共通テスト地理9割超への勉強法と対策

大学受験の受験戦略、勉強法、勉強計画、学習指導のWEB個別指導/ネット塾 叡学舎・叡学会 (株)合格の天使




共通テスト地理の勉強法と対策
共通テスト地理勉強法

9割超への対策

多数の東大理三合格講師が
共通テスト地理の問題の性質を完全分析
9割超、満点を獲得するための勉強法と対策を徹底解説!


公式サイトトップ>> 無料のネット塾>> 共通テストの勉強法|9割超への対策>> 共通テスト地理の勉強法|9割超への対策

共通テスト地理の勉強法と対策


共通テスト地理の勉強法と対策では、共通テスト地理で9割超~満点の得点を獲得するための 勉強法と対策についてお伝えしていきます。


この、共通テスト地理の勉強法と対策のコンテンツでは、 実際にセンター地理で9割超・満点の得点を獲得し、 東大理三合格講師による書下ろし記事を交え、 主として理系受験生が効率的に共通テスト地理を攻略しかつ高得点を確実に獲得するための 勉強法と対策についてお伝えしていきます。

このコンテンツをご覧いただいている皆さんは、 全国の受験生に対して大きなアドバンテージを得ることが出来ます。

その理由は、当社の著書やすべてのコンテンツは、他の勉強法本や勉強法サイトと 以下の3点で大きくその有用性・的確性・信頼性が異なるからです。

■実際に当社東大理三合格講師陣自身が受験した科目について原稿を書いている事
■実際に当社東大理三合格講師自身が受験生として実証・検証した内容であること
■実際の試験本番で9割超・満点獲得という結果に裏付けられていること

世の中には、出典や引用、参照文献を示さず、かつ自身が受験はもとより、 受験生時代に勉強もしていない科目の勉強法を語るものや 9割超や満点を取っていない人がそれをとる方法を語るものがあります。 しかし、自身が勉強も受験もしていない科目や自身が本番で9割超や満点を獲得していないのに9 割超や満点を取る方法を語るとするならばそれは
・本質を突いたものでない
・他からの無断拝借である
のどちらかと言えます。

みなさんは、高得点結果に実証された共通テスト地理の勉強法と対策を このコンテンツからしっかり学んでください。

なお、このコンテンツは、共通テスト対策について全教科について具体的かつ詳細に勉強法と対策を 書き記した 「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】共通テスト完全対応版 ▶
からの抜粋を含みます(厳重な著作権保護対象です)

「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】共通テスト完全対応版では、 2014年の初版以来引き継がれる当塾のブレ無き受験戦略・勉強法に加え、 30名超の東大理三合格講師と多数の東大文系上位合格層講師が共通テストの趣旨・問題を分析し、 全教科の詳細な共通テスト対策を体系的に掲載しています。 「二次試験・私大個別試験」及び「共通テスト対策」の 受験戦略・勉強法、勉強計画を完全網羅した一冊です。 共通テストで高得点獲得し、二次試験・個別試験対策も万全に行いたい方は是非手にしてください。

【コンテンツ 目次】

共通テスト地理の科目特性

(1)マスターまでの所要時間

(2)暗記量

(3)本番での得点のしやすさ

共通テスト地理を選択する場合に考慮すべきポイント

(1)暗記が好きか・得意か

(2)共通テスト社会科目で高得点を獲得する必要があるか否か

(3)共通テスト社会対策に時間を割くことが出来るか

共通テスト地理の出題内容

(1)共通テスト地理の問題作成方針

(2)センター地理の出題の特徴

(3)共通テストでの変更点

(4)共通テスト地理で問われる実質的な内容

共通テスト地理の勉強法手順

(1)年間計画の目安

(2)最初にやるべき勉強

(3)インプットの勉強の際に注意すべき事

(4)流れをつかんだ後にやるべき勉強

共通テスト地理の勉強にセンター過去問は使える?

(1)センター過去問の近時のものは最大限活用

(2)過去問演習の勉強のポイント

9割超への勉強法と対策

(1)地図帳の活用

(2)7割までの対策

(3)8割を超えたあたりからの対策

共通テスト地理対策のおすすめ問題集・参考書

(1)参考書

(2)問題集



共通テスト地理の科目特性


共通テスト地理の対策と勉強を効率的に進めていくには、 共通テスト地理の科目特性をまず知っておくことが重要になります。 以下では、他の共通テスト社会科目との比較の視点から、 共通テスト地理の科目特性について説明していきます。

以下の分析は、 当塾東大理三合格講師と当塾のオリジナルな分析結果です。

マスターまでの所要時間


以下は、8割までの得点を目安にマスターまでにかかる時間を比較分析したものです。

左から順にマスターまでに時間が必要になる科目です。

右に行くほどマスターまでの時間が減る科目です。

図1

世界史>日本史≧倫理政経≧地理


図1からわかるように地理は共通テスト社会4科目の中で8割までの得点という観点からは、 マスターまでにもっとも時間がかからない科目になります。

暗記の比重


左から順に暗記の比重が大きくなる科目です。

右に行くほど暗記すべきことが減る科目です。

図2

世界史>日本史≧倫理政経≧地理


図2からわかるように地理は共通テスト社会4科目の中で暗記すべきことが最も少ない科目です。 このことから図1で見たように8割までマスターするのに所要時間が最も少ない科目と言えるのです。

本番での得点のしやすさ


以下は、平均点などではなく、実際に努力と得点がどの程度比例関係にあるかを考慮して分析した結果です。

左から順に得点が安定しやすい科目です。

右に行くほど得点が安定しにくい科目です。 なお、この分析は従来のセンター試験の問題の比較から導いたものです。

図3

世界史=日本史>倫理政経>地理


共通テスト地理はマスターするまでに暗記事項が少なく時間がかからない反面、 従来のセンター試験の問題の性質から他科目に比し8割以上の9割~満点を狙いに行くのは得策ではない科目と言えました。 この点の詳細は後述しますが、共通テストではこの部分の差は縮まっていく可能性があります。 つまり地理が他科目に比して得点しにくいとは言えなくなっていく可能性があります。

共通テスト地理を選択する場合のポイント


上記の科目特性を踏まえ、選択に際してのポイントを示しつつ、 共通テスト地理選択がおすすめの受験生について分析します。

暗記が好きか、得意か


図2で示したように共通テスト社会4科目の中で暗記の比重が最も軽いのが地理です。 共通テスト社会でそこそこの得点を獲得できればよい理系受験生にはお勧めの科目ではあります。

共通テスト社会科目で高得点を獲得する必要があるか否か


図3で示したように、従来のセンター試験においては社会4科目の中で地理は最も本番で高得点を狙って獲得しにくい科目と言えました。 ただし、共通テストで他の教科でも思考力が要求される問題構成になることからこの差は縮まることもありえます。 これらの点と、マスターにかかる時間や暗記量の少なさというメリットとをどう総合考慮するかが受験戦略上重要になります。

この場合に絶対的に考慮すべきは、志望校の合格点に占める共通テスト社会科目の得点比率です。 医学部や難関理系を目指す受験生は特に戦略的に重要になります。

例えば、東大の場合は共通テストの得点900点満点(リスニングを除いた得点)が110点に圧縮されます。 したがって東大理系受験生の共通テスト社会の得点は100点満点であっても12点程度、80点の場合9.6点程度に換算されるにすぎません。 要するに共通テスト社会で100点を獲得しても80点を獲得しても合否に占める得点差は2.4点程度にすぎないのです。

この現実を見る限り、共通テスト社会に多くの時間を割くよりも、 英語、数学、理科にその時間を割いた方が遥かに効率的なのです。

この観点から、当塾30名超の東大理三合格講師陣の大半も地理を選択しています。

逆に、地方の国公立医学部などで共通テストの合格点に占める割合が高い大学においては 共通テスト社会の得点もバカにできない比率になるところもあります。

この場合には、高得点を獲得しやすい社会科目も選択肢に入れて下さい。 各自の志望校の得点に占める共通テスト社会の得点割合と共通テスト社会対策にかけることのできる 時間をしっかり考慮してください。

共通テスト社会対策に時間を割くことが出来るか


共通テスト社会で高得点が欲しい状況の受験生であっても、他教科の仕上がり、 進捗状況によっては考慮すべき要素が増えます。

理系受験生の場合、共通テスト社会がそれなりに合格点に影響を与えるとしても、 英語、数学、理科に比べれば、共通テスト社会の合格点に占める得点比率は低いはずです。

あくまで、英語、数学、理科(国語があれば国語)対策を優先すべきであり、 共通テスト社会科目の対策は最小限に抑えるのが受験戦略上得策です。

共通テスト地理の出題内容


具体的な勉強法と対策に入る前に、従来のセンター試験でどのような出題がなされていたのか、 そして共通テストではそれがどう変わるのかを知っておきましょう。

共通テスト地理の問題作成方針


まずは問題作成者である大学入試センターの問題の作成方針を見てみましょう。

地理に関わる事象を多面的・多角的に考察する過程を重視する。 地理的な見方や考え方を働かせて,地理に関わる事象の意味や意義, 特色や相互の関連を多面的・多角的に考察したり, 地理的な諸課題の解決に向けて構想したりする力を求める。 問題の作成に当たっては,思考の過程に重きを置きながら, 地域を様々なスケールから捉える問題や,地理的な諸事象に対して知識を基に推論したり, 資料を基に検証したりする問題,系統地理と地誌の両分野を関連付けた問題などを含めて検討する。
(出典:大学入試センター公式HP


センター地理の出題の特徴


教科書に載っているような一般的な事実や傾向に加え、 それの例外としての個別の事実が出題されていました。

例として2017年第5問3を見てみます。 この問題ではドイツとスペインの人口上位20都市がどのように分布しているかが問われ、 選択肢として分散の小さいものと大きいものとが与えられました。 教科書にはドイツは都市機能が分散した国家と書かれているので、 この知識から考えれば答は分散の大きいものということになります。

ですが、実際は人口に限って言えば旧西ドイツ区域に集中しているため、 正解は分散の小さい方になるのです。

このように、基礎知識(全体的な傾向、概観)を押さえた上で その例外となる多くの個別の知識をカバーしないといけなかったのがセンター地理です。

センター地理はこのような問題の性質を持っていることから高得点をとりにくい科目と言えました。

共通テストでの変更点


共通テストの試行調査問題を見る限り例外となる多くの個別の知識は問われていません。 (今後どうなるかは過去問の集積を待つしかありませんが)

共通テスト地理で問われる実質的な内容


 

出題内容としては知識を直接問うもの以外に、 統計などを通してその背後にあるもの問う問題が出題されることは従来のセンター試験と変わりません。

共通テスト地理高得点獲得のために最も重要になるのは、 基礎知識の習得とその知識から的確に考察、推論する力です。 考察や推論というものにはルールがあります。成り立つと思えるなら何でもいいのではなく、 正確な知識に基づく的確な方向への思考が必須であり、これが正解の根拠です。 この力をつけるにはどうすればいいのかについては後述します。

共通テスト地理の勉強法手順


以下では、共通テスト地理対策の年間計画の目安と勉強の手順について順を追って説明していきます。 ここでは理系受験生を主たる対象に説明を加えます。

年間計画の目安


7月~10月を目途に知識のインプット・知識の整理
11・12月~共通テスト本番を目途に共通テスト演習⇔参考書・問題集のサイクル学習

最初にやるべき勉強


まず教科書に載っている知識=学習すべき知識=試験で問われる知識がどういうものなのか把握しましょう。 この範囲はかなり限られています。理解すべき範囲の限界を明らかにしましょう。 ここの部分の勉強を飛ばすと膨大なデータの前に太刀打ちできません。 高校生の方は(教師次第だとは思いますが)なるべく授業時間を活用するといいと思います。

インプットの勉強で意識すべき事


知識を教科書や参考書等でインプットしていく際には、 ただ参考書を読むのでなく何か手を動かしながら進めると理解しやすくなります。 地理では地図帳に書き込むなどするといいです。

流れをつかんだ後の勉強


学習内容のインプットが一通り終わったら次は問題演習に移ります。 ここでは共通テスト型問題だけを使えば十分でしょう。 演習の際は、問題を解いた後の答え合わせの時の解説を読む時間が非常に重要です。 地理の解説は、問題で扱われた事項について背景や関連知識がわかりやすくまとまっていることが多いです。 未知の事項や整理しきれていなかったことについてはここで押さえていきましょう。 そして地図帳を傍に置いておき、事項を書き込んでいくといいでしょう。

共通テスト地理の勉強にセンター過去問は使える?


センター過去問の近時のものは最大限活用


共通テスト過去問(過去問が一定程度集積するまでは試行調査問題、センター過去問)は最大限に活用してください。 ただし、古い年度のセンター過去問は統計が古いものもあるので近時の過去問、試行調査問題を優先的に活用し 余力があれば予想問題集や模試問題集を用いるといいでしょう。

過去問演習の勉強のポイント


過去問演習の目的は、その点数以上に、 自分の知識があいまいなまま試験本番を迎えようとしていないかのチェックである。 したがって、不正解の問題はもちろん仮に正解した問題であっても、不安要素がある場合は、 必ず教科書、地図帳などに戻り知識を確認すること。 解説なども読み込み、関連する知識を身につけていくことが大切である。

9割超への具体的な勉強法と対策


ここまでで繰り返し述べていますが、共通テスト地理では9割超をむやみに目指さないことが 共通テストでの他科目を含めた総合得点の上昇に寄与する、と考えてください。 したがって、以下では、9割超への対策というよりも、 効率的に共通テスト地理をマスターすべき勉強法と対策について説明します。

地図帳の活用


具体的な勉強法と対策のところで、地図帳を使うように書きましたが、 地図帳を活用することは地理の学習でとても重要です。

地図上で情報を整理することによりそれらを覚えやすくするメリットがあります。 また、それらの情報を引き出しやすくすることができるメリットもあります。

ここでの地図は白地図より普通の地図帳をお勧めします。 例外的な個別データが必要になることは先述しましたが、 これは(教科書や参考書でなく)生のデータに触れることでしかインプットできません。 地図帳を使うことによりそういった生のデータが目に入る機会を確保できるのです。 この意味ではデータブックを併用し、 そこに書き込んでいくことも同様に意味があると言えます (ただこれはより高得点者向けになります)。

7割までの対策


すでに述べてきたように、共通テスト地理は高得点獲得が難しいので、 戦略としては8割前後の安定を目標に、 なるべく時間を割かないようにするのが得策です。

取り掛かりの段階では、計画に従ってどんどんやって構いません。 7割くらいまでは伸ばしやすいので、 そこまで到達していないのであれば積極的に対策を行っていくべきです。

8割を超えたあたりからの対策


8割から先は、共通テスト地理の問題の性質上コストパフォーマンスが著しく落ちます。 したがって、地理の得点率が他の科目に比べ低くても、多くの時間を割くのは得策ではありません。

共通テスト地理対策おすすめ問題集・参考書


理系受験生の場合、共通テスト地理対策に割くことのできる時間は限られます。 その中でいかに効率的に得点を8割台までのせられるかが重要になってきます。 問題集・参考書を選ぶ際には知識の範囲が共通テストを対象としたものか否かという点は重視してください。

参考書


大学入学共通テスト地理Bの点数が面白いほどとれる本
(KADOKAWA)

・教科書

・地図帳

問題集


・過去問集・予想問題集
当塾の方針としては本来は過去問集がベストであるが、 まだ共通テストは始まったばかりで過去問が出揃っていない。 しかし、問題演習は知識のアウトプットには非常に重要なので、 センター試験の過去問題集を共通テスト用に構成したものや 共通テストの予想問題集に取り組むと良いだろう。 「知識の範囲などにおいて必ず共通テストをターゲットとしたものを使う」という点に留意すれば、 教学社、駿台、河合のものなどどれを選んでも問題はない。 書店で中身を比較してみて自分が好きなものを購入すれば良いだろう。

◀ 共通テストの勉強法|9割超への対策 トップページへ戻る


AUTHOR

叡学舎・叡学会(株)合格の天使公式サイトトップページ
究極の受験指導を実現し
第一志望合格へ導く

30名超の東大理三合格/東大医学部講師及び東大理系・文系上位合格層講師 を擁し受験指導の究極を実現し第一志望校合格へ導く

「受験指導の究極」「受験指導の最高峰」と称される 比類なき高質の『ネット塾』『リアル塾』『映像授業』を全国の受験生にご提供し圧倒的合格率を誇る
公式サイト トップ

※エンブレム及びキャッチフレーズは登録商標です

※本サイト内コンテンツ一切の著作権は叡学舎・叡学会(株)合格の天使に帰属します

東大理三合格講師陣

東大理三合格/東大医学部講師陣

著書

「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】
 「受験の叡智」
【受験戦略・勉強法の体系書】
~共通テスト完全対応版~

2014年の初版出版以来
■「Amazon」勉強法本
ベストセラーランキング👑1位👑

■「楽天ブックス」学参・問題集部門
ベストセラーランキング👑1位👑

を何度も獲得。ご購読ありがとうございます。
「受験の叡智」
【受験戦略・勉強法の体系書】
「医学部」受験の叡智【受験戦略・勉強法の体系書】
 「医学部」受験の叡智
【受験戦略・勉強法の体系書】

当塾が誇る東大医学部講師陣が総力を挙げ全国の医学部の問題をすべて分析し、対策を記した医学部合格への必読の書

「医学部」受験の叡智
【受験戦略・勉強法の体系書】

受験指導 一覧

ネット塾 全国トップの圧倒的充実指導と圧倒的実力指導を実現した受験指導を全国のみなさんへ! ネット塾一覧 受講生の大半にセンター試験800点超の得点を獲得させ医学部医学科、東大、京大、旧帝大、難関国立、早慶私大等へ驚異的合格率を誇るネット塾(WEB個別指導)。東大医学部・東大理三・東大生講師による科目・質問数無制限の個別指導
ネット塾  一覧
リアル塾 東大理三合格講師複数名から直接個別指導を受けられる最高実力個別指導! リアル塾一覧 30名超の東大理三合格講師を大量投入。受験界最高品質・最高実力指導と講義が受けられる鉄壁の医学部・難関大学対策を可能とする大学受験塾
リアル塾 一覧
映像授業一覧 医学部・東大・旧帝大・難関国立・早慶合格、共通テスト9割超へ導く秘蔵の講義。単なる問題解説講義とは次元を異にする圧倒的実力をつけることを可能とした画期的講義。
映像授業 一覧
合格実績 医学部・旧帝・難関国立・早慶合格へ導く驚異的な合格実績。一切の入塾試験を課さずに受験界最高次元の結果を叩き出す。
合格実績

お問い合わせ


合格の天使公式LINE@ TEAM叡智 大学受験勉強法や受験戦略、勉強計画等、大学受験対策について時期に応じたタイムリーなコンテンツをご提供する合格の天使公式LINE@
LINE@登録

コンテンツ 目次

受験戦略

共通テスト対策と勉強法

大学受験勉強法と対策

大学受験勉強計画

モチベーション維持法

大学受験の基礎知識

保護者の「受験成功法則


お問い合わせ


合格の天使公式LINE@ TEAM叡智 大学受験勉強法や受験戦略、勉強計画等、大学受験対策について時期に応じたタイムリーなコンテンツをご提供する合格の天使公式LINE@
LINE@登録