共通テスト古文9割超への勉強法と対策

大学受験の受験戦略、勉強法、勉強計画、学習指導のWEB個別指導/ネット塾 叡学舎・叡学会 (株)合格の天使




共通テスト古文の勉強法と対策
共通テスト古文勉強法

9割超への対策

30名超の東大理三合格講師が
共通テスト古文の問題の性質を完全分析
9割超を獲得するための勉強法と対策を徹底解説!


公式サイトトップ>> 無料のネット塾>> 共通テストの勉強法|9割超への対策>> 共通テスト古文の勉強法|9割超への対策

共通テスト古文の勉強法と対策


共通テスト古文の勉強法と対策では、 共通テスト自体の導入の趣旨や共通テスト問題の性質について 当塾が誇る30名超の東大理三合格講師・東大文系上位合格層講師陣がきっちり分析を加え、 それを前提とした共通テスト古文で9割超、満点の得点を獲得するための 古文の勉強法と対策についてお伝えしていきます。

なお、このコンテンツは、共通テスト対策について全教科について具体的かつ詳細に勉強法と対策を書き記した
「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】共通テスト完全対応版 ▶
からの抜粋を含みます(厳重な著作権保護対象です)

「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】共通テスト完全対応版では、 2014年の初版以来引き継がれる当塾のブレ無き受験戦略・勉強法に加え、 30名超の東大理三合格講師と多数の東大文系上位合格層講師が共通テストの趣旨・問題を分析し、 古文はもちろん、全教科の詳細な共通テスト対策を体系的に掲載しています。 「二次試験・私大個別試験」及び「共通テスト対策」の受験戦略・勉強法、勉強計画を完全網羅した一冊です。 共通テストで高得点獲得し、二次試験・個別試験対策も万全に行いたい方は是非手にしてください。

以下、このコンテンツの目次です。

【コンテンツ 目次】

0.【動画】共通テスト古文の勉強法と対策の全体像を簡潔にまず解説

1.共通テスト古文の試行調査データ

(1)得点データ

(2)数値を冷静に分析

2.共通テスト古文の問題の性質を客観分析

(1)共通テスト国語の問題の作成方針

(2)古文の問題分析

(3)共通テスト古文の難易度と特性を総括

3.共通テスト古文の勉強法の基本方針

4.古文「読解」の勉強法の核

(1)読解力の大前提

(2)古文単語習得のポイント

(3)文法知識習得のポイント

(4)補足:和歌の知識の習得のポイント

5.古文の「読解力」を上げる勉強法

(1)演習の初期段階では品詞分解を

(2)過去問演習で読解力アップ

(3)読解力をさらに上げる方法

6.古文の選択肢を適切に選ぶ方法

7.共通テスト古文の「解答時間短縮」対策

8.9割超への古文の時間配分対策

9.理系受験生・文系受験生それぞれの古文対策法

(1)理系受験生

(2)文系受験生

10.共通テスト古文対策はいつから?適切な開始時期

11.共通テスト古文にセンター過去問は使える?

12.的確な勉強法と対策をとれば古文9割超を獲得できる

(1)共通テスト古文対策と2次試験・私大対策を効率的に行いたい受験生へ

(2)受験全教科とのバランスを考慮した受験戦略や勉強法を学びたいという受験生へ

(3)共通テスト古文で効率的かつ確実に9割超、高得点を獲得したという方へ




【動画】共通テスト古文の勉強法と対策の全体像を簡潔にまず解説





共通テスト古文の試行調査データ


大学入試センターが公開している共通テスト国語の試行調査の結果を以下でまず見てみましょう。
(出典:大学入試センター公式HP

得点データ



平均点

平成30年度共通テスト国語の試行調査の平均点は90.81点です。

これに対して従来のセンター国語の平均点は
平成31年度 121.55点
平成30年度 104.68点
平成29年度 106.96点
です。

大問の構成・試験形式・制限時間

記述式問題の導入が見送られたため、 結果として解答形式は従来のセンター試験とは変わらない。 試験時間も、従来と同じく、国語全体で大問4つ(現代文は大問2つ)で80分。

数値を冷静に分析


以上のデータを見ると試行調査のほうが明らかに低得点であることは明らかですが、 だからと言ってこの数値のみから共通テストの難易度を捉えることは誤りなので注意してください。 この試行調査は現役高2・3年生を対象にしたものであり、 実施時点では演習不足や受験者層が低得点の一因であると考えられます。 また、試行調査段階では記述式がとられていたことも影響していると思われます。 ですので、この数値のみをもって共通テストの難度が跳ね上がると捉えることは誤りです。

的確な対策のためには、あくまで共通テストの問題の客観的性質から難易度を捉えてください。 以下ではこの観点から当塾が誇る30名超の東大理三合格講師が独自に分析を加えた 共通テスト問題の性質について解説します。

共通テスト古文問題の客観的分析


以下では共通テスト古文の問題の性質について当塾の30名超の東大理三合格講師陣・東大文系上位合格層講師陣が 客観的分析を加えたものを掲載します。

共通テスト国語の問題の作成方針


まずは問題作成者である大学入試センターの問題の作成方針を見てみましょう。

言語を手掛かりとしながら,文章から得られた情報を多面的・多角的な視点から解釈したり, 目的や場面等に応じて文章を書いたりする力などを求める。 近代以降の文章(論理的な文章,文学的な文章,実用的な文章), 古典(古文,漢文)といった題材を対象とし,言語活動の過程を重視する。 問題の作成に当たっては,大問ごとに一つの題材で問題を作成するだけでなく, 異なる種類や分野の文章などを組み合わせた,複数の題材による問題を含めて検討する。
(出典:大学入試センター公式HP

【注意】
国語に関しては試行調査段階では記述式の導入を前提に問題が作成されているが、 実際には記述式の導入は見送られており、 4問80分形式となるため、試行調査問題と実際の共通テスト問題では少々形式が異なることにも注意が 必要である。

共通テスト古文の問題の分析


共通テスト古文の問題の性質~センター試験との違い~

■試行調査問題はどちらも源氏物語が題材。1回目の試行調査問題は3個の文章から出題。 2回目は1個の文章からの出題

■1回目の試行問題は内容の解釈よりも表現に関する問題が多い。 2回目は内容解釈の問題が多い(=よりセンターっぽい)。

■語句問題も1回目はなかったが、2回目はセンターと同様に出題

■生徒と教師の議論など対話文から選択肢を選ぶ問題の出題
(要は複数の立場からの議論を読んで正当性を問う問題)

※文科省の分析によると、国語全体で1回目は文章量が多すぎたので、 2回目では減らしたとのことである。 2回目は1回目よりもバランスの取れた結果であったため、 おそらく本番も2回目に似た出題になると思われる。
(あくまで現時点での推測である)

共通テスト古文の難易度と特性を総括


文章の読み解き、前半から中盤にかけての小問の難易度は従来のセンター試験と大きく変化していないので 古文力に関しては求められる水準は的確に回答に必要な箇所を抽出する 読解のスピードアップ以外には求められていないと言える。

 

終盤の議論の問題については、内容の正誤が前提になっているが、 (つまり問題文を正確に理解していれば解くことができる)選択肢が長く、 ポイントとなる部分を探すのにも上記読解力が必要になってくる。

共通テスト古文の勉強法の基本方針


共通テストの国語全体で安定した得点を稼ぐには、 古文と漢文、第3問と第4問で得点することが必要になってきます。 なぜなら、評論や小説の問題と比べて、古文・漢文は、 知識をしっかりと習得して最初の文から丁寧に解釈していけば、 現代文よりも解きやすく、確実に得点できるからです。 つまり、やることが古文・漢文の場合はちゃんと決まっているので、 それをしっかりできるようになれば、 点数は確実に伸びます。

古文「読解」の勉強法の核


共通テスト古文で9割超、高得点を獲得するためには、上記の問題の性質で分析したように 的確に回答に必要な箇所を抽出する読解力をつけることが必須になりますが、 この力をつけるためには読解の基礎力をつけることが大前提です。

読解力の大前提


読解力をつけるには、文法、単語等の基礎知識の習得は必須です。 単独で文法問題や単語の知識が問われるか否かに関係なく、まず文法と単語の習得が先決です。

古文単語習得のポイント


古文単語についてはまず、重要な単語、頻出の単語をまずしっかりと覚えましょう。 古文単語の覚え方や単語の確認については
当塾の著書「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】 ▶
や当塾の 古文の勉強法のコンテンツをご覧ください。

文法知識習得のポイント


文法については、動詞、形容詞、形容動詞の基本的な活用と助動詞の用法をしっかりと覚えましょう。 古文を解くうえでは、品詞分解をして精読できるようになることが点数アップのために重要です。 そのうえで、よく出てくる識別問題、「なり」や「に」や「る」といった言葉の識別問題については、 上にどういう語がきて、下にどういう形の語句がくるかによってどの品詞になるのかを覚えておきましょう。

補足:和歌の知識の習得のポイント


和歌については、掛詞や縁語といった修辞法をしっかりとどういうものがあるのか、 習得しておきましょう。あまりそれらについて、詳しく知る必要はありませんが、 まず和歌については文法解釈ができないと、 歌の意味が分からずに、質問に答えることができません。 従来のセンター試験では、年によっては、修辞法自体に関する問題が出た場合もあります。 なので、どういった技法があって、それぞれ何という修辞法なのかということを習得しておきましょう。

古文の「読解力」を上げる勉強法


読解力の基礎である文法・単語をある程度固めたら演習に入っていきましょう。 この演習の各段階で意識すべきことが異なりますので以下で説明します。

演習の初期段階では品詞分解を


文法と単語の基礎知識を付けたら、共通テストの過去問演習 (過去問が一定程度集積するまでは試行調査問題と従来のセンター試験の過去問)を行いましょう。 古文は演習を始めた段階ではなるべく品詞分解をして単語の意味、特に助詞や助動詞などを確認しましょう。 文法の問題集や単語帳の例文もきちんと品詞分解してみることをお勧めします。 慣れてくると品詞分解をしなくても意味が取れるようになってきます。 わからない単語や文法があれば必ず単語帳や文法書で確認しましょう。

過去問演習で読解力アップ


共通テスト古文の点数を高めるために、十分の過去問演習を行うことを忘れないでください。 これは、2次試験でも大事なことなのですが、 本文の前にあるリード文、つまり文章の説明や後ろにある注釈もしっかりと読むということは 知っていてもなかなか意識して行うことができません。 時間がなくても、こういったリード文や注釈を飛ばしてしまうのではなくて、 時間がないからこそ、こういった部分を読んで、重要なヒントやポイントを手に入れるようにしてください。こういったことをしっかりと身につけるために、また、選択肢の特徴や問題の解き方を身につけるために、十分な過去問演習が必要になります。

読解力をさらに上げる方法


本文の内容読解は年度によって難易度の差が大きくります。 古文では基本単語をしっかりと覚えても、見知らぬ単語が出たり文中で省略が起こったりと、 自分で想像して補わなければいけない部分が多く、 読解を難しくしている。本文から直接分からない部分は、 典型的な古文の話の展開にあてはめたり、古文常識を活用したりすると良いです。 文法と単語の勉強が終わったら、読解演習と一緒にそういった知識も少しずつ蓄えていくと良いです。

古文問題の選択肢を適切に選ぶ方法


この点については共通テスト現代文の勉強法|9割超への対策 の該当部分を参考にしてください。

ただ、古文に関してはきっちり読解が出来れば選択肢は選択しやすいので基礎知識を前提とした 読解力をつけることが重要です。

共通テスト古文の「解答時間短縮」対策


この点についても共通テスト現代文の勉強法|9割超への対策 の該当部分を参考にしてください。

これに加え古文の場合に言えることは、 素早く解くために文法や単語の知識の定着度を深める =思い出すのに時間がかからないようにすることが重要です。 このレベルまで基礎知識を定着させれば時間短縮につながります。

9割超への古文の時間配分対策


時間配分の目安というのは本番でわからない部分で考え込んだり、パニックになることを防ぐためにあらかじめ大問ごとに目安となる時間を決めておくという意義と、日々の勉強でこの目安時間内に問題を処理できるように対策をしていくという意義があります。

あくまでここに掲載するものは目安です。個人個人多少の違いはあってもかまいません。大事なことは上で述べた2つの大きな意義をしっかりと理解して自分なりの目安を持っておくということです。以下センター国語全体すなわちセンター現代文(評論・小説)、古文・漢文の時間配分の目安を示しておきます。

時間配分についての目安(大問4問構成の場合)


第1問 25分

第2問 25分

第3問 15分

第4問 15分

古文は15分を目途に解ききるように演習をしておくといいでしょう。

時間配分について注意すべきもう一つの点


現代文はいくらでも時間を費やそうと思えば費やせてしまいます。 そこで、最初に古文・漢文から解くという戦略はおすすめです。

理系受験生・文系受験生それぞれの古文対策法


古文が二次試験で課されるか否かによって対策は当然異なりますので以下ではそれぞれについて解説します。

理系受験生


2次試験がある理系受験生は文系受験生と同じ基本方針。 共通テストでしか古文がない理系受験生は基礎的な単語帳・問題集・参考書何か一冊(ex.古文単語: マドンナ古文単語230 パワーアップ版: 別冊単語カードつき (大学受験超基礎シリーズ)  古文文法:ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)  等でまずは文法・単語の基礎をを学んだら共通テストの過去問演習(過去問が一定程度集積するまでは試行調査問題と従来のセンター試験の過去問) で徹底的に読解の方法、解法や選択肢の確実な選び方を学んでいくことをお勧めする。

共通テスト古文は少ない労力で満点を狙える科目であり満点を狙いに行った場合のリスクも少ない。 したがって共通テスト国語で高得点を獲得したいなら古文で満点もしくはそれ近くの得点を獲得することを 目標に対策していくことをお勧めする。

以上の点について、 受験戦略・勉強法・受験勉強計画も含め全体的な勉強法や更なる詳細な勉強法を知りたいという方は 「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】をご覧ください。

文系受験生


2次試験・私大試験がある文系受験生は基礎的な単語帳・問題集・参考書何か一冊 (ex.古文単語:マドンナ古文単語230 パワーアップ版: 別冊単語カードつき (大学受験超基礎シリーズ)  古文文法:ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ) 等でまず文法・単語の基礎を学んだら読解の基礎的な問題集の演習、志望校の過去問演習で徹底的に読解力・記述力・論述力を鍛え (選択肢問題があれば選択肢の消去法や確実な選び方を過去問基準で学ぶことが重要)+共通テスト過去問演習で 徹底的に解法や消去法等の選択肢の確実な選び方を学ぶことをお勧めする。

この点について、受験戦略・勉強法・受験勉強計画も含め全体的な勉強法や更なる詳細な 勉強法を知りたいという方は 「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】をご覧ください。

共通テスト古文対策はいつから?適切な開始時期


文系受験生や二次試験に古文が出題される理系受験生については 二次試験の国語対策の中で共通テスト過去問や試行調査問題、 従来のセンター過去問演習を組み込むことで対策は万全になるので、 ここでは共通テストのみで古文が必要となる理系受験生の対策時期について述べる。 古文については8、9月までに読解の基礎のあたる文法・単語を徐々に身に着け、 各自の状況や得点戦略(受験の叡智【受験戦略・勉強法の体系書】受験戦略編参照)に応じ 10月くらいから共通テスト過去問(共通テスト過去問が一定程度蓄積するまでは試行調査問題、センター過去問) 演習を徐々に行っていけば盤石である。

共通テスト古文にセンター過去問は使える?


試行調査問題や共通テスト過去問を繰り返し解いて対策を積むのはもちろんだが、 近年のセンター試験も大学入試改革に向けて変化してきている傾向があるので、 新しい年度のセンター過去問もしっかりと演習することをお勧めする。 過去のセンター試験の国語の問題はどんな大学の入試問題よりも良問であり、 国語に関しては共通テストの過去問が蓄積するまでは従来のセンター過去問と共通テスト過去問・ 試行調査問題を学習の中心に据えることをお勧めする。 この点は現代文でも古文でも同じである。

従来のセンター過去問を使った演習の際は80分まるまる使うのではなく、 制限時間を短くして負荷をかけて演習するとよいだろう。

的確な勉強法と対策をとれば古文9割超は可能


古文に関しては、いままでところどころで述べてきた通り、 共通テスト国語で高得点を目指すなら古文は満点を狙って対策をしたい教科です。 現代文で満点を目指すのはコストパフォーマンス的におすすめしませんが、 古文は事前準備がしっかりしていれば本番でもブレが生じにくい科目ですので 共通テスト国語で得点アップを目指すなら古文対策をきっちり行ってください。

共通テスト古文対策と2次試験・私大対策を効率的に行いたい受験生へ


2次・私大対策も含めて古文の勉強法と対策を学びたい方は当塾の誇る30名超の東大理三合格講師 や東大文系上位合格層講師のアドバイスをふんだんに盛り込んだ古文の勉強法と対策 のコンテンツをご覧ください。

古文の勉強法と対策



受験全教科とのバランスを考慮した受験戦略や勉強法を学びたいという受験生へ


受験戦略、受験勉強計画、各科目勉強法をさらに体系的に詳細に学びたい方は 「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】及び「医学部受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】をご覧ください。 あなたを第一志望校合格へ導く一冊です。

「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】
「医学部受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】



共通テスト古文で効率的かつ確実に9割超、高得点を獲得したという方へ


東大理三合格講師30名超、東大理系・文系上位合格層講師を擁する(株)合格の天使の特殊個別指導リアル塾・ネット塾、 さらには各教科の共通テスト対策講義を公式サイトトップページより是非ご覧ください。

公式サイトトップページ



◀ 共通テストの勉強法|9割超への対策 トップページへ戻る


AUTHOR

叡学舎・叡学会(株)合格の天使公式サイトトップページ
究極の受験指導を実現し
第一志望合格へ導く

30名超の東大理三合格/東大医学部講師及び東大理系・文系上位合格層講師 を擁し受験指導の究極を実現し第一志望校合格へ導く

「受験指導の究極」「受験指導の最高峰」と称される 比類なき高質の『ネット塾』『リアル塾』『映像授業』を全国の受験生にご提供し圧倒的合格率を誇る
公式サイト トップ

※エンブレム及びキャッチフレーズは登録商標です

※本サイト内コンテンツ一切の著作権は叡学舎・叡学会(株)合格の天使に帰属します

東大理三合格講師陣

東大理三合格/東大医学部講師陣

著書

「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】
 「受験の叡智」
【受験戦略・勉強法の体系書】
~共通テスト完全対応版~

2014年の初版出版以来
■「Amazon」勉強法本
ベストセラーランキング👑1位👑

■「楽天ブックス」学参・問題集部門
ベストセラーランキング👑1位👑

を何度も獲得。ご購読ありがとうございます。
「受験の叡智」
【受験戦略・勉強法の体系書】
「医学部」受験の叡智【受験戦略・勉強法の体系書】
 「医学部」受験の叡智
【受験戦略・勉強法の体系書】

当塾が誇る東大医学部講師陣が総力を挙げ全国の医学部の問題をすべて分析し、対策を記した医学部合格への必読の書

「医学部」受験の叡智
【受験戦略・勉強法の体系書】

受験指導 一覧

ネット塾 全国トップの圧倒的充実指導と圧倒的実力指導を実現した受験指導を全国のみなさんへ! ネット塾一覧 受講生の大半にセンター試験800点超の得点を獲得させ医学部医学科、東大、京大、旧帝大、難関国立、早慶私大等へ驚異的合格率を誇るネット塾(WEB個別指導)。東大医学部・東大理三・東大生講師による科目・質問数無制限の個別指導
ネット塾  一覧
リアル塾 東大理三合格講師複数名から直接個別指導を受けられる最高実力個別指導! リアル塾一覧 30名超の東大理三合格講師を大量投入。受験界最高品質・最高実力指導と講義が受けられる鉄壁の医学部・難関大学対策を可能とする大学受験塾
リアル塾 一覧
映像授業一覧 医学部・東大・旧帝大・難関国立・早慶合格、共通テスト9割超へ導く秘蔵の講義。単なる問題解説講義とは次元を異にする圧倒的実力をつけることを可能とした画期的講義。
映像授業 一覧
合格実績 医学部・旧帝・難関国立・早慶合格へ導く驚異的な合格実績。一切の入塾試験を課さずに受験界最高次元の結果を叩き出す。
合格実績

お問い合わせ


合格の天使公式LINE@ TEAM叡智 大学受験勉強法や受験戦略、勉強計画等、大学受験対策について時期に応じたタイムリーなコンテンツをご提供する合格の天使公式LINE@
LINE@登録

コンテンツ 目次

受験戦略

共通テスト対策と勉強法

大学受験勉強法と対策

大学受験勉強計画

モチベーション維持法

大学受験の基礎知識

保護者の「受験成功法則


お問い合わせ


合格の天使公式LINE@ TEAM叡智 大学受験勉強法や受験戦略、勉強計画等、大学受験対策について時期に応じたタイムリーなコンテンツをご提供する合格の天使公式LINE@
LINE@登録