月謝をいただければ、入塾前の生講義を収録したものを映像配信いたします。

一般の受験生が決して得ることができない質・内容のノウハウや指導を提供しているがゆえに弊社指導は医学部・難関大学への非常に高い合格率をたたき出すことが出来るのです。



受講料&お申込み ▼
受講相談・お問い合わせ ▼


指導の詳細 目次へ戻る ▲



 難関大学・医学部合格への3大戦略


受験戦略論を提唱した当塾(受験戦略・勉強法WEB指導塾は当塾の登録商標)には、他指導では決して導き出せない優れた受験戦略論に基づいた指導があります。 だからこそ入塾試験を一切課していない少数受講生でありながら難関大学・医学部へ驚異的合格率を叩き出せるのです。以下、「医学部受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】にも掲載してある当塾のオリジナルロジックを示します。

※指導者及び指導関係者の方の無断使用・無断引用及び同様の理論を無断で語ることを固く禁じます。厳重な著作権保護対象です。

 難関大学・医学部合格への3大戦略


限られた受験期間で狭き門の医学部や難関大学に合格するためには闇雲に勉強していたのでは合格できません。

ただし、そのこと自体がわかっても、では具体的にどのような対策をとればいいのかということがわかっていなければ実力を合格レベルまで確実かつ最短で効率的に身に着けていくことは不可能です。

医学部・難関大学に合格できる実力を確実かつ効率的に身に着けていくためには、
❶ターゲットを絞る(やるべきことを絞って勉強のターゲットを明確化する)
❷ターゲットへの的確なアプローチ(ターゲットに対して的確な攻略法を知ること)
❸各自の受験戦略の構築(❶❷を踏まえた各自の状況を反映した受験戦略の構築)
が必要です。

この明確な区分けすら出来ていないのが多くの受験生であり、世の中の受験対策です。 当塾講師陣が東大理三や東大首席合格という結果を出しているのは天性の才能ではなく、世間一般では決して明らかにされることがない、対象を明確にした対策があるからなのです。

この部分を単なる「感覚」というものでとらえてしまうならば、漠然かつ抽象的なものしか教えることはできません。したがって合格に不可欠なものを受講生は得ることはできないことになってしまいます。 しかし当塾はこの部分を解明し明確なロジックとして構築しノウハウとして保有しているのです。ここに他指導では決して不可能な本当に優れた受験対策を導ける根拠があるのです。通常の実力を超えた圧倒的実力をつけたノウハウと結果があるからこそ巷では明らかにされていない優れた合格理論を導けるのです。

 3大戦略を構成する重大要素


上記、難関大学・医学部合格への3大戦略で区分けした3大戦略については、それぞれの段階で分析・検証を加えるべき要素があります。 当塾がオリジナルに分類、分析、命名、ロジック化、構築しているのが以下のものです。

❶ターゲットを絞る
(1)「試験問題の3類型・難問の2分類」理論
(2)「得点戦略」理論

❷ターゲットへの的確なアプローチ
(1)「勉強ターゲットの3類型」理論
(2)センター試験の試験問題の性質を考慮した位置づけ

❸志望校・併願校と選択科目の戦略的決定
(1) 志望校と併願校決定の戦略的決定
(2) 理科科目の戦略的選択
(3) センター社会科目の戦略的選択

以下ではこの各重大要素について説明を加えていきます。 以下を読んでいただくだけでもあなたの医学部・難関大学合格可能性は飛躍的に高まります。

 3大戦略その1 「ターゲットを絞る」


限られた時間で難関大学・医学部に合格する実力を確実かつ効率的につけるためにはターゲットを絞ることがまず大事になります。

このターゲットを絞るために必要となる絶対的な視点、それが合格の天使オリジナルロジックである、
☑「試験問題の3類型・難問の2分類」理論
☑「得点戦略」理論
です。

 「試験問題の3類型・難問の2分類」理論 

この試験問題の3類型、難問の2分類の概念は、あくまで合格の天使の独自概念ですので、以下に定義を明記します。

☞【試験問題の3類型】

◎第1類型
受験基礎標準知識がそのまま問われている問題
※教科書や受験基礎標準問題集にある知識やパターンをそのまま素直に当てはめれば対処できる問題

◎第2類型
高校履修範囲の基礎知識、定理、公式をもとに、一定の問題分析力、論理的思考力、論理的表現力を問う問題
※出題の元ネタ(背景)が大学範囲以上であっても、解くために必要な知識自体は高校履修範囲内であるものを含む
「第2類型易問題」:一ひねりだけで典型問題になる=壁がひとつだけでそこから後はすらすら解ける問題
「第2類型難問題」:テクニックが組み合わさった問題=式変形などでも難しいところがある=壁が何個もある問題

◎第3類型
・ 高校履修範囲を超えた知識・定理・公式が前提となっていてその知識をあらかじめ有していないと解答が不可能な問題
・非常に奇抜な発想を必要とする問題
・ 細かい知識・マニアックな知識を要求する知識問題

☞【難問の2分類】

大学入試の難問には第2類型の難問(得点可能な難問)と第3類型の難問(得点できない・すべきではない難問)がある。

【オリジナルロジックからの帰結】
第3類型の問題は受験対策でも本番でも一切かかわる必要がない。第3類型の問題は切り捨てろ!

 「得点戦略」理論 

限られた時間で難関大学・医学部に合格する実力を確実かつ効率的につけるためのターゲットの確定としてもう一つの絶対的な視点として必要になるのが得点戦略です。

トータル得点で2~3割、1教科で5割得点できなくても合格可能

難関大学・医学部に合格するためにはなんでもかんでも高得点をとらないとならないわけではありません。また、すべての科目で高得点を獲得しなければならないわけではありません。

この部分を多くの受験生が誤解しています。

志望校の問題特性に応じてある程度の高得点が必要な大学とそうでない大学があります。 さらには各大学の各教科の問題特性によっても取るべき得点は異なってきます。

「試験問題の3類型・難問の2分類」理論で示したとおり、第3類型の問題が出題される大学であるのか、第2類型の易問題が主として出題される大学であるのか、第2類型の難問題が主として出題される大学であるのかによっても合格点や目標とすべき得点は大きく異なります。それに加えて受験者層によっても合格点は異なってきます。

これらすべてを考慮してまず合格最低点を超える戦略を立てるということが重要です。闇雲に難しい問題集や参考書を何冊もこなす必要などない、闇雲に問題解説講義を受ける必要はない、ということをまずは現実として認識してください。この意識、認識を持つことで日々の勉強でやるべき優先順位やターゲットを絞っていけるのです。

この点について、当塾の東大理三合格講師陣や東大首席合格講師、東大合格者の中でも上位合格層である東大合格講師が、全国すべての医学部やすべての大学の試験問題について独自の分析と検証を加えた出題パターン別の得点戦略を考慮した勉強計画を伝授します。

これは全国のどこの大学の問題であってもその問題を解きうる実力があることによって初めて優れたものを提供可能になる指導です。安易なまねごと指導は本質をとらえきれない害悪にしかなりません。

 3大戦略その2 「ターゲットへの的確なアプローチ」


3大戦略その1でターゲットを絞るという視点を示しました。 ただ、狭き門である医学部に合格するためにはこれに加えターゲットへの的確かつ効率的なアプローチが必要になります。

ターゲットを絞る+さらにそのターゲットに的確に焦点を当てる、この2つを組み合わせることで数倍ではなく数乗の効果で難関大学・医学部合格へ向かっていけます。

このターゲットへの的確なアプローチをとるために必要となる絶対的な視点、それが
●「勉強ターゲットの3類型」理論
●「センター試験の問題特性を考慮した的確な位置づけ」
です。

ここでも、合格の天使のオリジナルロジックを用います。
このでのキーワード・キーポイントは
☑「勉強ターゲットの3類型」理論
とそれを構成する要素である
☑「基礎習得の3分類」理論
☑「一般化脳」理論
☑「得点脳」理論
です。

☞【勉強ターゲットの3類型】

通常の実力をつけていく勉強の手順・フローとしては以下の図のイメージで捉えているのが多くの受験生や世間一般の受験対策です。

【世間一般の受験対策の捉え方】

講義メソッド説明図3



しかし、この図の⇒部分にこそ本来得なければならないターゲットがある。 それが当塾のオリジナル理論である【勉強ターゲットの3類型理論】=「基礎習得の3分類」理論・「一般化脳」理論・「得点脳」理論です。

【当塾の受験対策の捉え方】

講義メソッド説明図3



☑「基礎習得の3分類」理論とは、基礎の習得対象を「関連記憶」「単純記憶」「理解記憶(本質的理解)」の3つの要素に分類し、基礎を高い次元で習得する理論
☑「一般化脳」理論とは、受験基礎標準問題集の個々の問題からエッセンスを抽出し一般化されたエッセンスを蓄積する理論
☑「得点脳」理論とは、一般化脳理論で一般化し抽出・蓄積したエッセンスを個々の問題に適用・運用させる思考力を形成する理論

この「基礎習得の3分類」理論、「一般化脳」理論、「得点脳」理論は、“参考書や問題集をとにかく繰り返すという回数を重視・基準とした勉強法”や“勉強時間や勉強量を単に重視した勉強法”では決して得ることが出来ない部分です。しかし大学受験で高得点をとるためには最も必要な力なのです。

【オリジナルロジックから導かれる結論】
「基礎の習得の3分類」を前提とした「一般化脳」と「得点脳」にアプローチせよ。

いずれの理論的要素も、決して天性の才能ではなく、勉強の焦点を的確に分類・把握しそこにターゲットを絞って勉強していくことで誰でもが得られる能力です。そしてここには特殊なひらめきや発想など一切必要ありません。

多くの受験生がこの部分の力を得られないのは、そもそも、受験において突き抜けた結果を出している人とそうでない人の差がどこにあるのかしっかりと論理的に解明されたものがないがゆえに日々の勉強で焦点を当てるべき部分を知らないからです。

だから、多くの受験生は、問題集の問題や授業や講義の問題そのものを攻略することに焦点を当てた勉強を繰り返してしまうのです。この勉強の典型が基礎はとにかく繰り返して覚えろ、問題集はとにかく繰り返せ、とにかく回数を重視して即座にその問題に答えられるようにしろ等の回数・問題数を重視した勉強法です。これは当塾が提唱する「合格するための勉強法」ではなく、合格に直結しない「勉強するための勉強法」の典型です。

このような焦点がずれている勉強を繰り返しても、的確なターゲットを知りそこに焦点を当てて勉強してきた受験生にはかなわない、追い越せない、追い越されてしまうのです。 また実力も効率的には絶対に伸びませんし、どんなに勉強してもそこそこの実力でとどまってしまうのです。

当塾の指導では以上の試験制度・試験問題の本質を分析したオリジナル理論を前提に当塾講師陣の実力があるからこそ初めて可能となる以下の受験指導をご提供し、究極の受験指導を実現しています。

受講料&お申込み ▼
受講相談・お問い合わせ ▼


指導の詳細説明目次へ戻る ▲



 当塾指導の3大アドバンテージ


1.各自の合格戦略論の構築
☑「試験問題の3類型・難問の2分類」理論を各自の志望校の問題を分析することで把握
☑「得点戦略」論に基づき各自の志望校の問題の性質を的確に分析

2.各自の勉強計画の立案
1の分析を踏まえ、
☑ 各自の現状と志望校に応じた問題集・参考書の選定
☑ 各教科「いつまでに」「何を」「どこまでやるか」についての計画の立案

以上の1,2の部分はすでにご説明した
「あなただけの難関大学・医学部合格計画」の立案 と
「毎週の進捗報告 難関大学・医学部合格への軌道修正と逆転授業」
の指導で優れたノウハウを徹底的に伝授・指導していきます。

3.科目・質問数無制限指導で「勉強ターゲットの3類型」理論で得るべきものを効率的に伝授
1.2を踏まえ、合格の天使オリジナル理論である
☑「 基礎習得の3分類」理論の詳細を伝授することによって基礎を確実に高い次元で習得させる
☑ 問題演習を通じた「一般化脳」理論に基づいて、当塾講師陣が問題演習から得てきたエッセンスを網羅的にダイレクトに伝授。合格基準を満たしたエッセンスが高い質と量で効率的かつ網羅的に得られる。
☑「一般化脳」理論で抽出・蓄積したエッセンスを初見の問題に運用・適用する力=「志望校特化型得点脳」を質の高い個別質問対応を通して徹底的に習得できる。

この部分は以下の「指導の3大ポイント」で詳細に説明を加えます。

このように、難関大学・医学部合格に直結する、圧倒的実力者だけが網羅的に有する(これを有するからこそ圧倒的結果があるにすぎない)最強のノウハウと思考を余すことなく、東大理三合格講師陣が個別指導や講義を通じてご提供している、またご提供できる稀有な存在が当塾指導なのです。

 安易なまねごと指導や当塾理論を無断で語ることは絶対に許されない


当塾講師陣の実力があって初めて可能な指導というものがあります。

 

以上ご説明してきた理論や指導内容について、全く実力ない人や実力が低い人でも安易に真似事だけはできてしまいます(これは現状の受験界の問題です。受験生に害悪でしかないこのようなものに対し今後当社は断固抗議をしていきます。)しかし、ここで解説している当塾のオリジナル理論は、そもそも当塾が東大理三合格講師を束で抱えているからこそ研究・分析し導き出した理論です。安易に同じことを語ること自体許されません。

さらに、みなさんに注意していただきたいのは、合格の天使オリジナル理論に基づいて、各理論における得るべきものを高い質と次元でダイレクトに与えることが出来るのは当塾講師陣の圧倒的受験結果に実証された実力があるからです。実際に全国のどこの大学の学部ても、どこの医学部の問題でも解きうる、したがって分析を加えうる実力があって初めてできることという事実は重視していただければと思います。

例えば、同じく最難関大学合格者であっても数Ⅲを受験していない+二次試験や個別試験の理科を受験していない=受験科目として数Ⅲ+理科科目を極めていない人が全国の医学部の問題を的確に分析できるかと言ったらそれはノーです。最難関大学理系合格者であっても数学や理科科目を得意としていない人についても同じことが言えます。

したがって、そのような実力では、
☑「試験問題の3分類・難問の2分類」理論を正確に適用することは不可能です。
☑「得点戦略」理論についても各自の志望校の問題特性について的確に判断することは不可能です。
☑「勉強ターゲットの3類型」理論についても、各理論から導かれた優れた知識や思考やノウハウを網羅的に教えることは不可能です。

もしそれが可能だというのであれば、その人は当塾講師陣に匹敵する受験結果を叩き出しているはずです。

みなさんが第一志望とする医学部・難関大学について的確な対策をとっていきたいのなら、できる限り高い実力の人に指導を得るべきです。ここまで説明してきた事柄だけでも多くの要素があり、それについて一つ一つ的確なものを得られるか否かで大きな差がついてしまうことは今までご説明してきた通りです。

どのような実力の人から指導や受験対策のアドバイスを得ることが出来るかということは、やるべきことを的確に選別し焦点を絞れるか=確実かつ効率的に実力をあげていけるか、ということに直結してきてしまう重大な要素です。

個人の努力や能力と関係がないこの部分で大きな差をつけらてしまっているのが現実なのです。皆さんはこの現実をしっかり認識するとともに悔しい思いをしないように十分注意していってください。頑張っているのにこのような原因で合格できない受験生をなくすためにご提供しているのが当塾指導です。

受講料&お申込み ▼
受講相談・お問い合わせ ▼


指導の詳細説明目次へ戻る ▲




 難関大学・医学部へ驚異的合格率を誇る指導の3大ポイント


圧倒的実力者のみが知る「覚えること、やることを減らし得点力を徹底的に上げていけるノウハウ」というものは明確に存在しています。ここには誰もが難関大学・医学部合格を可能にする確固たる理論とそれを実現する圧倒的な実力指導があります。

 当塾指導の3大ポイントの全体像


当塾東大理三合格講師陣が受験期を通じて得てきた、「知識」「エッセンス」「思考」「ノウハウ」をダイレクトに伝授。

☑ 科目・質問数・質問事項無制限の個別指導で「基礎習得の3分類」理論のすべてを伝授し基礎の確実な習得・本質的理解を導く

圧倒的実力者のみが網羅的に有する「一般化脳」理論から導かれた一般化されたエッセンスの蓄積を科目・質問数・質問事項無制限の個別指導や講義でダイレクトに伝授

得点脳」理論に基づいた「志望校特化型得点脳」を各自の志望校の過去問について『合格基準を満たした』質の高い科目・質問数無制限の説明指導・回答指導・添削指導により高次元かつ高効率で形成

圧倒的実力者のみが知る「覚えること、やることを減らし得点力を徹底的に上げていけるノウハウ」というものは明確に存在しています。また圧倒的実力者のみが指導できる次元というものがあります。ここには誰もが医学部合格を可能にする確固たる理論とそれを実現する圧倒的な実力指導があります。

あなたに質問です。あなたが日々使っている、使ってきた教科書・問題集・参考書をそのまま使い、しっかりと考えてもわからない部分だけ徹底的に質問しつぶしていけるとしたらどれだけの無駄を省けますか?

あなたに質問です。あなたの現状・実力に応じてこれ以上はないというレベルで科目・質問数無制限で学習指導や勉強計画についての個別指導が受けられるという現実を考えた場合、これ以上にあなたの実力を確実かつ効率的に伸ばせる方法はありますか?

あなたに質問です。 日々の勉強でわからない部分を常に質問していけるとしたら、さらにその説明回答が他指導の比ではない次元のわかりやすさ、実力の裏付けがあるものであるならば勉強のやる気や継続性に悩まされることは極限まで減りませんか?

あなたに質問です。1年間必死に勉強してもほぼすべての受験生が得ることができない圧倒的実力者を圧倒的実力者たらしめている、圧倒的実力をつけるためのすべてのエッセンスが得られるとしたら、あなたが医学部に合格できない理由はありますか?

 ポイント① 「基礎の習得の3分類」理論に基づいた基礎の徹底修得


当塾の指導では、科目・質問数・質問事項無制限の個別指導で「基礎習得の3分類」理論に基づいた分類を各教科について詳しく知ることが出来、効率的な記憶を可能とするとともに、基礎の本質的理解を得られる。

基礎知識の習得、基礎の本質的な理解は難関大学合格にとっては当然ですが医学部合格にとってはさらに肝となる部分。一般にこの部分の習得においては様々なテキストを用いた講義や問題集や参考書が重視されるが、この部分の習得においては「教科書と傍用問題集(教科書代用参考書と同一レベルの問題集)が最も優れた教材」であるのが真実であり、当塾の指導ではそれを重視している。しかし、例えその真実を知っていても「効率」や「得ることが出来るものの内容・質」には大きな差が生じる。その差は

(1)基礎の位置づけ、核とすべき学習をとらえ誤っている

(2)「基礎習得の3分類理論」に基づいた分類と習得を的確に行えるか

(3)理解できない部分、曖昧な部分をどれだけ迅速かつ正確に常に解決して行けるか

(4)この段階から基礎をどこまで本質的に理解できるか
この4点において生じる。

【他指導との基礎の捉え方の違い】

基礎の捉え方



【他指導との基礎の習得過程の違い】

基礎習得過程のロジック


[当塾の指導の優位性]

「基礎習得の3分類」理論に基づいて、基礎の習得対象を
☑「関連記憶」
☑「単純記憶」
☑「理解記憶(本質的理解)」
の3つの要素に分類し、基礎を高い次元で習得できます。
この「基礎習得の3分類」理論は記憶効率を高めることに直結する理論です。

一般に「基礎」とされるものは単に覚えろ、繰り返せと言われますが、大学受験となれば覚えなければならないことは膨大な量になります。

これを単に覚えようとすれば
●覚えてもすぐ忘れる
●覚えることが多すぎて頭の中が整理されない
●すぐに引き出すことが出来ない使えない知識を集積しているに過ぎない
●本質的理解をすべき部分まで丸暗記
という結果を招きます。

これを一生懸命やってしまっているのが多くの受験生です。 しかし、単純暗記しなければならないものを減らす、ということを行えば記憶効率は数倍高まりますし、心理的な負担も減ります。

当塾の指導では、圧倒的実力者のみが的確な分類を知っている「基礎習得の3分類」理論をもとに「関連記憶」できる部分を教え、「単純記憶」の対象を減らし,本来本質的理解が必要な部分についてはそれを教えることによって「理解記憶」を付与し、通常の受験対策よりも遥かに短期間で効率的に受験基礎を本質から徹底して習得できる。このように、やるべきことを必要最小限(核とすべき学習)に絞り対面個別指導やメール、Skypeを用いた科目・質問数無制限の質問回答指導を行うリアル塾・ネット塾を通して受験生1人1人に「基礎習得の3分類」理論を具体的に伝授する。これは当塾講師陣が受験界最高の実力(講師紹介参照)を有しているからこそ的確かつ網羅的に伝授することが可能となる指導なのです。

※実力が伸びる秘密
まず自分でしっかりと考え「どこまでわかってどこからわからないのか」「何がどうわからないのか」を明確にして質問することでしっかりと思考すること、思考の整理が可能となります。そのうえで質の高い質問回答指導を得ることで実力が飛躍的に上昇していくのです。この点は以下のポイント2、3でも同様です。



 ポイント② 「一般化脳」理論から導かれるエッセンスをダイレクトに付与


問題演習を通じた「一般化脳」理論に基づいて、当塾講師陣が問題演習から得てきたエッセンスを網羅的にダイレクトに伝授。合格基準を満たしたエッセンスが高い質と量で効率的かつ網羅的に得られる。

受験標準知識をつけるためにほとんどの受験生は予備校・塾の講義やテキスト、指導者の自作のプリントや問題集・参考書など多くのものをこなそうとする。しかし「受験標準知識を得るには定評のある問題集1冊で十分」。多くの問題解説講義を聞こうが多くの問題集・参考書をやろうがそこから得られるもの、合格に必要なものは定評のある問題集・参考書1冊の内容と変わらない。 しかし、同じことをやっても「効率」と「得ることが出来るものの内容・質」に大きな差が生じる。この差は

(1)やるべきことをどこまで必要最小限に絞れるか

(2)理解できない部分、曖昧な部分を常に基礎の本質的な理解を前提に解決していけるかどうか

(3)初見の問題・応用問題にも対処しうるように受験標準知識を理解・習得していけるか、=「一般化脳」理論に基づいてエッセンスを抽出・蓄積していけるか

(4)ポイント③(後述)に関連する+αの部分を網羅的に得ていけるか、この4点において生じる。

【問題演習から得られるもの、の比較】

一般化脳のロジック


【問題演習からトータルで得られるもの、の比較】

合格エッセンスの抽出・付加

【当塾の指導の優位性】

 当塾では、全国の受験生の受験対策よりも遥かに効率的に受験標準知識を徹底的に高い次元で習得できる。当塾講師陣のように圧倒的実力を有する者のみが知る合格に必要なプラスαの知識・思考のエッセンス部分=「一般化脳」理論で講師自身が蓄積したエッセンスダイレクトに付与することで、やるべきことを最小限に絞り、合格に必要なものを過不足なく網羅的・体系的に得ることができる。



 ポイント③ 「得点脳」理論から「志望校特化型得点脳」を効率的に形成


「一般化脳」理論で抽出・蓄積したエッセンスを初見の問題に運用・適用する力=「志望校特化型得点脳」を質の高い個別質問対応を通して高次元かつ効率的に習得できる。

医学部合格にとって最も重要なことは、基礎標準知識をできるだけ早い段階で一通り学び志望校の過去問演習を徹底的に行うこと。この意味するところは「過去問至上主義」「過去問こそが最高の問題集であり参考書である」「基礎標準知識を過去問基準でとらえなおす」「基礎標準知識⇔過去問演習のサイクル学習」(著書「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】から引用 『著作権保護・無断使用禁止・要引用明記』)ということ。しかし、これを実現することはほぼすべての受験生にとって不可能。その理由は

(1)多くの受験生は過去問を力試しのためにとっておくという間違った意識を持っている

(2)過去問演習を実のあるものにするためには基礎標準知識の習得と『「一般化脳」理論に基づいたエッセンスの抽出と蓄積』が大前提であるが、一般に大学受験の基礎標準知識の習得には莫大な時間を費やす必要があることに加え、『「一般化脳」理論に基づいたエッセンスの抽出と蓄積』は時間をかけたからと言って、一般的な指導を受けたからといって質の高いものを網羅的に得られるわけではない

(3)「得点脳」理論に基づいた「志望校特化型得点脳」を形成するための手段である各自の志望校の過去問演習について、的確かつ「合格基準を満たした」説明指導や回答指導、添削指導は圧倒的実力者にしかなしえない

(4)受験基礎標準知識と大学の入試問題の間にはごく一部の圧倒的実力者にしか正確にとらえられていない隔たりがある、という点からです。

【過去問演習から得られるもの、の比較】

得点脳理論のロジック

【過去問演習からトータルで得られるもの、の比較】

志望校特化型得点脳理論のロジック

【当塾の指導の優位性】

当塾の指導では、ポイント1、2 部分の最大効率化の実現と「一般化脳」理論から導くべきエッセンスをダイレクトに付与することで、基礎標準知識の習得と『「一般化脳」理論に基づいたエッセンスの抽出と蓄積』が効率的かつ網羅的に行える。 これにより「志望校特化得点脳」形成するための各自の志望校の過去問分析・過去問演習に十分な時間を確保できる。さらに、各自の志望校の過去問についても『合格基準を満たした』最高次元、質の科目・質問数無制限で説明指導・回答指導・添削指導を行えることで「得点脳」理論に基づいた「志望校特化得点脳」の形成を確実かつ効率的に行えることで実力アップを徹底的に図ることが可能。これにより膨大な時間の節約と最大の効率、最高レベルの実力を誰でも確実に手にできる。


安易な真似事指導、形だけの真似事指導はそれなりの指導実力でもできます。しかし当塾の受講生が得ているものは、圧倒的実力者のみが与えることが出来るもの=その正体は一般の指導や問題解説講義をどんなにたくさん受けても決して得られないもの、闇雲に多くの問題集・参考書をこなしても決して得られないものです。これが「医学部医学科への驚異的合格率を誇る秘密」であり「受講生の実力が圧倒的に伸びる秘密」の核心です。これが合格の天使の指導の優位性です。



受講料&お申込み ▼
受講相談・お問い合わせ ▼


指導の詳細説明目次へ戻る ▲




 他指導では得られない指導の6つの秘密


一口に大学受験指導といっても、教えることができる学習指導の内容、受験戦略論・勉強法・受験勉強計画にはレベル・質・次元に大きな違いがある=受験生が得られるものには雲泥の差があるという真実にどこまで気づいていますか?

合格基準を満たしていない講義、説明指導、回答指導、添削指導をいくら受けたところであなたの実力は国公立医学部医学科、東大、旧帝大確実合格レベルまでは確実には伸びません。早慶合格レベルにも効率的かつ確実に達することは自力以外不可能したがって合格は運になってしまいます。指導者がそもそも有していないものを教えることなど決して不可能でありしたがって受験生が得ることなど決してできないからです。 頑張ったのに伸びないのはここに原因があります。

逆に圧倒的結果にきっちりと実証されている結果と実力を有する講師陣から合格基準を完全に満たした指導・ノウハウのすべてを得ることが出来ればあなたの実力は確実に伸びます。 これが入塾試験を一切課していないにも関わらず、受講生の大半がセンター試験800点前後~800点オーバー/900点をたたき出し、国公立医学部医学科、東大、旧帝大等の超難関国公立大学はもとより早慶等の難関私大への圧倒的合格率を誇る叡学舎・叡学会(株)合格の天使の指導の真髄です。

 指導の絶対的な実力・質の差=結果の差


ここからは更なる核心にふれます。当塾が著書でも講座説明でも『圧倒的実力』という言葉に込めているメッセージの真意をご説明します。まず下図をご覧ください。

圧倒的実力の差



 1.まず当たり前の前提を確認して下さい


大学受験指導には様々なものがあります。しかし、講師の実力の差からみなさんが思っている以上に得られるものに大きな差が生じるという現実があることをどこまで理解出来ていますか。真剣に考えたことはありますか。 東大や旧帝大、医学部医学科、難関国立に合格することは難しいですよね。なぜ難しいかといえばそこに合格するだけの知識、知識の本質的な理解、思考、エッセンスの抽出、ノウハウを身につけることが難しいからです。 不合格になってしまうのはそこに合格するだけの知識、知識の本質的な理解、思考、エッセンスの抽出、ノウハウのが十分でなかったからです。ここまでは誰もが簡単にわかることだと思います。

 2.指導者自身の受験結果が指導に及ぼす大きな差


では、上記の結果を指導する側からとらえてみてください。指導者になったからといって東大や旧帝大、医学部医学科、難関国公立に合格していないにもかかわらずそこに合格するだけの知識、知識の本質的な理解、思考、エッセンスの抽出、ノウハウを教えることができるでしょうか? 東大や旧帝大、医学部医学科、難関国立それぞれに合格する知識、知識の本質的な理解、思考、エッセンスの抽出、ノウハウというものを持っていなかったから不合格になったのです。上図でのの部分に得られなかったもの、得ていないもの、知らないもの、理解していないものが存在しているということです。

 3.指導者自身の受験結果が受験生の得られるものに及ぼす大きな差


上図でのの部分について欠けている人にあなたが質問をしたとして合格に必要な十分な知識、知識の本質的な理解、思考、エッセンスの抽出、ノウハウを満たした質問回答が得られるでしょうか。教科や分野を問わず得ていくことが出来るでしょうか。答えはノーなのです。合格基準を満たしたものを十分な質とレベルで得ていけるなどということはありえないのです。そもそも持っていないものを教えることなど不可能だからです。 さらに、たとえ上記それぞれの合格ラインを超えていても、ギリギリ合格の場合や同レベルの他の大学や学部を不合格になっている場合はの部分についても知識、知識の本質的な理解、思考、エッセンスの抽出、ノウハウが欠けている証拠なのです。
以上の現実を非常にわかりやすい例でみなさんに問います。東大理三に合格していない人から東大理三合格に本当に必要な指導やノウハウを得ることが出来るでしょうか?これは不可能であることは簡単にお分かりいただけると思います。あなたの志望校がどこであってもそれを超える実力をつけている人間から指導を受けることで初めて合格に必要なすべてを得ることが出来るのです。

 4.知識の本質的な理解、思考、エッセンスの抽出、ノウハウは事後的に得ることは可能か


受験生時代に一生懸命勉強して得られなかったものをその後に得るなどということはほぼ不可能です。難関大学に合格すること、さらにはその上の旧帝大に合格すること、さらにはその上の東大や医学部に合格することは非常に難しいことだったはずです。それが指導者になったからと言って安易に得られるはずはないのです。また本質的理解やそれを前提とした思考、エッセンス、ノウハウの本当の正体は安易に得られるほど薄っぺらいものではありません。 また、実際の試験を通じて合格という結果に実証されていない限りそれは役立つものではありません。結果を出していなくてよいのならそれは誰でも主張できます。仮にそれを事後的に本当に得たのであればその人の受験生時代の勉強法や勉強計画には重大な欠陥があったことになります。要するにその部分で受験生としての限られた時間的制約の中で本当に優れたものを得ていない、よってその部分の本当に優れたもの教えることなどできないという事実があるのです。

 5.大学入試問題の性質から導かれる致命的な現実


東大の問題は基礎標準知識の本質的な理解とその使いこなしで合格点を遥かに超える得点を獲得できるように作られています。さらに多くの国立医学部の問題は基礎標準知識の範囲の問題を取りこぼしなく解答できれば確実に合格できます。さらに私立医大であっても難関国立であっても早慶等の私大であっても基礎標準知識の本質的理解を用いて基礎標準知識問題を取り切れば遥かに合格点を超えます。この事実の意味をよく考えてください。 基礎標準知識の本質的な理解とその使いこなしが出来ればどこの大学にも合格できるのです。ということはそれに及ばなかったということは、どの大学でも合格のために必要となる基礎標準知識の本質的理解とその使いこなしの術が足りていない、空白の部分があるという事実を示します。これを指導者の側から考えてみてください。圧倒的結果を出している人間しか十分に指導できる基礎標準知識の本質的理解とその使いこなしの術は網羅的に有していないということなのです。 ここに至っていない人は基礎標準知識の範囲ですら的確なものを教えることができない・曖昧な部分・空白の部分が多々存在するという現実を意味するのです。あなたの志望大学がどこであっても必ず出題される基礎標準知識の範囲において存在するのです。この差は目に見えるもの・実感できるものよりも遥かに大きな差です。

 6.受験結果の真実を分析した究極の大学受験塾がここにあります


以上の受験結果の真実を分析して東大理三/東大2回合格講師、東大理二「首席」合格講師、東大理三「次席」合格講師、地方公立高校⇒東大理三現役合格講師、優秀な東大文一合格講師、東大理二・理一合格講師が個別指導と講義を行っているのが合格の天使の大学受験塾です。 講師の実力の差によって得られるものが全く異なるという理屈を十分理解したうえで、受験生の実力を確実にあげることが出来る、全国の受験生が得ることが出来ないものを得ることが出来る優れた大学受験塾というものを考えてみてください。

近年、当塾指導内容(『【合格計画の立案】年間計画・中期計画・短期計画の策定』・『進捗報告【逆転授業】』、さらには当塾著書「受験の叡智」の勉強法や戦略等)をそのままコピーしていき表面的には同じような指導を謳っているところもあるようですが、この指導は本当に優れた高い実力がないと有益なものをご提供できない指導であるということをお分かりいただけたと思います。 当塾の圧倒的指導実力(5教科7科目を1人の講師が最高次元で指導できる=これによってはじめて5教科7科目のバランスを考慮した受験戦略・勉強計画を導ける)、当塾が行っているどんな問題集・参考書・過去問集の問題を問わず科目・質問数無制限での質問回答指導はそれなりの実力では決してコピーできない⇒各教科を高い次元で教えることができずしてそこに至る計画や戦略だけが優れたものになるなどということは決してありないという現実もしっかりとご理解いただけたと思います。 この指導カリキュラムを考案したネット塾のパイオニア的経験、そこから導き出されるノウハウ、そしてその結果としての驚異的合格率は決して真似できないtという真実も目の当たりにしていただけたと思います。

弊社指導以外の指導を選択する際にもきっちりと講師の受験結果から導かれる指導実力や指導内容・指導の質に検証を加えていただければ本当に有益な指導を選別していただけます。



受講料&お申込み ▼
受講相談・お問い合わせ ▼


指導の詳細説明目次へ戻る ▲




 他の予備校、塾の指導との比較


難関大学・医学部に合格したい受験生、高校生、保護者の皆様は是非以下のコンテンツをご覧ください。

 医学部合格と予備校の関係


難関大学・医学部受験=予備校に通わなければ合格できない、と考えてしまっていませんか?

しかし、難関大学・医学部の受験対策で最も重要なことは、予備校に通うことではなくて、合格に必要な実力を確実かつ効率的につけていくことです。

したがって、難関大学・医学部に合格するための受験対策として考えなくてはならないことは、どうすれば確実かつ効率的に医学部に合格できる実力をつけることができるかです。

この観点から難関大学・医学部受験において予備校はそもそも必要なのかということを考えてみましょう。

医学部受験に予備校は不要? ▶

難関大学受験に予備校は不要? ▶



 医学部受験の個別指導の真実


難関大学・医学部受験では個別指導に大きな優位性があります。ただし、個別指導であれば何でもよいわけではなく、「高い実力を有する講師による個別指導」であること、という絶対的な条件を満たす場合です。

難関大学・医学部に合格するための受験対策として最も重要なことは、どうすれば確実かつ効率的に医学部に合格できる実力をつけることができるかです。

この観点から最も優れたものが「高い実力を有する講師による個別指導」であると断言できます。以下ではこの明確な論拠を説明していきます。

医学部受験の個別指導の真実 ▶

難関大学受験の個別指導の真実 ▶


受講料&お申込み ▼
受講相談・お問い合わせ ▼


指導の詳細説明目次へ戻る ▲




 絶対的信頼と圧倒的実力の大学受験塾


東大・医学部・旧帝大・難関国立や早慶私大へ驚異的合格率を誇る合格の天使の指導って実際どんな指導なの?というみなさんのご質問にお答えすべく受講生の感想・生の声をお届けします。 受講継続率が非常に高い秘密もお分かりいただけると思います。

 国立大学医学部医学科志望:既卒:男性


この塾の特徴は、まず個人の志望校合格に向けて計画を綿密に立てるところです。この計画は時期が経つ毎に修正し、合格に向けてより良いものへとしていきます。

授業は、基礎的な事項を生徒に質問し、生徒自身がしっかりと身についているかを確認出来る双方向の講義です。私自身理解しているつもりでも曖昧な部分が多いと感じ、基礎の大切さを認識出来る講義になっています。

また、自習の時間では講師に一対一で対応してもらえ、理解が曖昧な部分は粘り強く指導してもらえ、自力で理解するのが難しい問題を放置せずに身につけられるのは少人数制で講師の質の高さならではだと感じています。宅浪の私ですが、週に1度講義で先生方や、同じ授業を受けている仲間と話をすることは、精神的にもとても良い影響を受け、日常の勉強のモチベーションの維持に役立っています。

このような最高の環境を与えてくれる塾と出会えて受験をする上でとても心強く感じています。

 国立大学医学部医学科志望:既卒:女性


数学の授業では、問題を考えるときにまず何に着目しなければいけないのか細かく分解して説明してくださった事で理解が深まりました。感覚的な理解にとどまっていたばかりに少しひねった問題を出されたときにすぐ諦めていた理由がわかりました。

従来はとにかく答えが求められればいい意味がわからなくても解法のやり方だけ記憶して解けばいい と数学と向き合っていっていたんだなと感じました。

槇さんの授業を受けてから 確かに答えは曲がりなりにも求められたけれど はたしてこれが何を意味しているのか? ということが気になり 大体の単元で、そこまでの理解がまだ及んでいないことが気がつけました。

大久保さんにはかなり長時間に渡って よく分からなかった三角関数の単位円の概念や、加法定理・三角関数の合成について 詳しくご説明いただき大変勉強になりました。

(他の指導では)原理原則ではなくとにかく覚えたらいいと言われていましたが、 いまいちピンときておらず困っていたからです。 これからも地道に勉強していきます。

 国立大学医学部医学科志望:高校2年生:女性


私は土曜日に塾に行っているのですが、質問などはホワイトボードを使って解説していただけます。 やはり、実際に講師の方々に会って指導していただけるということは、図などを使った解説が受けられたり、解説の最中でわからないことがあったらその度に質問できますし、実際に自分が解いたノートや、途中式のやり方をみていただくと、問題の答えとは一見関係のないところで改善点を見つけていただけたりもします。 例えば、もっと早く計算する方法があったり、ノートのとりかたで工夫できる点があったり、自分では気づけないところを教えていただけました。

実際に東大生の講師の方々にお会いできるというだけでも、かなりモチベーションが上がります。 槇さんには、なかなか解けるようにならない単元や、苦手な教科もすごく納得できるような解説をしていただいたり、勉強をする上で、基礎の理解が重要ということも教えていただきました。 また、精神面でのサポートも、自分の勉強にかなり関わっていると思います。 いつも悩みを聞いていただいて、適切なアドバイスが受けられます。 沼尾さんにも、相談にのっていただいて、勉強面でも精神面でもいろいろ教えていただいているので、槇さんや沼尾さんのように、相談できる講師の方がいるということは、他ではないことだと思います。

 国立大学医学部志望:既卒:男性


私は数学の講義がある水曜日に通塾しています。 数学の講義では槇先生に指導して頂いています。 講義は基礎の理解から始まり、それをもとに典型問題を解いていくので未習の単元であっても十分理解できますし、既習の単元なら理解が曖昧なところの発見や復習にもなります。

私自身、理解していたつもりでも実は理解していなかったことがかなりあったので、授業でかなり力がついた思います。 個別指導(個別質問対応)では、いつも槇先生と大久保先生に指導して頂いています 。 日々の学習で出た疑問点をピンポイントで指導してもらえることので、理解度も学習の効率も独学でやっていた頃に比べてかなり向上したと思います。

また、過去問の添削をして頂けるのは本当にありがたいです。一般的な塾や予備校では、そもそも添削すらしてもらえないことが多いですし、ただ添削してもらえるだけではなく、設問への考え方や解答の仕方などを高い次元で指導して頂けるので、志望校合格に必要な力をピンポイントでつけることができていると感じています。

リアル塾では先生や同じ志を持つ受講生との交流もあり、独学の時とは異なりストレスを抱えながら勉強することがなくなったのも良かったです。

 保護者の方の声


現在高2の娘の母です。 合格の天使さんには感謝の気持ちで一杯です。 娘は目標に向かって精一杯努力をする子なのですが、気が小さいところがあり、焦りや不安から、どうしても質より量に走ってしまい実力がつかず、テストや模試の結果に落ち込む。その繰返しでした。

受講生の娘はもちろん、保護者である私の悩みにも、知識経験豊富な社長さんにも的確なアドバイスをいただけ非常に助かっています。 講師の槇さんのご指導は本当に丁寧でわかりやすく、しかも、精神的な面まで把握してくださり、常にその状況にあったご指導とアドバイスをいただけています。 沼尾さんにも、いろいろと相談にのっていただいたりと、丁寧なご指導をいただき、お世話になっております。

このようなご指導が娘のモチベーションの元になっております。受験に向かい頑張る娘にはなくてはならない存在なのです。 これほどの素晴らしいご指導が受けられているにもかかわらず、このような受講費は他では有り得ない事だと恐縮しております。 本当に合格の天使さんに出会えて良かったです

本気で第一志望校に立ち向かう受験生、高校生、保護者の皆様を弊社は徹底的に全力指導で応援させていただきます。受講生の生の声、保護者の方の感想については今後も徐々に掲載して行きます。



受講料&お申込み ▼
受講相談・お問い合わせ ▼


指導の詳細 目次へ戻る ▲



 難関大学・医学部合格のための大学受験塾 受講料&お申し込み


難関大学・医学部合格への圧倒的実力指導・圧倒的充実指導を手に入れる!

 受講料


【受講料について】

1.当塾の個別質問対応は全教科に対応しての受講料です。一般に他の個別指導塾さんの場合1教科ごと数万円の受講料が設けられています。この部分だけを考えても破格でのご提供であることをご理解いただけましたら幸いです。

2.当塾の講義は講義内容の詳細でご説明した通り単なる問題解説講義と異なる、実力を確実かつ最大効率で伸ばすことを可能とする圧倒的実力者のみがなしうる画期的な講義です。この点も考慮して他の塾や予備校さんと比較してみてください。

3.当塾の指導は各詳細でご説明したとおり、受験において最高結果、最高実力を有する講師陣による指導=得られるものの質も効率も一般の指導とは大きく異なるものをご提供しております。また、1人の講師が全教科最高次元で指導できることによる戦略や計画に及ぼす相乗効果はみなさんの想像以上のものです。この点もしっかり考慮して受講料を比較いただけましたら幸いです。

4.当塾の指導は各教科の具体的な問題やわからない部分いついてすべて個別指導をしての受講料です。これに計画指導や勉強法指導も含まれた受講料です。受験戦略・勉強計画・勉強法指導のカリキュラムを考案したネット塾のパイオニア的経験とノウハウに加え、受験界最高実力講師陣がマンツーマンの個別指導講師になって指導を行っての受講料です。指導内容・講師の充実度・質を比較していただけましたら幸いです。

一般の指導からは決して得ることができない当塾の優位性や驚異的合格率を叩き出す秘密を是非よく吟味されお申し込みください。



【入塾金】50,000円

 個別指導月謝


個別指導受講料



2018受講特典
※ただし、定員に足し次第予告なく募集を締め切りますゆえお申し込みはお早めにお願いします。



 講義月謝


『受験戦略・勉強法講義』:個別指導受講生はデフォルト設定のため無料。
講義のみ受講の場合は月謝21,600円(税込み)/週1回・月4回

『教科書+「本質的理解」修得講義』:1教科ごと月謝21,600円(税込み)/週1回・月4回
教科書+「本質的理解」修得講義は、数学のみ、受験標準問題+「一般化脳」修得講義と別個独立に講義を行うため数学のみ別途の月謝になります。

『受験標準問題+「一般化脳」修得講義』:1教科ごと月謝21,600円(税込み)/週1回・月4回
英語、物理、化学、生物、現代文、古典は講義の同一コマ内で基礎⇒受験標準と一気に単元ごと項目ごと進めるため『教科書+「本質的理解」修得講義』は別個独立に設けず、この『受験標準問題+「一般化脳」修得講義のみになります。

『「得点脳」修得講義=ミニマックスメソッド講義』:詳細説明ページミニ・マックスメソッド講義 ▶からお申し込みください。

『センター試験完全攻略レクチャー』:詳細説明ページセンター試験完全攻略レクチャー ▶からお申し込みください

英語、現代文、古文・漢文は、科目特性から、『教科書+「本質的理解」修得講義』と「受験標準問題修得講義」の区分けはありません。的確な手順を踏まえたうえで必要な講義を順々にご提供していきます。

数学につきましては、『教科書+「本質的理解」修得講義』及び『受験標準問題+「一般化脳」修得講義』を3月から配信開始します。数学については各受講生の進度や達成度が大きく異なる教科ですので、各自の状況に応じてまとめてご覧いただける処置をとります。受講料は他の教科と同様、4回の講義を1か月分の講義と換算して、21,600円でご提供いたします。

物理、化学、生物につきましても『教科書+「本質的理解」修得講義』と『受験標準問題+「一般化脳」修得講義』の区分けはありません。各分野ごとすすめていきます。要するにある分野の教科書のエッセンスを解説した後、続けてその分野の『受験標準問題+「一般化脳」修得講義』を行います。最大効率を実現します。

『「得点脳修得講義」=ミニマックスメソッド講義』は10,11月目途に配信を開始します(教科及び受講生各人の状況により異なります)

途中入塾の場合上記の月謝をいただければ、入塾前の生講義を収録したものを映像配信いたします。

ご希望の個別指導時間と生講義が重複してしまう場合は、生講義を収録したものを映像配信いたします。したがいまして、講義スケジュールが合わない方も受講いただけます。

個別指導をお申込み・受講後に講義を受講いただくことも可能ですので、お申し込み時にすべてを申し込まなければならないということはありません。入塾後熟考して受講していただけます。

 お申し込み


下記フォームに必要事項・お申込み内容をご選択の上、「内容確認画面へ」ボタンを押してください。 内容を確認後、弊社よりご案内のメールを送らせていただきます。

なお、お預かりした個人情報およびお申込みの特定商取引法に基づく表記については、個人情報保護方針 特定商取引法に基づく表記をご確認ください。また、お申込みフォームはSSLによる暗号化を行ない、サービスを安全にご利用いただける環境を整えております。



※少数定員ゆえ本気で東大、旧帝大、医学部、難関国立、早慶等合格に必要な優れた指導を得たい方は申し込遅れがないようお願い致します。

 受講相談・お問い合わせ


お申し込前に不明点や不安点を解消しておきたいという方お一人お一人に、納得いただくまで説明をいたしております。お気軽にご質問、ご相談ください。電話でのお問い合わせであればすべての不明点、不安点にお答え出来ますので様々ご質問・ご相談がある方は電話でのお問い合わせを推奨いたします。 なお、塾での講師を交えたご説明も行いますのでご希望の方はお気軽にお申し付けください。

【お電話でのお問い合わせ】
03-6801-5925(つながりにくい場合は下記お問い合わせフォームにご希望のお時間を記載して頂ければ、こちらから折り返しご連絡いたします)

【メールでのお問い合わせ】
下記のメールフォームにて受け付けています。
(株)合格の天使について、商品・サービスについてなどお気軽にお問い合わせ下さい。
なお、メールフォームはSSLによる暗号化を行ない、サービスを安全にご利用いただける環境を整えております。





指導の詳細 目次へ戻る ▲

ページトップへ戻る ▲